ライフスタイル
2020/4/17 17:30

「セックスしたい」と伝え合える関係を作るには――「性的同意」を巡る課題についてパックンことパトリック・ハーラン氏の思い

伊藤詩織さんが元TBSワシントン支局長に対し性的被害を訴え、損害賠償を求めた民事裁判で原告勝利となり、世界的なニュースとなった。しかし判決のあと、SNSでは賛否両論が巻き起こった。

 

伊藤さんに賛同する人、被告に同情する人に、真っ二つに分かれたように思う。その中で気になったのは、性的同意に関する意見だ。「セックスするのに、いちいち契約書を書くのか」「セックスに同意が必要なら、結婚すればいい」といった書き込みが散見されたことだ。

 

これまで日本では、「性的同意」についてほとんど語られることがなかったように思う。性的同意とは何か、どんなふうに同意を取ればいいのか。少し考えてみると、私たちの身の回りには実はヒントがほとんどないことに気付いた。AVはもちろん参考にならない。ティーンズラブコミックも、男性(イケメン)が強引に奪うというものもあり、同意にはほど遠い。

 

そこで、日本滞在歴が長く、世界の情勢や文化に詳しく、各メディアで日本文化に鋭いコメントを残しているパトリック・ハーラン氏に、性的同意とは何か、どうすればいいかを聞いてみた。

 

↑パトリック・ハーラン。ハーバード大学卒業後、来日。俳優活動を続けながら、お笑いコンビ「パックンマックン」を結成する。現在は、日本文化や政策、社会情勢にも積極的な情報発信を行う

 

なお、本記事では便宜上性的同意について「男性と女性」としているが、男性と男性、女性と女性、女性と男性の場合もあることをお断りしておく。

 

性的同意を巡るアメリカの変遷

ーー以前、男性から「部屋飲みしよう」と言われて「部屋で飲むのね、ハイハイ」って行ったらパンツ一丁で待たれていて驚いたことがあります。「セックスするって言ったっけ?」と思いそのまま帰りましたが、その話をすると多くの場合、私は「空気を読め」と非難され、当時はとても納得がいきませんでした。性的同意とは、海外ではどのように行われているものなのでしょうか?

 

パックン:その質問を回答するには、まずアメリカの性的同意を巡る経緯からお話します。性的同意が話題になり始めたのは70年代80年代、フェミニズム運動の影響で「女性の体は自分のものだ」と、半世紀くらい前からやっと認識され始めました。有名なレイプ事件などもあって「デートレイプ」という言葉も80年代から定着。そして90年代になると大学のキャンパスなどで、「NO means NO(ダメと言ったらダメ)運動」が広がりました。

 

ーー「いやよいやよも好きのうち、ではない」ってことですね?

 

パックン:そう。それまでは女性は「断って断って、押し倒されて同意する」っていう文化があったんですね。有名な例だと「Oh baby, it’s cold outside」って曲があります。トム・ジョーンズのバージョンが一番有名ですが、映画のワンシーンでもあるのです。

 

 

パックン:「もう帰らなきゃ」「だって外は寒いよ」「でもお母さんが待っているわ」「でも外は寒いよ」「いやいや、もうこんな時間になったわ」「あと1杯くらいいけるんじゃん?」みたいな、そういう男女の典型的な交渉が始まるんです。で、彼は彼女を引っ張ったりして帰らせない。途中で女性は「あら? 私の飲み物に何か入れた?」なんて言ってる。

 

ーーえっ。

 

パックン:冗談っぽく言っていますけどね。それが、80~90年代に問題視されるようになって。(動画を見ながら)……ほら上着を脱がしちゃった。被った帽子をまた取る。これはかわいらしいコメディ映画のワンシーンで、後半が逆パターンになり男性が帰ろうとして、女性がしつこく引きとめる。でも、女性が断っても男性が聞いてくれない設定のものが楽曲として有名になり、クリスマスシーズンなどによく流れていた。

 

そこで、ジョン・レジェンドとケリー・クラークソンが、MeToo時代に合わせて歌詞を書き直して新しいバージョンを出しました。それは性的同意に基づいた歌詞になっています。「あなたの体だ、あなたのチョイスだ」みたいな歌詞が入っていますよね(参考記事)。

 

ーーフェミニズムの言葉でも『My Body My Choice(私の身体については私が決める)』ってありますよね。

 

パックン:そうですね。まあその「女性は同意したくても、最初は断って当然」の文化が50年代。80年代に「女性は断る権利もある」が生まれた。90年代にはアンティオークという小さな大学から『Yes Means Yes運動』も始まったんですよ。「No means No」は「ダメと言ったらダメ」だけど、「ダメって言わなきゃいい」ってことになってしまう。だから、ダメって言うまで続けるんじゃなくて、「Yesから始まろう」という運動が生まれた。スタートしてからは、さまざまな大学が校則で「性的同意とはなんぞや」をはっきりとルールとして決めるようにしたんですね。今だと、大学では例えば「酔っぱらいすぎて性的同意をはっきり言えない人に、性的行為をするのもダメ」とか。当然、アメリカにも限らずそもそもダメなんですが。

 

ーーそうですね。伊藤詩織さんの一件も、もちろん酔って潰れていたのだから、完全に被告は有罪ですね。

 

「したい」とダイレクトに伝えられない文化の問題

パックン:女性は断って断って、説得されてセックスにいたるってメディアが流し続けていたのが、やっと僕らの時代から変わりつつある。コントや冗談もそうだけれど、笑いながら差別を助長するものってあるじゃないですか。「笑いながら強く交渉していい」という精神が、こうした作品を生んでしまった。でも今は違う。『Fifty Shades of Grey』ってご存知ですか?

 

ーーイケメン金持ちのIT社長が、ウブな女子大生をSMの世界に引きこむ話ですね。原作も映画も観ました。

 

パックン:そうです。作品内で二人は契約を結ぶんですよね。

 

ーーそういえば、ものすごく詳しい契約を結んでました!

 

パックン:そう、同意契約。「ここまでやらせてもらうよ、いいね?」って、ハンコ、ハンコという流れを踏まえていく。現実で契約はちょっといき過ぎかもしれないけれど、少なくとも今は「口に出して確認しよう」という動きが高まっている。僕は、今は少数かもしれないけど、大人なら「したい?」「うん、したい」という意思確認は交わしていいと思う。「あなたのことが大好きで、もっと親しくなりたい。チューでもいい。そのあと色々したいけれど、させてもらっていい?」って聞きます。そのほうが逆にセクシーじゃないかと思うんだよ。

 

ーー私も、誰もがやっていることなのに口に出せないのはおかしいなと思っています。性に関しては口に出すべきではないという日本の風潮が凄く嫌だなと思っていて。でも言葉は文化なので、英語だと言いやすいけれど、日本語だと言いにくいみたいなこともありませんか。

 

パックン:よく日本語で告白は難しいと聞くね。「好き」しかないっていう。「愛している」って言ったら「いきなりなんだ」となるしね。英語にはほかに選択肢がいっぱいある。「I’m attracted to you(あなたに魅了されている)」とか「I want to be closer to you(あなたともっと親しくなりたい)」とか。「like=好き」だけでは、友達なのか恋人なのか、それとも「バナナが好き」みたいに好みを指しているのか曖昧。気持ちを表すちょうどいい表現を用いるのが大事。でも本当は日本語でも十分だと思うんですけれどね。耳元で「したい」って言われたら「僕も(私も)」でいいと思う。

 

ーーなるほど。

 

パックン:泊まれるのか、どうやって避妊するのか、歯を磨くか先にお風呂に入るか、色々な伝え方があって、それぞれどれもがセクシーだと思うから。

 

ーー確かに「シャワーを浴びる?」は聞いたりしますよね。じゃあダイレクトに聞くことだけがおかしいっていうのは、納得がいきません。

 

パックン:自信がないからかなとは思うんだけれど。モテる人は聞けるということかな。逆に聞ける人がモテるかもしれない。

 

ーー知り合いの男性は全部聞いていましたよ。「しよう」って。で、断られたら「じゃあそれで」って言って終わり。モテる人は、断られても傷つかない人が多い気がします。

 

パックン:そんなこともない。

 

ーーなんでパックンが答えるんですか!

 

パックン:モテるからだよ! 断られて「俺モテるのになんで?」って傷つくこともある。でも、アメリカでは少なくとも「ダメって言ったらダメだ」っていう認識は高まっている。もうほぼ100%。

 

自然な性のコミュニケーションを学ぶために教育のあるべき姿

ーー「Yes Means Yes」のような運動が、大学から生まれるのはなぜですか?

 

パックン:現在の日本では、社会的な運動は浸透していないじゃないですか。

 

ーー大学の社会運動っていうと、大学闘争を思い出します。

 

パックン:60年代の? でもアメリカだと大学は、社会を変えていこうぜっていう志士たち、志を持っている若者が集まっているものです。大学の教授もリベラルな人が多く運動を応援することもあるし、言論の自由な空間でもあって権利が守られている。社会人になって会社に迷惑をかけるよりはやりやすいし、まあ無責任って言ったら無責任かもしれないけれど、アメリカの大学は社会を変える現場になっている。

 

ーー昨今の日本では、大学で社会的運動が規制されるようになったと聞きました。立て看板も撤去される方向にあるそうです。

 

パックン:日本だと大学はどういう位置付けかわからないけれども、アメリカだと「世界をこれから担う人・社会を担う人」に社会のあるべき姿を考える場を与える。パソコンのスキルとかを身に付けるなら専門学校でいいし、経営のスキルも大学院、弁護士のスキルは法律大学院に行けばいい。大学は情報の収集、出力ができるようになって正しいものを見出す、動くべき方向を見出すスキルを身に付ける場所だと思う。あと、アメリカは18歳ぐらいで家を出て、寮生活する子が多い。だから男女関係を本格的にスタートするのも大学からというのがアメリカのスタイル。日本だと、一人暮らしをしても寮暮らしは多くないから、同世代の独身の人と同じ住環境にもなりにくいでしょう。

 

ーー晩婚とか少子化対策っていう前に、大学をどうにかした方がいいような気もしてきましたね。「親の言うことを聞いて、いい子でいなさい」って言われて勉強だけしてても、自分の頭で考える訓練ができてないんじゃないかと。同様に、学生のうちは派手に遊ぶなと言われて、社会に出たら急に「結婚しろ」って言われても、交際経験がなかったら難しいじゃないですか。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON