スポーツ
2018/3/10 20:30

「リカバリーウエア」ってガチデザインすぎない? という人はべネクスの「部屋着的ウエア」はいかがでしょう?

「中村 優の走って試して有言実行」 第8回 VENEX(べネクス) 2018 SS・AW戦略新商品発表会

 

スポーツ後の疲労回復に高い効果を発揮する「ベネクス」のリカバリーウエアに、カジュアルラインが登場。その使い勝手のほどを、中村 優さんがリサーチしてきました♪

そもそも、リカバリーウエアって何?

本題に入る前にリカバーウエアについて少し触れておきます。リカバリーウエアは運動後の疲労回復を促してくれるウエアのことで、ジムやフィットネス、ランニングなど、昨今のスポーツブームとともに成長を遂げている機能性商品。素材や形状によってリラックス効果や血流促進効果を生み、疲労を回復してくれるのです。

 

 

べネクスはリカバリーウエアのトップブランドで、自社開発の特殊新素材「PHT」を使用しているのが特徴。PHTとは繊維に練り込まれたナノプラチナなどを鉱物が発生する微弱な電磁波によって副交感神経を刺激し、筋肉の緊張をほぐしながら血流を促すことで、疲労回復や快適な睡眠へと導くというもの。着用するだけで翌日に疲れを残さず、スッキリとした目覚めることができるのです。

発表会場がランウェイに変身♪

取材会場ではベネクスの中村太一代表取締役により、2018年への戦略が語られました。その内容は、機能性を重視したスポーツテイストから、よりカジュアルなデザインへの移行。リカバリーウエアの疲労回復特性を維持しながらも、部屋着やデイリーウエアとして楽しめるアイテムを増やし、女性のライフスタイルをサポートするというものでした。確かに、普段着として気軽に楽しめるデザインとゴリゴリのスポーツマンを癒してくれる機能性の融合は一挙両得、鬼に金棒ですね。

 

説明の後、モデルさんが試着をして登場。会場がランウェイに変身し、新作アイテムを楽しむことができました。ラインナップはワンピース、チュニック、カットソー、フーディ、ロングパンツなど、普段着として使えるデザインが続々と発表され、2018年への期待を高めてくれました。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON