スポーツ
2020/9/24 17:30

ブブカを超えた! 棒高跳び26年ぶり世界新記録、6m15cmの衝撃映像がコレ

26年間破られなかった記録が、ついに塗り替えられた。先日ローマで行われた陸上のダイヤモンドリーグにて、男子棒高跳びのアルマント・デュプランティスが屋外で6m15cmを記録し、世界最高記録を更新した。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Outdoor WR!!! LFG!!! #borntofly

Mondo Duplantis(@mondo_duplantis)がシェアした投稿 –

鳥人の記録がついに破られた。これまで屋外での世界最高記録は、1994年にセルゲイ・ブブカの6m14cm。

 

デュプランティスは、この記録を26年ぶりに塗り替えてみせたのだ。世界新記録となった彼の跳躍は実に軽やか。バーに全く触れることなく、バーの向こう側に飛び越えたデュプランティスは記録を確信したように、空中で歓喜の表情と充実のガッツポーズをみせてくれた。更に記録を更新できそうな「伸びしろ」を残した跳躍に、実況者たちも大興奮した様子がうかがえる。この歴史的な快挙に対して、「まだ20歳というのが恐ろしい」「彼はレジェンドだ」「2021年の東京で頑張れ!」と、世界中から称賛のコメントが溢れかえった。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oops… #borntofly

Mondo Duplantis(@mondo_duplantis)がシェアした投稿 –

 

ちなみにデュプランティスは、2月にも室内での世界新記録6m18cmを更新しており、これで室内外共に鳥人ブブカを超えたことになる。ブブカのころとは競技器具のテクノロジー進化などの事情も異なるため単純な比較はできないが、20歳でここまで完成された跳躍をみせる才能には疑いの余地がないだろう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Until next year…🤷‍♂️ stay safe everyone! #tokyo2021 #borntofly

Mondo Duplantis(@mondo_duplantis)がシェアした投稿 –

 

来年開催予定の東京オリンピックでは、どのような活躍をみせてくれるのか。この調子で調整を続けていけば、日本での世界記録更新も決して夢ではないだろう。若干20歳の若き才能の快進撃から目が離せない。

TAG
SHARE ON