話題
2018/4/8 17:00

これはマジで安心だ! 貴重品を隠す機能に特化した防犯グッズ4選

一人暮らしをしていると、家に誰もいない時間がどうしてもできてしまいます。「泥棒に入られてないかな…」と不安な人は最新の防犯グッズを。今回は、貴重品を隠す機能に特化した便利なアイテムを4品紹介します。コンセント型隠し金庫や仮装通貨を守る最新グッズなど、珍しい防犯グッズが登場します!

出典画像:プレスリリースより

 

洋服の中に隠してカモフラージュする金庫

出典画像:「くらふ」和気産業企画部ブログより

和気産業
ハンガー式隠し金庫 シークレットボックス VSB-001

和気産業の「シークレットボックス」は、ハンガーのように引っかけて使用する隠し金庫です。セールスポイントは、クローゼット内の洋服に同商品を隠せばカモフラージュできるところ。洋服が不自然に盛り上がったりしないため、ぱっと見ても違和感がありません。侵入者から発見されにくい画期的な防犯グッズをお見逃しなく。

 

<注目ポイント>
・洋服の中に忍ばせる「ハンガー式隠し金庫」
・通帳やカード類などの保管にぴったり
・取りつける際にネジやクギが不要

横140mm×縦180mmと小さめの設計で、通帳やパスポートなどの保管にぴったり。金庫を取りつける際、壁に穴を開ける必要がないので賃貸の部屋でも安心して使用できます。新生活で一人暮らしを始めた人は、万が一のトラブルに備えて“ハンガー式隠し金庫”を利用しましょう。

 

持ち運びがラクラクなポータブル金庫

出典画像:プレスリリースより

AquaVault
ポータブル金庫 FlexSafe(フレックスセーフ)

アメリカ企業の「AquaVault」が開発した「FlexSafe」は、持ち運びできるポータブル金庫。本体にはベルトに通して使う「ベルトループ」が備わっているので、同商品を腰に装着しながら外出もできます。ポーチのようなビジュアルですが、刃物に強い「防刃素材」や「ダイヤル式 ロック機能」が施されているためセキュリティ対策はバッチリ。外出した時の貴重品管理などに活用してくださいね。

 

<注目ポイント>
・持ち運びがラクチンのポータブル金庫
・刃物で切られてもダメージを受けない「防刃素材」
・外出した時の防犯対策にぴったり

室内に設置する場合は、クローゼット内のハンガーパイプに引っかけるだけでOK。また仕事場のロッカーでも活用できて、実際に同商品を利用した人からは「職場で財布を持ち歩かなくていいから便利」という声が寄せられています。ロッカーに貴重品を預けるのが不安だという人は、使ってみてはいかがでしょう?

 

仮想通貨を守る最新防犯グッズ

Ledger

Ledger Nano S

話題の仮想通貨ですが、不正アクセスによる流出が発覚して以来セキュリティ対策の不備が問題視されています。そこで登場したのが、仮想通貨を安全に保管できる「Ledger Nano S」。仮想通貨の送金に必要な暗号キー「リカバリーフレーズ」をネット環境の外で保管できるので、ハッキングされる心配がありません。

 

<注目ポイント>
・不正アクセスを防ぐ“ハードウェアウォレット”
・暗号キーをネット環境外で保管
・ビットコインやイーサリアムなどに対応

「Ledger Nano S」は、ビットコインやイーサリアムなどに対応。パスワードの「PINコード」を設定すれば、セキュリティがより強固になって外部からの不正アクセスを防いでくれます。第三者に暗号化キーが漏れてしまう可能性を徹底的に排除しているので、仮想通貨を保持している人は持っておいた方がいいかも。

 

アメリカで大人気のコンセント型隠し金庫

出典画像:「オンスクエア」公式サイトより

OnSUPPLY
隠し金庫 壁コンセント型 シークレットセーフ Hidden Wall Safe

アメリカで大人気の「シークレットセーフ Hidden Wall Safe」は、まるで本物のコンセントのような見た目の隠し金庫です。収納スペースは、小物や紙幣などが入るコンパクトなサイズ。さりげなくリビングなどの壁に埋め込めば全く違和感がないので、誰にも気づかれないはず。

 

<注目ポイント>
・リアルな見た目の「壁コンセント型」
・わかりやすい「日本語取扱説明書」付き
・鍵つきで万全セキュリティ

アメリカの製品ですが、わかりやすい「日本語取扱説明書」が同封されているので安心して使用できます。コンセントタイプ以外にも、本やマグカップ、スプレーなどの種類豊富な防犯グッズを用意。オシャレな見た目なので、部屋に飾っておけばインテリアとしても使えますよ。

TAG
SHARE ON