乗り物
クルマ
2019/1/23 17:30

昼はバスで夜はトラック!?「自動運転」の進化が早すぎて驚きの連続

世界最大のIT家電見本市「CES2019」が1月8日~11日にかけて開催されました。もともとは家電見本市として1967年にスタートしましたが、近年は自動運転やコネクテッド技術といった自動車関連の最新技術も数多く出展されるようになるなど、いまや自動車関係者にとっても無視できない大イベントへと成長。そこで本稿では、今年のCESで注目を集めたモビリティ関連のトピックをまとめて振り返っていきます。

↑「CES」は毎年1月初め、ラスベガスコンベンションセンター(LVCC)で4日間にわたって開催される。広大なエリアにまたがって開催されるため、内容を絞り込まないと到底見切れない

 

<今回紹介するコンセプトカー一覧>

 

CES2019のトピックはズバリ「MaaS(Mobility as a Service)」

CES2019で1番の話題は、「MaaS(Mobility as a Service)」への動きが急速に進んだことでしょう。「MaaS」とは移動するモビリティそのものをサービスと見立てる考え方で、これに向けた提案があちこちで見られたのです。

 

きっかけは昨年の「CES2018」でトヨタが提案した「eパレット・コンセプト」でした。これは自動運転で走る低速型EV(電気自動車)モビリティとなっているもので、それまでボンヤリとしていたこの構想が初めて具体的な姿として提示されたのです。それを受けて、今年のCESではそのコンセプトに右へ倣え! とばかりに各社こぞって箱型の自動運転シャトルを発表し始めました。

 

その姿は共通のシャシーを使って、必要に応じてボディを架装し、乗員を運ぶときもあればモノを運ぶときもあります。さらには移動店舗として使われることもあるでしょう。

 

ここで重要なのは、この車両は基本的にカーシェアリングで使われるということです。

 

たとえばこの車両だけが走る街作りをするとします。そこにはマイカーもありません。車両は域内をすべてオンデマンドで走るシェアカーとなり、低速で走ることから自動運転も実現しやすくなります。クルマとインフラ、歩行者と常に相互通信するV2X(Vehicle to Everything)により、事故もより確実に防げるようになるでしょう。

 

一方で、ほかの都市への移動については郊外に作ったステーションに集約し、そこまで無人のモビリティに乗って行き、公共交通システムやそこに置いたマイカーで移動します。

 

いままで自動運転といえば様々な交通システムが入り乱れた状態で構想が進んできましたが、現状でそのような状態での自動運転化はハードルがかなり高い。それならば、より実現しやすい街作りから始めたほうが、結果として恩恵を受ける人が多いのではないか。そんな考え方がここへきてクローズアップされてきているのです。

 

「そんなこと言って、低速型モビリティだけが走る街作りなんてホントにできるの?」そう思う人も多いでしょう。確かに日本では街の開発が進み、新たな街作りをする発想はなかなか生まれにくいかもしれません。

 

しかし、海外に目を向けると、これを真剣に取り組もうとする街作りがすでに広大な土地があるアメリカや中国でスタートしています。一部では、2020年代の早い時期に街開きするという話も伝わってきています。こうした動きが現実味を帯び始めているからこそ、自動車メーカーやサプライヤーはこぞってカーシェアリングの取り組みを真剣に始めているのです

 

各社のコンセプトカーに見る未来のくらし

上記の話を踏まえ、CES2019で出展されていたMaaS関連の出展をご紹介しましょう。

 

メルセデス・ベンツが出展していたのは、「Vision URBANETIC」という自動運転のコンセプトカー。未来の都市課題を解決するというコンセプトで開発され、ボディ部を積み替えて、最大12人が乗車できるシャトルバスとして使い、場合によっては無人カーゴにすることもできます。

↑ボディとシャシーが分離できる「Vision URBANETIC」という自動運転のコンセプトカー。最大12人が乗車できる

 

ユニークな発想として提案されたのが、日中は乗員を輸送し、通行量が減った夜間には荷物の輸送に使うというもの。これは自動運転車だからこそできる発想といえるでしょう。車両には複数のカメラやセンサーが取り付けられ、ほかの道路利用者に対しては、車両の前面の大型ディスプレイを使って注意を呼びかけられるということでした。

 

「これってクルマなの?」そんな印象を受けたのが、韓国のKIA(起亜)が出展した「R.E.A.Dシステム」というコンセプトカーでした。中には座席と大型のディスプレイがあるだけ。そのスタイルはもはや移動する部屋です。

↑KIAはAIがリアルタイムでドライバーの心理状態を分析して、照明や室温、映像などを最適な状態で提供する「R.E.A.Dシステム」を発表

 

これはマサチューセッツ工科大学との共同研究から生まれたもので、AIがリアルタイムでドライバーの心理状態を分析して、照明や室温、映像などを最適な状態で提供するといいます。完全自動運転のレベル5が実現した際は、現代では想像もつかないスタイルのクルマが登場するのかもしれません。

 

日産が発表したのは、コネクテッドカー技術によってドライバーが見えないものを可視化する未来のクルマ「Invisible-to-Visible(I2V)」です。リアルとバーチャルの世界を融合させたARを使い、たとえば土砂降りの雨のなかでも良好な視界で運転できたり、見えないカーブの先の情報をドライバーに提供できたりします。

↑コネクテッドカー技術によってクラウドと連携し、ドライバーが見えないもの可視化する未来のクルマ「Invisible-to-Visible(I2V)」

 

これは車内外のセンサーが収集した情報とクラウド上に上がっているデータを統合することで実現するという仕組み。また、運転の楽しさを向上させるため、例えばアバターが車内に現れて人間同士が双方向コミュニケーションしているかのように運転をサポートしてくれます。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON