乗り物
自転車
2019/11/23 18:30

電動アシスト自転車人気No.1! パナソニック「ギュット」7モデル全紹介

高い開発力と技術力で国内で約4割のシェアを獲得!

2018年上半期には、電動アシスト自転車が国内の自転車生産台数の67%を占めるほどに市場が成長しました。子乗せから、通勤・通学用、スポーツタイプまで多彩なラインナップのパナソニックがNo.1です。

 

【関連記事】

業界初の試み!パナソニック×コンビの協業で生まれた子乗せ電アシ「ギュット・クルームR」のリアシートが至れり尽くせり

 

子どもを乗せたときの安全と快適な使い心地を大切に

家電製品で、世界のトップブランドであるパナソニック。創業者の松下幸之助は自転車店の丁稚奉公を経たこともあって、自転車事業に熱意を持って取り組んできました。現在では60年以上の歴史を持つ自転車メーカーでもあり、「自転車」と「家電」の両面を持つ電動アシスト自転車をパナソニックが得意とするのは当然といえます。

 

特に人気なのが、子乗せタイプの「ギュット」シリーズ。とことんユーザー目線の設計が特徴です。子どもから目を離さずに開錠できる「ラクイック」や、こぎ出しのアシスト力の制御機能を向上させ、スムーズな発進を実現するなど、快適・安全のための配慮が随所に盛り込まれています。加えて、軽さと大容量を両立させたバッテリーや、自動的に省エネ運転を行って長距離走行を可能にする「エコナビ」など、パナソニックならではの技術力が活かされているのも人気の理由です。

 

「ギュット」シリーズDATA

初号機発売年:2011年

累計販売数:300万台(※)

現行ラインナップ:7モデル

※:2019年3月時点。子乗せタイプ含む電動アシスト自転車全体の累計販売数

 

便利なラクイックに加えサンシェードを搭載し子どもも快適に!

 

【その1】 ギュット・クルームR・EX

実売予想価格16万9080円

■2019年12月発売 ■最大走行距離:約80km ■充電時間:約4.5時間 ■車両重量:33.4kg

国内電動アシスト自転車で初めてサンシェードを標準搭載。チャイルドシートは左右から乗せ降ろし可能で、手を通しやすいベルト、衝撃吸収素材を内蔵したヘッドカバーなど、乗降性・快適性・安全性に徹底してこだわりました。

 

↑直射日光下でヘッドカバー頭部付近の表面温度を比較。30分経過後、サンシェードなしでは約75℃まで上がるところ、最大約19℃低く抑えました

 

↑「ラクイック」機能を搭載。キーをカバンやポケットに入れたままでも、近づいて電源ボタンを押すだけで後部サークル錠が開きます

 

【その2】 ギュット・クルームR・DX

レギュラーモデルも同時発売! サンシェードを装備し快適性と安全性が抜群

実売予想価格14万9220円

直射日光下でも温度上昇を抑えるサンシェードを装備。「EX」に搭載されている「ラクイック」機能は搭載しませんが、左右オープンの乗せ降ろしのしやすさ、快適性・安全性を備えています。

 

【その3】 ギュット・アニーズ・DX

実売予想価格14万6090円

■2019年11月発売 ■最大走行距離:約80km ■充電時間:約4.5時間 ■車両重量:34.2kg

5点止めの巻き取り式シートベルトを採用した「プレミアムリヤチャイルドシート」を装備、よく動く子どもにも装着しやすくなっています。小柄な人でも足が届きやすく、楽にスタンドがかけられる「もっと! かろやかスタンド2」や、大型ワイドバスケットも備えます。

 

【その4】 ギュット・クルーム・EX

実売予想価格17万3260円

■2019年12月発売 ■最大走行距離:約80km ■充電時間:約4.5時間 ■車両重量:33.3kg

キーをカバンやポケットに入れたままでも、近づいて電源ボタンを押すだけで後部サークル錠を開錠できる「ラクイック」を搭載。子どもから目を離すことなく発進できます。快適で乗せ降ろしのしやすい「クルームシート」も装備。

 

【その5】 ギュット・クルーム・DX

実売予想価格15万6540円

■2019年12月発売 ■最大走行距離:約80km ■充電時間:約4.5時間 ■車両重量:32.9kg

子どもの快適な乗り心地と、乗せ降ろしのしやすさを両立させた新設計のチャイルドシート「クルームシート」を装備。スタンドを立てると同時にハンドルも固定される「スタピタ2」や、小柄な人でも立てやすい「もっと! かろやかスタンド2」も装備します。

 

【その6】 ギュット・アニーズ・DX・26

実売予想価格14万6090円

■2019年11月発売 ■最大走行距離:約96km ■充電時間:約4.5時間 ■車両重量:34.3kg

長身でも乗りやすい26型。幼児2人同乗時の適応身長(両足裏がつく)は162cm以上です。5点止めの巻き取り式シートベルトで、動く子どもにも楽に装着できる「プレミアムリヤチャイルドシート」のほか、大型ワイドバスケットや「ワイドかろやかスタンド2」も装備します。

 

【その7】 ギュット・ステージ・22

実売価格12万7210円

■2017年12月発売 ■最大走行距離:約70km ■充電時間:約4.0時間 ■車両重量:29.2kg

前部と後部にチャイルドシートを追加で搭載でき、子どもの人数や成長に合わせて増減できます。後部にはチャイルドシートの代わりにリアバスケットを搭載して積載量を増やすことも可能。足抜き性が良く乗り降りしやすい「らくにスルーフレーム」を装備します。

 

【REPORT】

パナソニック サイクルテック柏原工場で見た妥協なきモノ作り

パナソニックの電動アシスト自転車は、大阪府の柏原工場などの自社工場で一貫生産されています。妥協のないモノ作りが高品質のポイントです。

 

パナソニックはeMTBも超高性能!

【その8】 XM2

実売価格38万9880円

国内で初めて内装2段変速のマルチスピードドライブユニットを搭載した、電動アシストマウンテンバイク。高い走破性と長距離走行を実現します。大胆なグラフィックのデザインも魅力。

 

溶接や組み立てなどの工程は自社工場で高精度に行われる

↑フレーム溶接(写真)や組み立てなどの製造工程はすべて自社工場で行われます。熟練のスタッフや高性能ロボットが手がけます

 

高性能のバッテリーを一貫して自社で開発

↑バッテリーを自社で開発するのも同社の強み。最新のものは、初代(1980年製)の約5倍の走行距離で、質量は1/3以下です

 

40年も技術を磨き続ける電動自転車のパイオニア

↑1980年に発売された、業界初の電気自転車DG-EC2(当時価格7万8000円)。以来40年近く、その技術を研鑽し続けています

 

電アシ操作特有の「いちいちポチポチ」をする必要がなくなった! 新世代ドライブユニット載っけたヤマハの新作に乗る

TAG
SHARE ON