乗り物
自転車
2020/1/2 20:00

今、自転車で最もアツい「グラベルロード」ーー「流行のワケ」と「アンダー20万円の本格モデル」5選

いま、世界中のサイクリストが夢中になっているジャンルのひとつが「グラベルロード」です。グラベルとは砂利や砂利道を表す言葉ですが、その言葉どおり舗装路以外のダートロードも走れるロードバイクのことです。

 

頑丈なフレームにロードバイクよりも太めのタイヤをセットしているので、あらゆるところをガシガシと走れる走破性の高さが特徴です。冒険的な旅に出かけられることから、”アドベンチャーロード”と読んでいるブランドもあります。

 

なぜ世界的に流行? グラベルロードのメリットとは?

グラベルロードは、ウエットコンディションでもしっかりと制動力を発揮するディスクブレーキを搭載しているモデルが中心になります。ディレイラー(変速機)などのパーツ類にも特徴があり、ロードバイク用のものにMTB用のコンポーネントを組み合わせたものも多くあります。ただし2019年にシマノからグラベルロード専用コンポーネント「SHIMANO GRX」がリリースされたこともあり、今後は続々と専用コンポーネントが搭載されたモデルが登場してくるでしょう。

 

【タイヤの選択幅が広く走る場所を選ばない】

前述しましたが、グラベルロードはロードバイクよりも太いタイヤを装着しているのが特徴です。一般的にロードバイクは幅が23c~25cという細めのタイヤを履いていますが、グラベルロードは30c~50cという太めのタイヤを使用しています。さらに路面に接地する部分(トレッド)は、荒れたオフロードでも走りやすいような構造となっています。

 

【キャンプなどの旅にも対応】

グラベルロードには、泥除けやキャリアなどを取り付けることができる「ダボ穴」と呼ばれるねじ穴があるため、前後にバッグを取り付けることが可能です。本来持っている走破性を生かして移動も楽しみつつ、キャンプやロングツーリングなどを楽しむことができます。また最近ではサイズの大きいサドルバッグ、フロントバッグなどを取り付けて旅をする、”バイクパッキング”を楽しむための自転車としても人気の車種です。

 

タフなオフロード走行はもちろん、太めのタイヤを使用することにより舗装路も快適に走れるグラベルロードは、いろいろな用途に使用できます。太いタイヤのおかげでパンクトラブルが少なく、歩道の段差も気にせず走れるだけではなく、キャリアなどを利用して荷物を積載することも可能。スムーズに移動できることから、自転車通勤に利用する人も増えています。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON