乗り物
2015/7/16 7:39

コンパクトSUVの波、ボルボにも到来。 V40クロスカントリーの見所は新エンジン

 

V40シリーズといえば、コンパクトなハッチバックで、現在のボルボのベストセラーモデル。登場から3年目を迎えた同車にこの春追加されたのは、SUV風の「クロスオーバー」に新世代エンジンが搭載された4WD仕様です。

150706_1_07115_02

このエンジンは、ボルボの新世代パワートレーンとなる2.0リットル直噴ターボ。出力を32馬力向上させてパワフルになったうえ、上質感も持ち合わせています。トランスミッションも新開発の8速ATが採用され、スポーティかつスムースなフィーリングで運転することが可能です。

 

スポーティに走れるパドルシフト

150706_1_07115_03

8速ギアトロニック付きトランスミッションを搭載。ステアリング裏にあるパドルシフトでも操作可能です。

 

高効率かつ高出力な新型エンジン

150706_1_07115_04

あらゆる路面で俊敏に加速し、気持ちよい走りを実現する「Drive-E(ドライブE)」4気筒T5エンジンを搭載。

 

スカンジナビアンテイストの真髄

150706_1_07115_05

本革シートは「チャコール/ブロンド」の専用カラー。モダンウッドパネルとともに上質さを高めています。

 

見るからにオフロード走行が得意そうなルックスですが、実際にはオールシーズン&オールウェザーで活躍してくれる便利なモデルに仕上がっています。

 

ボルボ V40クロスカントリー T5 AWD

150706_1_07115_01

SPEC
●全長×全幅×全高:4370×1800×1470mm
●車両重量:1580kg
●総排気量:1968cc
●エンジン形式:直列4気筒DOHC直噴+ターボ
●最高出力:245PS/5500rpm
●最大トルク:35.7kg-m/1500~4800rpm
●JC08モード燃費:14.8km/リットル

TAG
SHARE ON