乗り物
鉄道
2021/7/18 10:30

首都圏の大手私鉄で増えている!? レア&リバイバル塗装車両を徹底ガイド【後編】

 〜〜大鉄私鉄4社のレア塗装・リバイバル塗装2021〜〜

 

“黄色い電車に出会えた。今日はいいことがあるかも!?”というような楽しみ方をしている人が意外に多いそうである。暮らしに潤いを与えてくれるカラフルなレア塗装の電車たち。前回に引き続き、首都圏を走る大手私鉄のレア&リバイバル塗装車を取り上げてみよう。

 

【前編はこちら

 

【はじめに】レア塗装となる車両の傾向と撮影時の課題

↑東武亀戸線を走るオレンジ+黄帯塗装車。亀戸線だけでなく、大師線を走る日もあり、チェックした上で訪ねたい

 

前回も見たようにレア塗装車は、幹線路線よりも、閑散路線を走らせることが多い。レア&リバイバル塗装により、誘客効果が期待できるからだ。だが、乗りに行こうと突然訪れてもその日に走っているとは限らない。車庫に入っていたり、検査中の時もあり、出会えないこともある。

 

そこで、訪れる時はネット上に流れている運用情報(例えば「●●線運用情報」と検索してみればよい)をチェックした上で訪ねたい。首都圏の大手私鉄路線の場合、こうした運用情報が充実している。レア塗装車がどこを何時に走っているのか、すべてが分かるような仕組みとなっている。

 

レア塗装車は “古参車両”も多く、いつ引退してもおかしくない。筆者も撮りに行こうと日程を調整していたのだが、いつの間にか走らなくなっていたこともあった。

 

こうした車両は逃してしまったら、二度と撮れない可能性があるのだ。さらにコロナ禍もあり密を避けるためか、サヨナラ運転が発表されないことも多くなっている。

 

ほかの注意点としてはLED表示の問題もおさえておきたい。古参の車両でも、最近はLED表示器に変更されることがある。ちなみにすぐ下の写真にある東武鉄道の8000系もそうで、この“後付け”のLEDが厄介だ。きれいに撮影しようとすると100分1という遅めのシャッター速度が必要となることも。新しい車両のLED表示器に比べるとシャッター速度を遅くしなければならず、かなり“シビア”になることを確認しておきたい。

 

【レア塗装車その⑤】最大勢力を誇った東武8000系最後の輝き?

◆東武鉄道 亀戸線・大師線8000系 リバイバルカラー

↑東武亀戸線を走る8000系試験塗装車。ミディアムイエローにインターナショナルオレンジの帯を巻き、かなり目立つ装いとなっている

 

↑8000系試験塗装車のこちらはグリーン色の車体に白色系の帯というシックな出で立ち。同車両は亀戸線か大師線(写真)を走る

 

東武鉄道は“レア塗装車づくり”が活発な鉄道会社である。どのような路線を走っているのか、見ていこう。

 

まずは亀戸線と大師線。この路線を走る8000系は、かつて東武鉄道の主力車両で、1963(昭和38)年から20年の製造期間中、私鉄では最大の712両が造られた。東武では最大勢力を誇った8000系だったが、徐々に減っていき、東武アーバンパークライン(野田線)を除き、第一線から退きつつある。亀戸線・大師線ではこの8000系が2両化されて走り、2016(平成28)年3月23日にレア塗装車の導入が始まった。

 

まず走ったのが、インターナショナルオレンジ色と呼ばれるオレンジ塗装をベースにミディアムイエローの帯を巻いた8577編成だった。塗装の呼び名は「標準色」。昭和30年代に、東武鉄道の「標準色」として採用された塗装だった。

 

最初のレア塗装が好評だったことから、2017(平成29)年2月16日には、かつての「試験塗装色」として試された、グリーンのベース色に白帯(ジャスミンホワイト帯)の車両を登場させた。

 

さらに第3弾として、2017年7月13日から「試験塗装色」だったミディアムイエロー色の地に、インターナショナルオレンジ色の帯を巻く8000系を走らせている。

 

運行期間は当面の間ということだったが、4~5年たった今も、3色の塗装車は亀戸線・大師線を走り続けている。もう欠くことができない同路線の名物車両となっているようだ。

 

◆東武鉄道 東上線・越生線8000系 塗装変更車

↑小川町駅近くを走る8000系ツートンカラー車。現在は東上線の一部区間と越生線を走るのみとなっている

 

↑こちらはセイジカラー車。東上線では希少な8000系のリバイバルカラー車として走り続けている

 

亀戸線・大師線よりも先にレア&リバイバル塗装されたのが東武東上線・越生線を走る8000系4両編成だった。東上線開業100周年に合わせての塗り替えで、2014(平成26)年3月29日に「セイジクリーム」という淡いクリーム色に変更された。

 

ちなみにセイジクリームは1974(昭和49)年に登場した当時の標準色でもある。このリバイバル色が好評だったことから、2014(平成26)年の11月22日からは、1編成がオレンジ色とベージュ色の「ツートンカラー」に塗装変更されている。

 

ちなみにツートンカラー塗装は、セイジクリーム色となる前の東武鉄道の標準色でもあった。今でも2編成の塗装変更車が東上線・越生線を走る。とはいえ、走るのは寄居駅〜小川町駅間、もしくは越生駅〜坂戸駅間のみとなっている。

 

なお東上線・越生線には東上線全通90周年を記念して、濃い青色に黄色の帯の「フライング東上号」が2015(平成27)年11月28日に登場したが、同塗装は2019年7月で運行が終了している。

 

◆東武鉄道 日光線・鬼怒川線6050型「往年の6000系リバイバルカラー」

↑リバイバル塗装となった6050型6162編成。同色は6000系のころの塗装で、同編成も6000系を元にした更新車だ

 

6050型は東武鉄道で希少な2ドア、セミクロスシート仕様で、東武日光線や鬼怒川線の運用に利用されている。この形式には6000系(非冷房車)を更新した車両と、増備のために新造された車両がある。

 

2019(平成31)年、東武日光線90周年を記念して生まれたのが「往年の6000系リバイバルカラー」と呼ぶラッピング車両。通常の塗装はジャスミンホワイトに、サニーコーラルオレンジと、パープルルビーレッドの2本の帯が入るが、同ラッピング車両は、6000系のころのロイヤルベージュとロイヤルマルーンのツートンカラーが再現されている。リバイバルカラーとされたのは6162編成と6179編成の2編成(計4両)で、現在、南栗橋駅・下今市駅〜東武日光駅・新藤原駅間を走る。

 

ちなみにリバイバル塗装となった2編成のうち、6162編成が6000系の更新車で、元は6000系6119編成だった。同編成が6000系として生まれたのは1966(昭和41)年とかなりの前のことになる。

 

◆東武鉄道 東上線・50090型「池袋・川越アートトレイン」

↑カラフルにラッピングされた50090型51092編成。川越特急やTJライナーだけでなく、普通列車としても走る

 

2019(平成31)年3月に登場した東武東上線の「川越特急」。池袋駅〜川越駅間を最速26分で結ぶ。同特急が走り始める1か月前に登場したのが「池袋・川越アートトレイン」と呼ばれるラッピング塗装車両だった。同車両は若手画家、古家野雄紀氏が“川越に彩りを加える”というテーマで作画を担当、10両編成の全車両を使って川越の魅力を発信しようという試みが取り入れられている。

 

車両は座席定員制列車「TJライナー」用に設けられた50090型。クロスシート・ロングシートの横向き・縦向きが転換できる「マルチシート」を取り入れている。シートの転換が容易にできることもあり、TJライナー、川越特急といった優等列車だけでなく、普通列車としても走るなど、マルチな使われ方をしている。

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON