乗り物
2016/8/25 16:10

浮いてるかのような浮遊感! ウルトラマンモチーフの一輪型ビークル「ライディングホイール」

「日常の世界に“ウルトラな男”を創り出す」をコンセプトに、フィールズと円谷プロダクションが共同事業として展開する新ライセンスブランド「A MAN of ULTRA(ア・マン・オブ・ウルトラ)」より、一輪型のビークル(乗り物)「ライディングホイール」のA MAN of ULTRAコラボモデルが新登場しました。価格は10万5840円です。

20160825-i05 (3)

 

本製品は、多数のユニークな乗り物を展開するブランド「KINTONE (キントーン)」とコラボした一輪型のビークルです。

 

乗り方は、スケートボードのようにフットペダルに両足を乗せてバランスをとります。足を乗せる部分に溝をつけることで滑りにくく、体重移動でのコントロールしやすい作りになっています。乗り物自体にバランスを取ってくれるジャイロセンサーが付いているので、一輪でも倒れません。体重を少し前に傾けるだけで、スムーズに前に進み、その姿はまるで宙に浮いているかのような乗り心地です。

20160825-i05 (4)

 

デザインはウルトラマンver.とウルトラセブンver.の2種類

ウルトラマンver.は、ウルトラマンの必殺技である八つ裂き光輪のモチーフや、ウルトラマンがウルトラ兄弟の中で2番目の兄弟であるということから「2」という数字がデザインされています。

↑ウルトラマンver.
↑ウルトラマンver.

ウルトラセブンver.は、ウルトラセブンの武器であるアイスラッガーのモチーフや、ウルトラセブンの「7」という数字をデザインに落とし込んでいます。

↑ウルトラセブンver.
↑ウルトラセブンver.

 

いずれも、本体の裏面や箱の色はウルトラヒーローをイメージした赤色に仕上げています。

 

また、ヘッドとサイドにLEDライトを搭載しているため暗所で光ります。そのほかステレオスピーカーとBluetoothが搭載されているので、スマホやBluetoothで接続可能なオーディオプレーヤーで好きな音楽を流しながら楽しめます。

※公道での乗車はできません。また雨天時や雪や凍結した路面、砂浜など路面状態が悪い所での使用は禁止です

 

 

【商品紹介ムービーはこちら】

 

スケートボード経験者の方だと比較的上達が早く、早い人で30~60分程度練習をすれば十分乗りこなせるようです。宙に浮いているかのような乗り心地を体験してみはいかがでしょうか。

©A MAN of ULTRA

 

【URL】
A MAN of ULTRA http://aman-u.jp/

TAG
    SHARE ON