ワールド
2018/12/29 17:30

W杯で注目度アップ! 2018年ロシアで流行った「モノ」3選

2018年FIFAワールドカップが終了しても、巨大ビジネス都市モスクワの成長はまったく止まっていません。ミーハーな国民気質のロシア人は流行りモノにとても敏感。この記事では、2018年に流行ったモスクワっ子の最新トレンドを3つご紹介します。

 

1: スリ対策バッグ

スリ対策バッグ「BOBBY」は、18年初めからインスタグラムの広告を中心に知名度をあげ、いまでは街に出れば必ず見かけるほどになりました。洗練されたミニマルな見た目は、瞬く間にモスクワっ子の話題に。スリや切りつけ強盗などの犯罪が多いロシアですが、近年の経済成長で高価なデバイスを持ち歩く人が増えたため、このスリバッグのニーズは急上昇しました。

 

スリなどが多いヨーロッパでも同様に人気ですが、ロシアで人気が急上昇した背景には、ワールドカップで国民の防犯意識が高まったこともあるでしょう。8000ルーブル(約1万6000円)という価格に劣らない想像以上のスペック。ファスナーは外側からまったく見えないリア構造。前面と両側面は6層の耐刃構造となっており、撥水と防汚加工が施されています。

また、側面のUSBポートで外出先の充電も可能で、人間工学に基づく設計が肩や腰にかかる負担を最小限に抑えているのも特徴。ユニセックスなデザインとシンプルな配色に加えて、スーツケースにも取り付けやすいことから、通学、旅行、通勤などあらゆる場面で活躍します。

 

美しさに敏感な芸術の国ロシアでは見た目が何よりも大切。防犯のためにバッグをお腹に抱えるのもナンセンスです。「それでも大事なものは守りたい」という現代モスクワっ子のニーズを満たしたことが、国民の防犯意識向上とともに注目されて、ヒットにつながったと言えるでしょう。

 

2: 電動キックスクーター

モスクワは交通渋滞がひどい都市ランキングで、常にワースト5位以内に入っています。政府は、市内人口が上昇するワールドカップに合わせて、レンタル自転車と並行して「レンタル電動キックスクーター」を導入。すると、これがモスクワっ子に大ヒットしました。こんなに便利ならと個人所有者も急増。需要増加で価格もお手ごろになり、宅配業者なども移動手段として導入し始めました。

 

渋滞が多いモスクワには、「電動キックスクーター」と「地下鉄」の組み合わせがフィットします。また、ロシア人は自転車に乗る習慣があまりないので、スクーターは誰でもトライしやすかったと言えるでしょう。さらに、メタリックで洗練されたデザインもモスクワっ子の心を鷲づかみ。その外見と走りに応える装備はまさに最先端テクノロジーそのもので、「バターのうえを滑っているようだ」と口コミでも話題です。

 

自転車はロシアでもう古い? キックスケーターの進化系が「バターの上を滑っているようだ」と大人気

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON