ワールド
2019/1/4 17:30

最先端のアメリカでは何が流行った? 「サブスクリプションサービス」5選

2018年、アメリカでは「サブスクリプション」サービスが流行しました。17世紀に出版社から始まったこのビジネスモデルは、今日では数多くの業界やウェブサイトが採用しています。今年アメリカでは、どのようなサブスクリプションが人気を集めたのでしょうか?

 

サブスクリプションサービスとは?

サブスクリプションサービスとは、定期購入・配送サービスのこと。日用品からやファッション、ゲーム関連など価格も約$10〜と手軽なうえ、不要ならすぐに解約できます。サブスクリプションが一躍人気を博したのは、2010年「Birch Box」という化粧品サンプルの定期配送。これがきっかけで色々な企業がこのビジネスに乗り出しました。最初は女性向けばかりでしたが、最近ではメンズ系アイテムも勢いを増しています。

 

サブスクリプションサービスにおける市場全体は、2014年以来890%成長しており、17年には前年比で10%増加。18年の4半期では、すでに前年の同時期より4%増加していると言われています。そして、利用者の多数は「ミレニアル世代」。ネットで新しいものを求めるこの世代の人たちは、サプライズ感を手軽に得るためにこのサービスを始める人が多く、そのきっかけとなっているのは、FacebookやInstagram、Pintarestなど、SNSの存在が大きいようです。

 

このサービスには2種類あり、1つは同じ商品の定期配送。もう1つはユーザーの趣味嗜好やサイズなどのニーズに合わせ選んでくれるもの、あるいは自ら選んだものが配送されます。サブスクリプションを使うことで、時間を節約し、消耗品を買い忘れることも減ります。

 

サブスクリプションサービスは、以前は同じ商品の定期配送ばかりでしたが、最近では個人のニーズに対応したものが増加中。今回取り上げる5つのサービスはそのトレンドを反映しており、パーソナルなサービスを提供していることが共通しています。また、フリーミアム・モデルをもとに、最初はお手ごろな価格で試してみて、気に入れば価格の高いサービスにアップグレードできる一方、気に入らなければ返品や交換、サービスの解約ができる設計になっていることも見逃せないポイント。フレキシブルな使い方で楽しめるのが魅力的です。

 

1:Dollar Shave Club

「Dollar Shave Club」は、Facebookで360万を超えるフォロワーを持ち、2018年に最も選ばれたサービスの一つです。$1( 1ドル+送料)でカミソリが定期的に届くサービスで、洗顔料やローションのようなスキンケア用品も取り揃えています。髭剃りのスターターセットは6枚刃カミソリ1丁と替え刃が4枚、シェービングクリーム1本が入って5ドル。

 

定期購入としてはお手ごろ価格、かつ買う手間も省けます。Dollar Shave Clubは2012年創業のスタートアップ企業ですが、16年7月Unileverに10億ドルで買収されるニュースが大きな話題となりました。

 

2:The Tie Bar

男の勝負服であるスーツ。でもネクタイは、いつも同じものばかり……。そんな悩みを解決するために、ネクタイを配送するのが「The Tie Bar」です。このサービス、アメリカ人男性が大好きなフットボールの試合の放送中にアナウンサーが同サービスを紹介したことから、一気に人気が出ました。ネクタイの幅、長さ、柄、素材を自分の好みに合わせて選びます。

 

ネクタイのサブスクリプションサービスは2種類。6か月の間に6本届くもの(最初に3本、3か月後に残り3本を配送。99ドル)と1年に12本(3か月ごとに3本配送。199ドル)届くものがあります。1本あたり99~199ドル(約1万円~2万円)程度なのでプレゼントにも○。The Tie Barは冠婚葬祭用のネクタイも幅広く取り揃えており、1本から購入も可能。シャツや靴下、パンツ、ポケットスカーフなども販売しており、トータルコーデイネートもできます。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON