ワールド
2020/7/27 20:00

まるで目の前にいるかのようだ! 顔写真を64倍も鮮明にできるAI技術を米研究チームが開発

画像が粗くて顔の細部をはっきりと確認できない写真もあるでしょう。でも、これからはAIがそんな写真を鮮やかに「編集」してくれるかもしれません。アメリカのデューク大学の研究チームが元の画像を最大64倍まで鮮明にできるツールを開発しました。

 

GANでガンガン顔写真を学習

これまでにもぼやけた写真を鮮明にする技術はありましたが、元の解像度から最大でも8倍程度までしか画像をシャープにすることはできませんでした。それを最大64倍まで可能にしたのが、デューク大学のコンピューターサイエンティストによる研究チームです。解像度が64倍まで上がると、顔の輪郭や各パーツもまったく不明瞭な写真ですら、まるでその人物がすぐ目の前にいるかのように鮮明になります。

 

そんな超改造画像ツールは「PULSE」と名付けられ、コンピュータービジョンの世界会議のCVPRで2020年6月に発表されました。従来の画像生成ツールでは、低解像度の画像をもとに、コンピューターがこれまでに見た画像から不足しているピクセルを推測していました。しかしPULSEでは、元の画像サイズまで縮小したときに似ていると推測される高解像度の顔写真を検索するという異なるアプローチをとります。これがいわゆるGANと呼ばれる機械学習で、PULSEはこれを利用して開発されました。

↑ぼやけた画像もハッキリ!

 

このツールを使うと、16×16ピクセルの顔画像をわずか数秒で1024×1024ピクセルの高画像にすることが可能。おまけに毛穴やシワなどの細部までリアルに生成することができます。この研究チームでは40人を対象に、PULSEとそのほかの5つの方法で生成した1440枚の人物画像を用意し、それぞれについて評価してもらいました。その結果、PULSEが作った画像が実在する人物の画像に最も近いと高い評価を得ることができたそうです。

↑実在の人物に近づけることができるPULSE

 

ただし、このPULSEは“実在しそうな人物の顔”を生成するツールであり、毛穴やシワなど、本来なら存在しないものも加えられる可能性もあります。そのため、このツールは防犯カメラに写った画像を鮮明にして、実在する人物を探しだすことに使ったり、人を判別する目的で使ったりするものではないとのこと。本当の画像かどうか見極める力も私たちには求められています。

TAG
SHARE ON