雑貨・日用品
2019/5/17 20:35

日用品「重箱の隅テスト」でわかった買うべき【ハンドソープ編】

ここでピックアップしたのは、一度は見たことのある一般的な日用品ばかり。そんな毎日使うものこそ、性質を隅々まで知っておきたい。徹底した“重箱の隅テスト”で、様々な角度から検証してみました。

 

洗面台やキッチンに置いておきたいハンドソープ。定番の液体タイプのほかにも泡で出るタイプもありますが、ここでは同じ扱いでテストしました。

 

【関連記事】
日用品「重箱の隅テストでわかった買うべき【食器用洗剤】

 

【試した人】

本誌担当 野田浩樹

最寄り品はドラッグストアで購入するアラフォー。日用品は価格重視で選んでいましたが、今回のテストで考えを改めました。

 

【テスト項目】

①香り

手のひらにワンプッシュ分を取り出します。香りが良く、適度な強さの香りであれば高評価としました。

②泡立ち&泡切れ

水を適量つけ、軽く5回ほど擦って泡立ちを検証。その後、流水で洗い流し泡切れの良さを確認。

③洗浄力

肌の代わりとしてハムにラー油小さじ1を付けます。希釈した適量のソープと水大さじ1杯で流し検証。

 

【その1】洗浄力は好評価!泡立ちにかかる時間以外は申し分ナシ

 

アース製薬

薬用せっけん ミューズ

実売価格300円(250mℓ)

殺菌・消毒・除菌の効果を凝縮した液体石鹸。保湿成分ヒアルロン酸を配合した液体で、洗い心地すっきり。

①香り…3

「昔ながらの石鹸」といった香りで、懐かしさすら感じます。ただ、すがすがしさにはやや欠けます。

②泡立ち&泡切れ…3

泡立ちに不利な液体タイプで、洗浄時間が余分にかかります。泡切れは良く、さっぱりした洗い上がり。

③洗浄力…4

やや汚れは残りましたが、ほとんど流れ落ちました。油分が浮かび上がり、しっかりと分解されていた印象。

【総評】

洗浄力は十分の結果でした。しかし、まるで個体石鹸のように泡立つまで時間がかかります。さらに洗い流すのにも時間がかかりました。時短を求めている人には不向きかもしれません。

 

【その2】泡立ち&洗浄力抜群!無臭なのも◎

 

ミヨシ

無添加せっけん泡のハンドソープ

実売価格357円(250mℓ)

水とカリ石鹸素地が主成分の泡タイプ。着色料や防腐剤、香料を使用しない無添加が魅力で、肌にやさしいのが特徴。

①香り…3

成分に香料を使用していないため無臭。手肌に臭いが付かないから、匂いに敏感な人にも最適です。

②泡立ち&泡切れ…5

やさしくモッチリとした泡。泡立ち&泡切れともに素晴らしく、ヌルヌルした洗い心地もありません。

③洗浄力…4

きめ細やかな泡が油を包み込むように洗浄。泡を流してみたところ、油汚れがやや多く残っています。

【総評】

泡立ちと洗浄力は高く、泡のきめも非常に細かったです。洗い終わった後のツッパリ感もなく、さっぱりとした洗い心地。ただ、何かしらの香りを求めている人には不向きでしょう。

 

【その3】泡立ちと泡切れの良さが他商品を凌いでいた

ライオン

キレイ キレイ 薬用泡ハンドソープ

実売価格288円(250mℓ)

IPMP成分配合で手肌を菌から守る泡タイプのハンドソープ。抗菌加工が施されたポンプヘッド付き。

①香り…5

シトラスフルーティの香りが爽やか。強すぎず、洗浄後の残り香もほどよいレベルでした。

②泡立ち&泡切れ…5

きめ細かい泡立ち。水ですすぐとすぐに流れ落ちて、ヌメリ感もありません。泡立ちも泡切れも良いです。

③洗浄力…3

油汚れの落ち具合が、他の商品と比べるとやや劣ります。油のかたまりが残り、洗浄力はやや低い印象。

【総評】

シトラス系のスッキリとした香りは、これからの季節にぴったり。たっぷりと泡立ち、素早い泡切れは評価高し。洗浄力はほかの商品に比べて、やや低く見受けられました。

 

【その4】洗浄の強さもやさしい香りも兼備する秀作

花王

ビオレu 泡ハンドソープ

実売価格273円(250mℓ)

爪の間にもしっかりいきわたるミクロン泡で、汚れを分解する泡タイプ。素肌と同じ弱酸性な点もうれしい点。

①香り…5

マイルドシトラスの爽快な香り。かすかに香る微香タイプのため、手に匂いがやや残るのも◎。

②泡立ち&泡切れ…5

泡立ちの良さはテストした4製品中でトップクラス。泡切れも素早く、洗った後のヌメりも少ない。

③洗浄力…5

モコモコとした泡が全体に広がり油と絡み合います。軽く水で洗い流すときれいさっぱり落ちます。

【総評】

泡立ち、泡切れが極めて良く、汚れを落とす洗浄力は4製品中トップクラスでした。香りもさっぱりしていて、手肌にその匂いがやや残るぐらい。すべてが高バランスです。

 

 

文/加藤寿紀 撮影/我妻慶一

TAG
SHARE ON