雑貨・日用品
2021/11/22 10:30

これぞ洗練されたデザイン… コーヒー党に贈りたい「V60ドリップケトル・ヴォーノ」レビュー

100年以上続く日本の耐熱ガラスメーカーで、耐熱ガラス食器や家庭用品の企画・製造・販売をおこなっているHARIO。同社の「V60ドリップケトル・ヴォーノ」は、“注ぎやすさ”を追求した注ぎ口とハンドルが特徴のコーヒードリップケトルです。ブレイクタイムをワンランクアップさせるアイテムだけに、コーヒー好きの友人や恋人へのプレゼントにぴったりの同商品。ぜひあなたの大切な人に贈って、おいしいコーヒーを2人で堪能してみてください。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

●お湯の量やスピードがコントロールしやすい「V60ドリップケトル・ヴォーノ」(HARIO)

食後のルーティンとして、コーヒーが欠かせない人は多いと思います。豆を挽いてドリップしたコーヒーの味わいは格別ですよね。私もコーヒー好きな友人の誕生日にケトルをプレゼントしようと思いつき、「V60ドリップケトル・ヴォーノ」(2700円/税込)という商品を購入。どのような利点を持つのか、まずはじっくりレビューしていきましょう。

 

ケトルのサイズは255(幅)×115(奥行)×140mm(高さ)。1~3杯用のコンパクトタイプ(500ml)ながら口径は71mm確保されているので、水を注ぎ入れる際に不便さは感じません。

 

美しいステンレスボディが際立ち、まさに“洗練されたデザイン”という言葉がぴったりの同商品。もちろん使いやすさも追求されていて、たとえば注ぎ口はお湯をコントロールしやすいよう細く緩やかなカーブを描いた形状に。外した際に転がりやすいフタも、平置き可能なフラットツマミが採用されています。

 

 

実際にお湯を注いでみたところが下の画像。角度のついた波線状のハンドルは握った指がフィットしやすい形状で、お湯がたっぷり入っていても手元は一切ブレず。ご覧のとおり手首を少し傾けるだけで、しっかりコントロールしながらお湯を注ぐことができました。

 

愛用者からは絶賛の声が相次いでいて、「持ち手のフィット感がイイね!」「デザインが芸術的すぎて、置いてあるだけでニヤニヤしちゃう」「細い線状にお湯が出るから狙ったところに注ぎやすい」などの反響が。同商品を囲んで、ワンランクアップしたブレイクタイムを楽しんでみては?

 

※価格は商品購入時のAmazon実売価格です。

TAG
SHARE ON