雑貨・日用品
2022/12/30 21:00

【モノタロウ】「ショックレスハンマー」は本当に手が痛くならないのか試してみた

コスパの良さで知られる通販サイト「モノタロウ」で、日頃困っていることを解消できる商品を見つけられたら嬉しいですよね。「ショックレスハンマー」は、従来のハンマーに比べて手首にかかる負担が小さく手が痛くなりにくいという商品です。本当に手が痛くならないのか、その性能を試してみました。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
【モノタロウ】あらゆる素材を切断! 強力パワーの「万能はさみ」はDIYでも大活躍

 

●衝撃が少なく手首にやさしい「ショックレスハンマー」(モノタロウ)

ハンマーを使って作業をしていると手首に負担がかかってしまう、長時間作業を続けていると手が辛い…。そんな悩みをもつ人は少なくないのではないでしょうか。快適に作業をおこなうには道具選びが大切。今回紹介するモノタロウの「ショックレスハンマー」(2519円/税込)は「無反動構造」という仕組みで、長時間使用しても手が疲れにくいハンマーです。

 

ポリウレタン製という素材を除けば、見た目は鉄製のハンマーと変わらない形状。ぱっと見ただけでは分かりませんが、実は鉄骨構造を採用しており頭部内に小さな鋼球が入っています。

 

サイズは約38(頭径)×287(全長)×100mm(頭部幅)で、重さは約520gでした。鋼球が入った頭部に重さが偏りますが、グリップがすべり止め仕様になっているので手にしっかりと馴染みます。使っていてハンマーが手から抜けてしまうこともなさそう。

 

黒一色のシンプルなデザインで、実際に手にした印象は普通のハンマーと変わりません。頭部には品番のPU-038と、裏側には「SHOCKLESS&NON-BOUND」「URETHANE HAMMER」との表記が。その下の数字はハンマーの耐熱性(-20℃~90℃)を表しています。

 

 

同商品で気になるのは、本当に手が疲れにくいのかどうかという点ですよね。実際に使ってみたところ、確かに従来のハンマーに比べて手首に感じる負担が軽減しました。いつもならハンマーを打ったときに直接手首まで衝撃が伝わってくるのですが、同商品はハンマーの重み以外あまり負担を感じません。手首への衝撃がやわらいだことで、その分連続で作業することができます。

 

利用者からは「メーカー品と遜色ないと思います」「9年使っても購入当時の性能のまま」とオススメされていました。ストレスなく作業ができる「ショックレスハンマー」を、DIYの相棒に選んでみませんか?

 

【関連記事】
【モノタロウ】ハンマーを使わずマーキング! 片手で扱える「オートセンターポンチ」の実力