本・書籍
2018/6/19 6:00

【朝の1冊】お得な「世界一周航空券」を使ってビジネスクラスで世界を旅する――『ビジネスクラスのバックパッカーもりぞお世界一周紀行 ドイツ&日本編』

旅行が好きだ。特に、文化も言葉も違う海外の街を歩くのはワクワク、ドキドキして楽しいものだ。といっても、私がこれまでに行った国はせいぜい10か国程度で、まだ広い世界のほんの一部しか知らないのだ。しかも、それは欧州やアメリカなどゆたかな国ばかりだから、世界を見て知ったうちには入らない。

 

本当に世界を知るためには、『深夜特急』の沢木耕太郎氏のようにバスを乗り継いで大陸を横断したり、また、今日、紹介する森本たつを氏のように時間をかけて世界を回るべきだろう。そこには予期せぬハプニングあり、またその土地で生きる人々との出会いがあり、驚きの連続に違いない。

 

でも、そういう海外旅行は誰にでもできることではない。私にしても世界を一周する勇気などないから、せめて彼らの書いた紀行文で“擬似体験”をしてみたいと思うのだ。

 

会社をやめて旅に出る

ビジネスマンの森本たつをさんは、今からちょうど10年前の2008年の夏、いきなり仕事を辞めて世界一周旅行に出ることになった。社会人として9年間仕事をし、それなりにお金も貯まっていて1年くらいなら大丈夫、帰国後も仕事はあるだろうと楽観的だったというが、やはり普通はなかなか真似できることではない。

 

それでも、この暴挙と思えるような選択をすると、人は何を感じ、どう変わっていくのかは興味津々だ。

 

ビジネスクラスのバックパッカーもりぞお世界一周紀行 ドイツ&日本編』(森山たつを・著/学研プラス・刊)はシリーズの中の一冊だ。ひとりの日本人ビジネスマンが自分の足で歩いた世界、自分の目で見た世界を、飾らず素直な文章でおもしろおかしく私たちに伝えてくれる。

 

 

ビジネスクラスの世界一周航空券は80万円

さて、本書のシリーズ1である『ビジネスクラスのバックパッカーもりぞお世界一周紀行 日本&インドネシア旅立ち編』によると、森本氏は80万円で世界一周ができるビジネスクラスの航空券を手に入れ、日本を飛び立つこととなった。

 

そもそもビジネスクラスで世界一周をしようなんてバカなことを考えたのがこの旅のはじまり。日本の社会では、ビジネスマンが長期旅行に出るのが非常に困難。でも、ビジネスマンであるために、やりたいことをやらないのも嫌だったので、とはいっても、ビジネスマンであることを放棄して貧乏旅行をするのも嫌だったので、とことんまでやりたいことをやろうというメッセージも込めて、「世界一周、ビジネスクラス」というむちゃくちゃを試みたわけです。

(『ビジネスクラスのバックパッカーもりぞお世界一周紀行 ドイツ&日本きっちり編』から引用)

 

リーマンショックの最中に訪ねることになった「アメリカ金融危機編」をはじめ、「メキシコお気楽編」「キューバ驚愕編」「カリブ、中米前途多難編」「南米3大氷河&イースター島編」「イスラエル&エジプト中東複雑編」「チベット郷愁編」などなど、どれも興味深い内容ばかりだ。

 

そして本書はシリーズ第11弾で、ドイツ、一時帰国した日本、そしてイギリスについて書かれている。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON