本・書籍
料理
2019/9/19 21:45

たった3つのスパイスがあればオリジナルのスパイスカレーの素が作れる! 美味しくて健康なスパイス活用法

昔は家で食べるのが定番のカレーでしたが、最近ではカレーが幅広く進化し、外食するカレーが定番になってきましたね。特にも関西発祥の「スパイスカレー」は、「家では食べられない味」ということで都内でも人気店には列ができていたり、レトルトカレーとしても販売されていたり、カレーが、そしてスパイスがどんどん身近になってきました。

 

スーパーでも本格的なスパイスが販売されていますが、「結局余っちゃうし…」と思ってなかなか手が出せないという方も多いはず。『おいしい&ヘルシー! はじめてのスパイスブック』(カワムラケンジ・著/幻冬舎・刊)』には、基本のスパイス解説はもちろん、スパイスの活用法やレシピもたっぷり掲載されてます。

 

今回は『おいしい&ヘルシー! はじめてのスパイスブック』よりオススメのスパイス活用法をご紹介します!

 

スパイスは手軽に使える、元気の素!

スパイスというと、辛いやつとか手に入りにくいものというイメージもあるかもしれませんが、「生姜」「胡椒」「シナモン」「ごま」「わさび」なんかも実はスパイスなんです。なんだかとっても身近! ちなみにスパイスの本場、インドやネパールでは、家庭料理には欠かせない調味料として、手軽に使えるお薬のように健康に合わせて使い分けられているんだとか。そう、スパイスは辛いものだけではないのです!

 

インドやネパールのあたりの多くの主婦が、家庭の健康を守るのは自分たちの仕事でありプライドだと言い切る。子供が乾いた咳をしだしたと思ったら、料理に使う生姜やターメリックを増やしたり、お腹を壊していたらクミンを使った軟らかなご飯を炊いたり、外で働く夫が灼熱の炎天下でバテていたらグリーンカルダモンと糖分たっぷりのデザートをこしらえたり……。

(『おいしい&ヘルシー! はじめてのスパイスブック』より引用)

 

しかし、最近ではインドやネパールの都市部の生活スタイルが欧米化してしまったため、自炊が減ってしまったそう。病院にも行くし、外食もするしで、スパイスがお家の薬箱のように使われているのは田舎の地域だけなんだとか。

 

これは日本でも同じことが言えますよね。「風邪をひいたらタマゴ粥」「こめかみに梅干しを貼る」など食事で体調不良を治すなんてことはもうしませんからね。欧米スタイルの生活になったことでうれしいこともたくさんありますが、自分の健康を考えると、忙しさにかまけておそろかにしちゃっているなぁなんて思います。どちらの文化もうまく混ぜながら、自分の身体が喜ぶことをしたいですね!

 

 

たった3つのスパイスを混ぜるだけでオリジナルのカレー粉ができちゃう!

材料は簡単でも、カレーを作るってハードル高いでしょ? なんて思った方! もうめっちゃ簡単なんです!

 

・次の3種のスパイスを1パックずつ買ってくる。

・3種のスパイスをボウルなどに入れ、木べらなどで混ぜ合わせる。

以上、これだけで出来上がり! 超簡単!

(『おいしい&ヘルシー! はじめてのスパイスブック』より引用)

 

その3種のスパイスとは、

・ターメリック

・クミン

・コリアンダー

の3種類。私もスーパーで見かけたので買ってみました!

クミンはすぐに見つかって、クミンシードとパウダーどちらも買って結構使ってます。スープに入れたりするだけで、おしゃれな味に変わるので、美味しい! コリアンダーはシードしか近所では見つからなかったため、自分で潰して使いました。すでに潰れているものがあるならそっちの方が便利かもしれないです!

 

実際にこのスパイスを使って作ったカレーは、カレールーで作るカレーと違ってピリピリする辛さはほとんどなく、食材の味とスパイスの香りが豊かに広がるので、頭の中でイメージしているカレーと比べるとちょっと味気ないように感じてしまう人もいるかもしれません。そういう時には、他のスパイスと組み合わせみたり、食材を変えてみたりすると好みの味にできるので自分だけのオリジナルカレーはこんなに簡単に作れると思うととっても楽しいですよね♪

 

しかも忙しい人にうれしいのは、なんと10分でできちゃうんです! 煮込む必要がほとんどないので、超楽チン。スパイスを混ぜて、野菜と炒めて、水を足して、味を調整したら完成なんです。ぜひお試しください!

 

 

野菜もお肉もお魚も! なんでも使えるスパイスを家庭に常備しよう!

『おいしい&ヘルシー! はじめてのスパイスブック』には、著者であるカワムラさんオススメのレシピも多数掲載されています。カワムラさんもスパイス生活で、便通が良くなったり、風邪で寝込むことも少なくなったそう。14種類の基本スパイスの基礎知識も紹介されているので、「今日はちょっと冷えるから生姜を多めに使おう」とか「胃腸の調子が悪いからクミンを入れてみよう」とか「疲れているからコリアンダー多めのカレーにしよう」などなど、スパイスがグッと身近になる知識がいっぱい掲載されています。

 

カレーだけじゃない、辛いだけじゃない、難しくないスパイスの世界へ飛び込みたい方に本当、オススメの1冊です。さ、私も今夜は「オクラとトマトのドライカレー」を作っちゃお〜!

 

 

【書籍紹介】

おいしい&ヘルシー! はじめてのスパイスブック

著者:カワムラケンジ
発行:幻冬舎

スパイス生活を始めると、心も身体も元気になる! ちょい足しにも、本格料理にも! 代表的なスパイス14種類の基本知識と効能、今日から使えるスパイスレシピ。

楽天koboで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
kindleストアで詳しく見る

 

専業主婦からサンリオピューロランドの館長になった小巻亜矢さんの波乱万丈&大成功の物語

TAG
SHARE ON