本・書籍
自己啓発
2020/7/2 21:45

奈良県の山深いお寺に暮らす尼さんとお手伝いさんの日常にほっこり癒される——『やまと尼寺 精進日記』

奈良県にある音羽山観音寺。ここには、2人の尼さんとまっちゃんというお手伝いさんの3人が暮らしています。NHKで毎月最終週の日曜日夜6時から『やまと尼寺 精進日記』という番組もやっているので「あ!」と思った方も多いはず。私も年末になると見たくなってしまう番組のひとつで、ニコニコ元気な3人のテンポが心地よく、見ているだけでもニコニコしてしまいます。

 

今回はそんな3人の日常をまとめた『やまと尼寺 精進日記』(NHK「やまと尼寺精進日記」制作班・著/NHK出版・刊)をご紹介させていただきます。

 

どうしてこのお寺だったの?

実はこの音羽山観音寺は、番組の担当ディレクターさんが偶然出会ったお寺だったんです。とある年のゴールデンウィークに先輩夫婦と「高野山でお経を聞こう!」と出かけたのですが、そのご夫婦が集合前に音羽山観音寺の宿坊体験をされていたようで、「365日、犬のゴハン以外、ほとんど物を買わないらしいよ!」なんて話を教えてもらったそう。ちょっと生活に疲れていた当時31歳の番組ディレクターさんが、「よし、行ってみよう」と音羽山観音寺に行ったことがきっかけで、番組企画に繋がったそうです。

 

このお寺の不思議な心地よさを、たくさんの人におすそ分けしたい、と思いました。

それが、「やまと尼寺 精進日記」を企画したきっかけです。

 (『やまと尼寺 精進日記』より引用)

 

人生どこで何が起こるかなんてわからないですよね。ディレクターさんも、何か企画しようと思って行ったわけではなかったと思うのですが、行ってみて体験して「番組にしたい」と思いついて、そこに暮らす3人とも意気投合して、テレビ番組になるというミラクル!(笑)

 

また、番組ディレクターさんは「はじめに」でこんなことも書いています。

 

会社員をしていると、お寺の生活全部は真似できませんが、心に届いたちょっとのエッセンスを取り入れていけば、明日からの生活が少し楽しくなるかもしれない……。

みなさんにとっても、そうであることを願っています。

 (『やまと尼寺 精進日記』より引用)

 

そうなんですよー! こういう類の本って「明日からできる!」とか真似することを前提に書かれてあるものも多くて、読み終わった後「いやいや、私の生活とはかけ離れすぎてますので……」と心が挫けてしまうのです。しかし、『やまと尼寺 精進日記』は3人の暮らしを知ることで、自分で「あ、これは毎日が楽しくなる心がけだな」とか「今日はちょっと旬のものを食べてみようかな」とか考えるきっかけになることがたくさんあります。これから読んでみようと思う方は、ぜひこの感覚で読み進めていただければとっても楽しめる一冊になると思います。

 

では、すべては真似できないけど、「いいな〜」と思う3人の暮らしをご紹介しましょう。

 

 

夏はやっぱりシソ! 赤いのも青いのも、美味しく食べきる

夏になると冷蔵庫にストックしてしまうのが、シソ。ベランダでも簡単に育てられるので、育てたい! と3年ほど前から栽培していたのですが、次々と出てくるため結局上手に食べ切ることができず、腐らせてしまいました……(笑)。でも尼寺の3人は食べ物を腐らせたり、捨てたりすることは一切なし! 全てお腹の中に収めています。どうやって保存しているか教えてもらいましょう。

 

生で使いきれない青ジソは、干して保存。漬物に加えたり、塩を加えておにぎりの具にすると美味しい!

 (『やまと尼寺精進日記』より引用)

 

干すなんて知らなかった! 他にも味噌とあえて保存調味料にしたり、おやきの中に入れていたり、これだけいろんなバリエーションに使ってもらえればシソもうれしいだろうなー! と思うほど様々な使い方で活用しています。薬味くらいしか活躍させられてあげていなかった我が家のシソに申し訳なくなってきた……(笑)。

 

また梅干しの色付けによく使われている赤シソも、大きな鍋で煮てシソジュースにしてしまうんだとか。「そういえば実家で梅干し作ってたときに飲んだ気がする!」と思い出しましたが、もう何年も飲んでいない! 色々と便利になってなんでも手に入る毎日ですが、なんだか忘れていたような豊かさを思い出しちゃいました。

 

 

冬は「干し野菜」! バナナも丸ごと干してしまう?

『やまと尼寺 精進日記』は、四季ごとに構成されており、春・夏・秋・冬それぞれの暮らしを紹介しています。暖かい時期は、畑で野菜がとれますが、「犬のゴハン以外買い物をしない」なら冬はどうしているの? と思いますよね? 実は冬は「干し野菜」と言って、切った野菜を自然乾燥させることで、たくさんの野菜の美味しさも一緒に保存しているんです。

 

冬の大切な仕事のひとつが、この保存食作りです。たくさんいただく食材や、収穫しても食べきれない食材を、無駄にしないための手仕事。

乾燥にムラが出ないように、また調理するときにも火が均等に通るように、同じ大きさに切り、ひとつずつ並べます。

 (『やまと尼寺精進日記』より引用)

 

この「干し野菜」の中には、なんとバナナもあって、皮をむいたバナナをそのまま干しているんです! 確かにバナナチップあるもんな〜と思いましたが、これを自分たちでやっちゃうんだからすごいですよね。冬の乾燥した時期にしかできない「干し野菜」は、自分の家ではなかなかできませんが、しっかり食材を食べ切ることならできそう! と、食べ物を捨てないように買ってきたらすぐに冷凍したり、しいたけなどは予め乾燥したものを買うなど、意識できるようになりました。

 

私もいつの日か、3人に会いに行きたいな〜と思ってしまうのですが、この『やまと尼寺 精進日記』は、昨年末に『やまと尼寺 精進日記2 ふたたびの年』という第2弾も発売されました。一家に1セット置いておくと、ふとしたときにぺらぺらとめくる癒しの時間になること間違いなし! テレビで動く3人を見るのも楽しいですが、本でじっくりと時間をかけて3人の暮らしを自分のテンポで味わうというのも、ちょっと疲れたなーとか、毎日セカセカしていて息苦しいなぁと思っている時におすすめですよ!

 

【書籍紹介】

やまと尼寺精進日記

著者:NHK「やまと尼寺精進日記」制作班
発行:NHK出版

食べることは生きること。四季折々の尼寺、訪ねてみませんか? 奈良の山深いお寺に暮らすのは、愉快で聡明な2人の尼さんと、働き者のお手伝い、まっちゃん。笑顔あふれるにぎやかな暮らしには、明日をゆたかに生きるヒントがありました。2018年6月までにNHKで放送された「やまと尼寺 精進日記」と、2017年4月から放送されている「やまと尼寺 献立帳」の内容を中心に構成。

楽天koboで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
Amazonで詳しく見る

TAG
SHARE ON