本・書籍
2021/3/2 6:30

服は通販で買えばいいし、料理が面倒なら缶詰を使えばいい−−『ほどほど快適生活百科』

ほどほど快適生活百科』(群ようこ・著/集英社・刊)は2018年に単行本が刊行され、今年2021年1月に文庫本化された。作家、群ようこさんの生活はコロナ禍になってもあまり変化がないという。職業柄、自宅が仕事場だから、三食自炊、通販で服を買う、さらに猫を飼っているので旅行をしないなどなど、今、多くの人が我慢をしながら生活している状態を、群さんは3年前からあたり前のように過ごしてきている。本書は、ほどよく、無理せず、ゆるゆると暮らすための100のルールを教えてくれる一冊なのだ。

 

 

群ようこの生活を切り取った本

「衣」「食」「住」「健康・美容」「お金」「仕事」「趣味・娯楽」「人間関係」「エイジング」という章立てからなるこの本は、群さんの日々の生活を切り取ったものだ。60年以上生きてきた彼女は、生活していくためのすべての事柄に関し、その場その場で対応するより、ある程度の予測、習慣化、システム化をしたほうが楽だと感じるようになっているという。

 

まわりでも何も考えずにすべて行き当たりばったりで物事に対処しようとする人がいたが、見ているとまず感情が先に立ってしまい、あまりいい結果は出ていないような気がした。独身、家族持ちに関係なく、その家ごとの小さな決まりを作っておいたほうが、結局は自分が楽になるような気がする。(中略)習慣化、システム化などの身近な例では、食事のパターン化、所有物の数を決めてしまうということだ。

(『ほどほど快適生活百科』から引用)

 

では、気になる内容を、いくつか抜粋してみよう。

 

服は通販で買っても失敗しない

群さんは以前から通販をよく利用しているそうだ。理由は店での試着に疲れるようになったからだという。気に入った服を見つけてワクワクしながら試着したものの、入らない、あるいは部分的にパツパツだった場合、店員の「いかがですか?」の言葉に怯え、落胆と恥ずかしさで逃げるように店を去るという流れに耐えられなくなったのだと。

 

通販では「寸法計測」が大切になる。

 

それぞれのアイテムで、着心地がいいものの寸法を測っておく。私が重要視するポイントは、シャツ、ジャケット等は、肩幅、着丈。パンツはわたり幅で、それを基準にした結果、ウエストやヒップの寸法が大きくなってしまう場合はどんなに気に入っても諦める。(中略)その結果、私が通販で買った服のサイズは、購入時の体型は変わらないのに、XSからLまでになった。

(『ほどほど快適生活百科』から引用)

 

「私はMサイズ」というような自分の頭の中にある体のサイズはあまり意味がないそうだ。最近はアパレル各社もネット販売に力を入れているので、細かな寸法が表示されているから、しっかり採寸して購入すれば失敗はなくなるはずだ。

 

食事は昭和のちゃぶ台型

群さんは毎日三食、自炊をしている。簡単にできて、栄養のバランスがいいものをと、そればかり考えているそうだ。若いころは世界各国の料理に挑戦し、その結果、調味料が増え続け保存が大変になってしまったため、ある時期からは、必要最低限のもの以外は処分。今では、昭和のちゃぶ台型日本人の食卓でいこうと考えているという。また、ひとり暮らしの群さんの場合、保存食を作ると毎日そればかり食べなくてはならなくなるので、これをやめ、一回で食べきる料理をしているとも。

 

料理をする気力がないときは、缶詰の利用がおすすめで、これは料理好きの友人が教えてくれたテクニックだとか。

 

あれこれ試して気に入っているのは「明治屋」の「おいしい缶詰」シリーズである。私がこれまで缶詰を買わなかった理由は、口にしたときの缶臭さが気になっていたからなのだけれど、このシリーズにはそれがない。

(『ほどほど快適生活百科』から引用)

 

味が良く、アレンジ可能で、一回で食べきれる缶詰のおかげで群さんの食生活はとても楽になったそうだ。現在は多くのメーカー、店が一回食べ切りの缶詰やレトルト食品を出しているので、それらを賢く利用すればおウチご飯もグンと楽しくなるだろう。

 

すべては愛するネコのために

群さんは今から20年以上前に子ネコを保護して、一緒に暮らすようになってから旅行には行っていないそうだ。パスポートも更新するだけで終わっているという。海外旅行はもちろん国内旅行にも行かず、さらにネコがひとりでいるのを寂しがるので夜の外出も自粛しているのだ。

 

なんでそんなにネコ中心なのかと、聞かれることもあるが、ネコのほうが私よりも寿命が短いからである。家ネコは平均十五年生きるといわれているが、長いようで短い。だから生きている間は、多少、こちらの生活は犠牲にしても、ネコが少しでも快適に過ごせるようにしてやりたいのだ。ネコが機嫌よくうれしそうにしているのが、私の喜びでもある。

(『ほどほど快適生活百科』から引用)

 

彼女のネコは2020年10月に22歳7か月28日で天寿を全うしたそうだ。ペットとしてとても幸せな一生だったに違いない。現在の巣ごもり生活でペットを飼いはじめる人が増えているようだが、動物と一緒に暮らすには群さんのような覚悟が必要だ。

 

この他にも本書には、真似したい生活の知恵があれもこれもある。是非、ご一読を。

 

【書籍紹介】

ほどほど快適生活百科

著者:群ようこ
発行:集英社

通販で服を買うと失敗しがち。一日三食作るのは、正直面倒。掃除は苦手というより嫌い。さらに健康やお金、仕事に趣味と、悩みは尽きない今日この頃。そんな中で著者が試行錯誤しながら見つけたのは、ほどよく快適に暮らすための100のルール&ヒント! 通販を成功に導く「寸法計測」。群さん流缶詰活用法。掃除のコツは“気分次第”!? 等身大の知恵がぎゅっと詰まった、暮らしのエッセイ集。

楽天koboで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
Amazonで詳しく見る

TAG
SHARE ON
// GAKKEN-326 にてコメントアウト(ecコンシェルCrosumedelia) if (!in_category( array('shopping') )): ?>