グルメ
2016/3/29 15:21

海外進出決定! 予約必至のとろさば専門店「SABAR」の人気のヒミツ

サバ料理しかないのに、予約しないと入れないほど人気の店があるのをご存知でしょうか。それが「とろさば料理専門店 SABAR」。

 

ウマすぎて3年で12店舗を出店し海外進出も決定!

2014年に大阪の福島で創業という比較的歴史の浅い飲食店ですが、オープン直後から人気に火が付き、同年7月には大阪・天満に2号店、12月には京都の烏丸に3号店を。そして2015年の3月8日(サバの日)には東京進出し、恵比寿に4号店を出店。

????????????????????????????????????
↑恵比寿駅と代官山駅の中間あたりにある恵比寿店

 

その後も都内では激戦区の日本橋に銀座、関西では神戸や京都桂川に次々オープンするなど快進撃は続きます。2016年に入ってからも、3月7日には大門に12号店が誕生。またJR西日本と共同で市場調査をしたり、今年7月にはシンガポールに海外1号店が決定したりと勢いは止まりません。

20160329_1 (9)
↑右田社長。サバ博士としてメディアにも積極的に登場するほか、八戸前沖さば大使という肩書も。年齢はサバを読み、38歳!

 

サバだけを扱うというある意味マニアックな同店が、なぜここまで人気なのか。運営元である「株式会社鯖や」の右田考宣社長に話をうかがいました。

 

「まずは圧倒的なおいしさ。コンセプトが“まだ出会ったことのない『とろさば』との出会いの場”なのですが、多くのお客様が『いままで食べたサバとはおいしさが全然違う』と驚かれます。これは素材によるところが大きいのですが、青森県八戸の『八戸前沖さば』という国内屈指のブランドを使用し、なかでも脂質含量が21%以上、魚体550g以上のもののみをとろさばとして提供しているからでしょう」(右田さん)

20160329_1 (5)
↑恵比寿店の「メガとろさばの塩焼き まるごと(税込1922円)」。大きさは、並べたiPhone6が約14cmなので、その2倍超えの30cm以上はあります

 

食べてみると、脂の乗りがケタ違いでうまみも濃厚です。マグロでたとえるなら、普通のサバがトロならとろさばは大トロ。また同店の寿司や刺身はひときれが分厚く大きいので、食べごたえも抜群です。確かに、これだけウマいサバはほかではなかなか味わえないでしょう。記憶に強く残るとともに、だれかに教えたくなるレベルです。

 

ユニークな取り組み“サバ”イバルに注目!

おいしさだけではありません。右田さんはとろさばをより広めるために、自らが広告塔となって宣伝活動を続けてきました。SABAR自体も、もともと持ち帰りや通販専門で営んでいた「鯖寿司専門店 鯖や」の商品以外でとろさばを知ってもらうためにはじめた事業です。

20160329_1 (6)
↑鯖やの人気商品を一皿に集めた「とろさば棒寿司盛合せ(税込1058円)」。定番のとろさば棒寿司に加え、昆布を使った松前風と、香ばしい焼きさばの3種類を楽しめます

 

「サバだけというニッチな店ですが、それがむしろ個性になっているのだと思います。また舌だけでなく、目や耳にもうったえて五感でサバを楽しんでいただきたい。そのために新聞やキャラクターを作るなど様々な方法でPRしてきたのですが、そんな取り組みもお客様に愛されるきっかけになったと思います」(右田さん)

20160329_1 (10)
↑キャラクターのサバ博士とサバ家族。偶然にも「GetNavi」でも活躍するフィギュアイラストレーター・デハラユキノリさんによるものです

 

そう。同社の取り組みを見てみると、面白いアイデアが随所に散りばめられています。そのひとつが38(サバ)という数字なのですが、各店の席数を38にしたり営業時間を11:38からにしたり、毎月3日と8日を感謝デーにしたりと実にユニーク。ほかにもあるので例を見てみましょう。

20160329_1 (1)
↑各席に用意される「SABA TIMES」。箸やコースターもオリジナルのデザイン

 

20160329_1 (2)
↑ビールジョッキには「おつかれサバです」の文字が。ほかにも「お客サバ」、「お嬢サバ」、「お世話サバです」などサバ愛があふれています

 

20160329_1 (3)
↑恵比寿店のメニューブック。世界各国のサバ料理が38種類用意されています

 

20160329_1 (7)
↑大門店の入口。ここは日本初のサバのテーマパーク「鯖宮白」となっており、浦島太郎と乙姫をモチーフにしたサバ太郎とサバ姫の衣装展示などがあります

 

20160329_1 (8)
↑大門店の店内。テーブル席がサバの形になっています

 

またテーマソングを作ったり、「サバイク」や「サバス」といった独自デザインの乗り物で全国を走るなど、そのこだわりはハンパではありません。今後の展望を聞くと「個人としてはそこまでの拡大を考えてはいませんが、サバのことを考えるともっとアピールしなければなりませんね」と熱く語る右田さん。やはりサバにちなんで38店舗を目標に活動していくとのことですが、そんなSABARの“サバ”イバルにこれからも期待したいです!

 

【SHOP DATA】
SABAR 東京恵比寿店

住所:東京都渋谷区恵比寿西1-30-14 B1F

アクセス:地下鉄日比谷線 恵比寿駅 4番出口 徒歩5分

営業時間: lunch11:38~14:30 dinner17:00~23:38
定休日:日・祝

【URL】

SABAR http://sabar38.com/index.html

TAG
SHARE ON