グルメ
2018/2/5 11:00

この店だけで大井町に行きたくなる! 大衆価格の「うなくし」がウナギのぼりの注目度

昨今、飲食関係者の悩みの上位といえば、人手不足と原材料費の高騰です。後者に関しては和牛、マグロ、鮭、サンマなどが筆頭ですが、これらの値上げは結果的にメニューに直結。われわれ消費者にも影響してきます。そして上記の魚と並んで危機と言われている代表がウナギ。これまでGetNavi webでは代替魚の開発ストーリーなどを追ってきましたが、「その手があったか!」とウナる手法がありました。それが串!

 

 

160円から江戸前スタイルの本格ウナギを味わえる!

ウナギの串のよさを確信させてくれたのが、その名も「うなくし」。1月6日、1号店が大井町にオープンしたばかりですが客足は絶好調。その理由はやはりコスパの高さにあります。ということで、代表的なメニューを中心に魅力を紹介していきましょう。

20180202_unakushi__0476
↑先ずは一通り(左からきも、ヒレ、短尺、くりから)1380円

 

名物は「先ずは一通り」。オススメのメニューを1本ずつ味わえる4串の盛り合わせです。焼鳥や焼きとんに比べれば高いですが、ウナギの様々な部位を楽しめるのであればおトクでしょう。聞き慣れない名称もあると思いますが、「短尺」(単品450円)はいわゆる蒲焼き。「くりから」(単品450円)は背中の部分です。

20180202_unakushi__0473
↑くりからは、素材本来の味を楽しめる部位なので塩による白焼きになっています。ふわっとした身の柔らかさも絶品!

 

そのほか、「きも」(単品280円)の中にはニラがアクセントに入っていて、「ヒレ」(単品200円)は独特の苦みが絶妙なおいしさを醸し出しています。そしてさらにウナギを味わい尽くしたい人は「うなぎの全て」をオーダーしましょう。

 

20180202_unakushi_0441
↑うなぎの全て(左手前から骨せんべい、肝煮/左奥からカブト、短尺)1500円

 

「骨せんべい」(単品350円)はカリカリとした食感で炭酸系のお酒に最適。「肝煮」(単品380円)や「カブト」(単品280円/頭の部分)は濃厚なうまみがあって、ボディの豊かなお酒に合いそうです。ちなみに最も安いウナギの串は「皮(尾の身)」(160円)。

 

20180202_unakushi__0495
↑夜のうな丼 1700円

 

また、締めにご飯ものを食べたくなったら、やはり破格な「夜のうな丼」を。1700円というリーズナブルな値段で蒲焼きと白飯のハーモニーを楽しめます。なお同店は昼営業もしていて、そこなら「お昼のうな丼」が小1600円~特上4000円と多彩にラインナップ。

 

20180202_unakushi__0486
↑店先では職人がしっかりと炭火で焼き上げています

 

調理法は、蒸してふんわりさせてから香ばしく焼く江戸前スタイル。本格的なウナギが激安というのは、かなりうれしいですよね。これが「うなくし」最大の魅力なのです!

 

 

激安のウナギ串をアテに飲むのがトレンドの兆し!

いまの外食シーンでは、大衆酒場が人気ジャンルのひとつになっています。そのスタイルを一部に取り入れているのが、「うなくし」の安さの秘密。内装や厨房の広さなど、様々なコストを抑えることで低価格を実現しています。

20180202_unakushi__0481
↑1階はカウンターとテーブル席

 

なかには比較的高価格なメニューもありますが、それでも老舗のウナギ専門店よりはお手頃といえるでしょう。たとえば、ひつまぶしは2800円!

20180202_unakushi_0454
↑江戸前ひつまぶし 2800円

 

20180202_unakushi__0459
↑うな重 3200円

 

20180202_unakushi_0402
↑蒲焼き 3200円

 

一方、しっかり食べると高価になりがちなウナギを、串で提供していることもおトクにできるポイント。さらに、串なのでお酒とのペアリングを楽しみやすいというメリットも生まれています。お酒も一例を紹介していきましょう。

 

20180202_unakushi__0489
↑樽の上品な風味を感じられる、菊正宗の 樽酒 瓶 650円。右は山椒の実が入った、同店ならではの山椒ハイボール 480円

 

日本酒や焼酎はほかにも多彩にそろっていますが、樽酒はぜひ試していただきたい一本。燗にするとより香りが華やぎ、樽の心地よさが広がります。また、山椒ハイボールもウナギとの相性は抜群。タレ系の料理に合うバーボンウイスキーがベースになっている点も見逃せません。

 

20180202_unakushi__0494
↑八幡巻き 500円。八幡巻きとはゴボウを巻いた京都の伝統調理法。やや高めのメニューですが、力強いうまみが感じられてお酒が進みます

 

20180202_unakushi__0478
↑和の情緒漂う座敷で一杯やるのもオススメ!

 

2階は座敷になっていて、ゆったりとウナギ×お酒の時間を楽しめます。大井町は満席必至の立ち飲み店が多く、それ以外でも予約の取りづらい人気店が乱立するグルメ激戦区。同店もこの街の活況を後押ししそうですね。ウナギ串の店がウナギのぼりに注目を集めるのか、その動向とともに注目していきたいです!

 

 

【SHOP DATA】

20180202_unakushi__0502

うなくし 大井町店

住所:東京都品川区東大井5-3-9
アクセス:JRほか「大井町駅」東口徒歩1分
営業時間:11:30〜14:30/17:00〜22:00
定休日:日

TAG
SHARE ON