グルメ
2019/5/16 19:30

“透明な醤油”に“削るドレッシング”!? 進化する「新ビジュアル調味料」7選

平成時代を通し、様々なモノが進化してきましたが、それはフードも同様。特に昨今注目したいのは調味料です。驚きの変貌を遂げる“超”味料をその道のプロがチェック。

 

革命的な“超”味料を求めて“スーパー”へ足を運ぼう

フードにまつわる日用品の筆頭といえば調味料でしょう。料理の味付けに欠かせないアイテムですが、シーンの最先端をみると驚きに満ちた商品が次々と登場しています。

 

大きくは3つあり、まずは「新ビジュアル」。しょうゆや麺つゆは色が透明に、みそやカレーはパウダー状になるなど斬新に姿を変え、驚きや利便性を与えてくれます。

 

2つ目は「時短」です。それ1本だけで味が決まるだし入りの酢やソースがあったり、混ぜて5分で仕上がる固形ルウがあったりと、忙しい現代人の強い味方です。

 

3つ目は「ごはんのおとも」。一世を風靡した「食べるラー油」のヒットから約10年。以後もエッジの効いた新作が登場し、ご飯好きを喜ばせています。

 

写真映えが狙える「新ビジュアル」調味料7選

今回は、キーワードその1「新ビジュアル」の調味料について、フードコーディネーター・新井美代子さんのレビューを交えつつ、紹介していきます。料理に写真映えが求められるいま、これまでにない色合いや形状の調味料でより多くの「いいね」を集めるべし!

フードコーディネーター

新井美代子さん

雑誌や広告などで活躍。レシピ開発やスタイリングなど料理全般に携わり、日々様々な調味料を使用。発酵マイスターでもあります。

 

【その1/ラー油】豪雪地帯の自然が育くんだ香り立つ爽やかな辛さ

小千谷名物へぎそば わたや

みどりのラー油(45g)

実売価格734円

真冬は豪雪地帯となる、新潟県小千谷。厳しい大自然が育む、大ぶりの「かぐら南蛮」という青唐辛子の鮮やかな色と、香り立つ爽やかな辛さが決め手。余韻として追いかけてくる刺激も特徴です。

【新井’s Review】

上品な辛さでアクセントにぴったり

一般のラー油のようなギラつきがない、スーッと爽やかで上品な辛さ。アクセントに辛味が欲しいときに重宝します。注ぎやすい小さなボトルなので、食卓に置いても邪魔にならず、オシャレなのも◎。

<調理例:そば、冷奴>

 

【その2/ドレッシング】クレヨンを削るようにふりかけるドレッシング

ムラン家

KURÉDORÉ(18g/120削り可)

実売価格1944円

クレヨンのような形をした、削って料理にかけるフランス発のドレッシング。地中海沿岸に多く生える植物「カロブ」の抽出物と、「アガー」という海藻で固形にしています。4つの味があり写真はバジル。

【新井’s Review】

とっておきのおもてなしにグッド!

クルリと削って使うという発想がユニーク。小さな前菜の上にトッピングしたり、お客さまのお皿にかけたり、使って楽しんでもらったり。そんなとっておきのおもてなしで使うと話題になり喜ばれそう。

<調理例:ブルスケッタ、スパゲッティ>

 

【その3/味噌】料理アレンジの幅が広がり、持ち運びに便利な点がミソ

神州一味

パパッと味噌パウダー(120g)

実売価格432円

かつおとこんぶが効いた、やさしく甘めのだし入りみそをそのままフリーズドライ。パウダー状のため、溶けやすくかけやすいのが魅力。アレンジの幅も広がります。軽く、持ち運びに便利な点もうれしい。

【新井’s Review】

みそ汁の濃さも自由自在で多彩に使える

おにぎりに混ぜたり、白米にふりかけたり。白身魚のカルパッチョや、和風ピザなど用途は多彩。みそ汁を薄味で作り、お椀によそってから、家族それぞれがこれで好みの濃さに調整するという活用法も。

<調理例:おにぎり、焼うどん>

 

【その4/めんつゆ】かつお節の風味のみを濃縮! 業界初のクリアなつゆ

マルトモ

クリアつゆ

実売価格2071円

業界初の透明な澄んだつゆ。かつお節の風味のみを濃縮した色の薄いエキスを開発し、透明でありながらも素材の風味を豊かに感じられる味わいです。公式オンラインショップで限定発売中。

【新井’s Review】

淡色の野菜や肉の存在感が際立つ

もともと便利なだし入りしょうゆを透明にしたつゆなので、煮物に炒め物にと味付けに大活躍。麺類のかけ汁をはじめ、大根、カブ、鶏肉など色の薄い食材に合わせて、素材の存在感を際立たせましょう。

<調理例:だし茶漬け、しゃぶしゃぶのジュレがけ>

 

【その5/しょうゆ】伝統と革新の技が生んだコク深さとクリアな色味

フンドーダイ五葉

透明醤油(100ml)

実売価格540円

創業150年を迎えた熊本の老舗蔵が製造。伝統製法で醸した濃口の生揚げしょうゆを、特殊な技術で透明化しました。最終の調合で豊かな香りと味わいに仕上げ、透明ながらコク深いしょうゆを完成させました。

【新井’s Review】

やや薄口で和洋中使える万能しょうゆ

塩分濃度15%で、濃口醤油よりやや薄く、尖った塩辛さもなし。豆腐や湯葉刺身などの白い料理や、濁りのないスープなど和洋中で使えます。うっかり服に付いた際に色シミが薄いのも利点ですね。

<調理例:マグロ漬け、刺身のしょうゆジュレかけ>

 

【その6/カレー】ありそうでなかった甘口のカレーパウダー

ハウス食品

味付カレーパウダー バーモントカレー味 甘口(56g)

実売価格322円

りんごとはちみつが決め手の国民的カレーブランド「バーモントカレー」ならではの、これまでにない甘口のカレーパウダー。ワンタッチでかけられて、子どもが喜ぶカレー味に手早く調理できます。

【新井’s Review】

料理の味付けはもちろん“味変”にも

子どもやスパイスの刺激が苦手な方にピッタリ。ポテトサラダにちょっと加えるなど、作り置きしたおかずにも◎。また、食事の途中でカレーテイストに“味変”すると飽きずに食べられますよ。

<調理例:カレーピラフ、カレースープ>

 

【その7/だし】高品質なかつお節とこんぶの味をフリーズドライで凝縮

プレミ本舗

まるごとキューブだし(3個入り)

実売価格535円(送料込)

かつお節とこんぶのうまみを生かし、化学調味料や食塩は使わずにフリーズドライで新鮮な香りを凝縮。特にかつお節は高品質な鹿児島産を選び、とろっとした食感になるよう輪切りで薄く削っています。

【新井’s Review】

ワンランク上の味になるおいしさ

香りが良く、少し塩かしょうゆを足したら完成と思えるくらいおいしいです。シメのお茶漬けにも良いし、めんつゆをだし汁で割るのもよし。これだけでワンランク上の味わいになりますね。

<調理例:うどん、お好み焼>

 

【こちらも注目】続々登場する新型薬味を編集部がお試し!

料理のアクセントとして活躍する薬味にも、注目の新商品が登場。家に多種多様な薬味を常備するゲットナビのフード担当・鈴木が試しました。

 

【その1】これ1本さえあれば肉が店のねぎ塩味に!

エスビー食品

きざみねぎ塩(38g)

135円

大きめにカットし、シャキシャキ感を保ったねぎを刻んで使用。焼肉や豚しゃぶなどと良く合うよう、ごま油、黒こしょう、レモンで味付けています。

【鈴木’s Review】

予想以上にねぎがシャキシャキしていてビックリ! 納豆に入れると、ごま油の香ばしさがいい仕事をしているのを感じます。

 

【その2】国産ゆず100%のみずみずしい果実味

エスビー食品

きざみゆず(40g)

237円

主原料のゆずは100%国産で、みずみずしい風味と食感を実現。薬味としての使い方はもちろん、料理の下味やゆずドリンクにするなどの活用もできます。

【鈴木’s Review】

ゆずのフレッシュな香りだけでなく、ちゃんと苦みも味わえて本格的。大根おろしや鍋つゆに加えるなど、風味を足したいときに。

 

【その3】ぶどう山椒の刺激と藻塩の上品な味が絶妙

ハウス食品

わささんしょう(38g)

実売価格184円

本わさびのツンとした辛味に、ぶどう山椒の清涼感あふれる香りとシビれる辛さをプラス。食塩中に藻塩を22%使い、上品な味に仕上げています。

【鈴木’s Review】

わさびをこれに変えるだけで一気に料理が上品にグレードアップします。スッと鼻に抜ける爽やかな香りが後を引きますね。

 

【その4】面倒な大根おろしを水だけで瞬時に作れる

アサヒグループ食品

まるごと素材 フリーズドライの大根おろし(3.5g×5袋)

467円 ●通販限定商品

国産大根のフレッシュな風味や食感を、フリーズドライで閉じ込めた一品。戻す際は30mℓ程度の水で溶くだけ。みそ汁やつゆに入れてもOKです。

【鈴木’s Review】

比較的辛味は控えめ、甘味が強めの大根なので子どもも食べられそうです。大根おろしがちょっとだけ欲しいというときに大活躍。

 

文/中山秀明 撮影/篠田麦也、我妻慶一 撮影協力/UTUWA

TAG
SHARE ON