グルメ
2019/8/7 21:00

たった359円で作れる!豚こま肉とネギの簡単マリネの作り方!

みなさんこんにちは。「おいしい節約料理のススメ」というブログを運営しています「節約夫婦」と申します。今回は寄稿記事を書かせていただけることになり、とてもうれしいです。よろしくお願いします。

この記事では豚こま肉とネギを使った簡単節約レシピをご紹介しますね!完全オリジナルレシピです。どうぞ記事をご覧ください!

 

豚こま肉とネギのマリネ風がおすすめなワケとは?

 

ネギは薬味の王様みたいなイメージがあるかもしれませんが、我が家ではりっぱな具材の1つとして使っています。買い置き率の高い野菜の1つですよね。

豚こま肉は普段から安いので、節約料理を作るのにいつも助かる食材です。でもわたしはさらに特売になっている日に買ったり、割引きシールが貼ってあるものを見つけては買ってきています。

「そんなにたくさん買ってどうするの?」と思われるかもしれませんが、豚こま肉は色々な料理に使えますので、買いためて1食分に分けてラップして冷凍しておくと便利ですよ。

今回はそんな買いためておいた豚こま肉を使って、「豚こま肉とネギのマリネ風」のレシピをご紹介します。

 

使う材料は?

それでは早速、材料と作り方をご説明しますね!

・豚こま肉:300g
・ネギ:大1本(中なら2本)
・ミニトマト:7個(お好みで増減してOK)
・レモン:少々(あれば)

☆おろしショウガ:少々
☆おろしニンニク:少々
☆塩:1つまみ
☆酒:大さじ1
☆しょうゆ:大さじ1
片栗粉:大さじ1
★粉末だし:大さじ1
★ポン酢:大さじ1
★酢:大さじ1
油:大さじ1×2

 

豚こま肉とネギの簡単マリネの作り方!

①冷凍していた豚こま肉を解凍します。

setsuyakufufu_01-1024x768

②ビニール袋に豚こま肉と☆の調味料、片栗粉の順番で揉み込みます。

☆おろしショウガ 少々

setsuyakufufu_02-1024x768

☆おろしニンニク 少々

setsuyakufufu_03-1024x768

☆塩 1つまみ

setsuyakufufu_04-1-1024x768

☆酒 大さじ1

setsuyakufufu_05-1024x768

☆しょうゆ 大さじ1

setsuyakufufu_06-1024x768

☆の調味料を入れたなら、片栗粉(大さじ1)を入れ揉み込みます。

setsuyakufufu_07-1024x768

setsuyakufufu_08-1024x768

 

ちょっと一手間ですが、片栗粉でコーティングすることによってジューシーなお肉になりますよ!

③ミニトマトはヘタを取り、半分に切ります。レモンは薄くスライスして8等分に切ります。ネギは切り込みを入れてから一口大に切ります。

setsuyakufufu_09-1024x767

setsuyakufufu_10-1024x767

setsuyakufufu_11-1024x767

 

ネギに切り込みを入れておくことでマリネ液が早く浸みやすくなります。

④フライパンに油をしいてネギを焼きます。両面に程よく焦げ目がついたら取り出します。

setsuyakufufu_12-1024x768

⑤フライパンに油をしいて、2の豚こま肉を炒め、焼き目がつくようにします。

setsuyakufufu_13-1024x768

⑥焼いた肉と、ネギを深さのある皿に盛ります。

⑦★の調味料を合わせ、⑥に混ぜます。

setsuyakufuful_14-1024x768

⑧トマト、レモンを飾ります。

setsuyakufufu_15-1024x768

setsuyakufufu_16-1-1024x768

完成~! 色あざやかな1品になりました。

setsuyakufufu_17-1024x678

 

実食&感想

それでは早速いただきます。

激安豚こま肉がジューシーで美味しいお肉に変身しています!

setsuyakufufu_18-1024x768

作戦大成功です。

setsuyakufufu_19-1024x768

焼いたネギは甘くトロッとなりますが、マリネ液もしっかり吸っているのでさらにトロッと感が増しています。

お肉に少しだけおろしニンニクを入れたので食欲増進です。ご飯にとっても合いますよ。これは、マリネというサイドメニューではなく「主菜」と言える1品です。

ポン酢とレモンの柑橘系の香りがとても爽やかで最後の一口まで美味しくいただけました。夫も「美味しい~」といってモリモリ食べていました。

 

このレシピの節約ポイント

節約ポイント その1

ポン酢と酢でさわやかな酸味のマリネ液ですが、このレシピではマリネ液は最小限の量しか作っていません。肉やネギが液体を吸うので、食後に液体がほとんど余りません。

調味料と言えども、捨ててしまうのはもったいないですからね。ちょっとしたところで節約してみました。

 

節約ポイント その2

ミニトマトは彩りが増すので色々な料理にぜひ使いたい食材です。でもミニトマトって意外と値段が高いな…と感じます。夏だったらぜひ家のプランターでミニトマトを育てたいところです。ミニトマトは育てやすいのでたくさん収穫できますよね。

でも寒い時は無理な話ですよね。とは言え、彩り用に298円も出せないんです。それでわたしは100円LAWSONで少量パックのものを100円でゲットしてきました。

もちろん普通のトマトでも代用できます。その時はサイコロ状に小さくカットしてお使いくださいね。

 

節約ポイント その3

記事の冒頭でお伝えしましたが、とにかくいつ使おうか…と悩まずに安くなっている豚こま肉を発見した時は買って冷凍しておいてください。家にある材料で工夫して料理を作った時はかなり節約できているはずですよ。

買い物に行くとついつい見たものを欲しくなって、必要じゃなくても食べたいものを買ってしまいますからね。豚こま肉は小さいお肉なので切る手間もはぶけて助かるお肉です。

 

豚こま肉とネギのマリネ風に合う料理は?

まず白いご飯がすすむこと間違いなしです。炊きたてのご飯と一緒にどうぞ。

汁物は、お味噌汁、お吸い物、いろいろ合いますが、オススメは冬瓜(とうがん)とたまごのスープです。温まってほっこりできるスープですよ。レシピはこちらからご覧くださいね。

わたし的にはもう十分ごちそうだと思いますが、さらにもう1品増やしたいという方は冷奴を電子レンジでチンして、温奴(おんやっこ)とかいかがですか。

手間とお金をかけずにもう1品と思う時にもってこいですよ!温奴にはカツオ節とショウガ、しょうゆをかけてあっさりいただきましょう。

 

このレシピの所要時間と費用は?

豚こま肉とネギの簡単マリネを作るのにかかる時間と費用をお伝えしますね。

所要時間は?

今回のレシピの所要時間は,25分です。わたしはのんびりタイプなので,手際の良い方ならもっと早くできるかもしれません。

 

費用は?

かかった金額は,2~3人前,359円です。

割引きシールの付いている,豚こま肉209円,ネギ一本50円,ミニトマト100円,レモン(いただき物)、調味料は少ししか使いませんし、金額には含めませんでした。

 

まとめ

値段の安いお肉でも工夫しだいでジューシーなお肉になります。何かと便利な豚こま肉を買いためて上手に使いましょう。彩り用の野菜は少量で足りるので、小分けになっているものなら安く手に入れられるかもしれませんよ。

ちょっとしたアイディアでお腹いっぱいになる、おいしい節約料理が作れます。ぜひ皆さんも作ってみてくださいね!

記事を最後までお読みくださりありがとうございました。

【筆者プロフィール】
setsuyakufufu-150x150
節約夫婦
「夫婦で楽しく節約生活をしながら、「おいしい節約料理のススメ」というブログを運営しています。完全オリジナルの節約料理、知らなきゃ損する節約術をたくさん公開しています!」
おいしい節約料理のススメ
Twitter

TAG
SHARE ON