グルメ
お酒
2019/8/21 17:30

人気高まる「ジン」の入門に最適! 超定番「ビーフィーター」新作は実にラグジュアリー

今夏のグルメ界ではスパイスカレーが花ざかり。雑誌やTVでその特集を見た人は多いでしょう。味の要はその名の通りでスパイスなわけですが、お酒のカテゴリーでもスパイスは注目されています。そのひとつがジュニパーベリーというスパイスを使った、ご存知「ジン」。

 

数年前から職人性の強いクラフトジンもブームで、ジンを使ったカクテルも人気です。そのなかで、先日日本で新発売されたのが「ビーフィーター ピンク ストロベリー」。有名ブランド「ビーフィーター ジン」の最新フレーバーです。発売に合わせたパーティが行われたので、その魅力を確かめに行ってきました!

 

↑会場となった代官山のレストランには、ピンクや白でコーディネートした関係者やインフルエンサーが集結

 

国内販売数量NO.1のジンがビーフィーターだ

最初に、ジンやビーフィーターの解説から。冒頭でも軽く触れましたが、ジンはジュニパーベリー(セイヨウネズとも)の果実を乾燥させたスパイスがフレーバーのキーになっていて、ウッディでハーバルな香りが特徴です。

 

ジュニパーベリー以外に、多様なボタニカルを使うのもジンの特徴。そのため、ほかのスピリッツより個性が出やすく、それが昨今のジンのトレンドに関係しているといえるでしょう。日本でも山椒やゆずなどを使った和のジンが登場しており、バーシーンを中心に盛り上がっています。

 

↑桜葉や煎茶など、四季の和素材を6種使ったクラフトジンといえば、「ROKU GIN」。8月25日まで、東京ミッドタウンで「ROKU MIDPARK LOUNGE」という野外レストランがオープンしています

 

そして「ビーフィーター」といえば、世界170か国で愛飲されている超名門で、日本のジンとしても販売数量ナンバーワン。1820年創業と歴史も古く、ジンの王道であるロンドンスタイルのドライジンのなかで、秘伝のレシピを守りロンドン市内で蒸溜されている唯一のブランドです。

 

↑透明のボトルが「ビーフィーター ジン」40度/700ml/税込1253円。ジュニパーベリーを中心にレモンピール、オレンジピール、コリアンダー、アーモンドパウダーなど厳選し9種の素材を約24時間浸漬して蒸溜することで、奥行きのある香味を引き出しているのが最大の特徴です

 

今回発売された「ビーフィーター ピンク ストロベリー」(37度/700ml/税込1501円)は、そんな名門の精神を受け継ぎつつ、現代的な手法を融合させたプロダクト。もともと創業者のジェームス・バロー氏はラズベリージンやチェリーブランデーなども作っていたというエピソードが語り継がれており、その好奇心に触発された、現在のマスターディスティラーのデズモンド・ペイン氏がストロベリーをヒントに新作を生み出したのです。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON