グルメ
お酒
2020/4/14 20:30

家飲みアップデートの参考にどうぞ! 酒の伝道師が新提案する「洋酒のお供」最先端

日夜、様々なお酒の特徴や味とともに、料理との相性の良さ=フードペアリングを勉強している筆者。そんななか、洋酒メーカーのバカルディジャパンより「最新情報にアップデートしませんか?」との声が。概要を聞くと、ウイスキーのハイボールのように、料理との汎用性が高い洋酒の飲み方や組み合わせがあるとのこと。

 

フードペアリングに関しては、様々なパターンを試したなかからベストを見つけたという聞き捨てならない情報も。そこで、具体的な話を聞きに行ってきました!

 

↑「バカルディ」は社名でもある有名ラム酒ブランド「バカルディ」をはじめ、ジン、ウイスキー、ウォッカ、テキーラなどを扱っています

 

ラムハイボールには肉汁豊かな豚料理がベストマッチ

教えてくれたのは、バカルディジャパンでブランドマネージャーを務める奥村龍太郎さん。奥村さんは日本におけるモヒートブームの仕掛け人として知られ、バー業界では“ミスターモヒート”として慕われているナイスガイです。

 

↑奥村さん。最近では催事などで「ホットラムチャイ」を展開し、冬の屋外イベントに集まった大人をお酒の力で温めていたとか

 

用意されていたのは「バカルディ」に加え、ジンの「ボンベイ・サファイア」とウイスキー「デュワーズ」の計3ブランド。「デュワーズ」はハイボールかと思いきや、「ハイボールはすでに知名度が高く、私たちが提案するまでもないでしょう。『デュワーズ』は、より大人な飲み方のベストペアリングを教えますよ」と奥村さん。

 

ということで、まずは「バカルディ」から教えてもらうことに。ラムは熟成方法などによってホワイト、ゴールド、ダークの3種があり、今回奥村さんが提案するのはゴールドラム。飲み方としてはソーダ割りで、いわゆるハイボールです。

 

サトウキビからつくられるラムは、艶やかな甘味が特徴。なかでも「バカルディ」はスムースなフレーバーで、カクテルと好相性なのが魅力です。そのゴールドは、2~3年のオーク樽熟成によるリッチな厚みが持ち味。では最適なペアリングフードはなに?と聞くと、答えはなんと焼き餃子。特にジューシー感のある肉餃子がオススメとか。

 

↑レシピは、氷を山盛りに入れたジョッキにバカルディゴールドとよく冷えた炭酸水を1:4の割合で注入。カットレモンを搾ってジョッキ内に入れ、あればミントを少々。炭酸が抜けないよう縦に1回ステア(混ぜる)すれば完成です

 

「ラムにはラム肉もいいですが、一番合う肉は豚です! 豚の魅力といえば甘みのある肉汁。これがバカルディにすごく合うんですよ。餃子も肉汁系のパンチのあるタイプがベターです。冷凍餃子でも、たいがいはそのまま食べてもおいしいので、タレはなしでOK。というのも、味付けは塩がイイんです。なので、焼きとんやホルモンも塩で食べ合わせると最高! シューマイや小籠包、ベーコンやソーセージもいいですよ」(奥村さん)

 

↑シンプルな肉汁のうまみがラムハイボールのほのかな甘味とマッチ。確かに、ウイスキーベースよりもラムのほうがまろやか。これがモヒートだと甘さが勝っちゃうかもしれません

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON