デジタル
タブレット
2019/3/28 19:00

【特濃レビュー】一見「とてもふつう」…だけど? ニッチなレノボタブのひそかな「お買い得感」

レノボ・ジャパン「Lenovo Smart Tab P10 with Amazon Alexa」は、10.1型タブレットの従来モデル「Lenovo Smart Tab P10」と専用スマートドック(「Lenovo Smart Dock」)をセットにした商品です。

 

 

特徴は、単体でAndroidタブレットとして、スマートドックにセットすることでAmazon Alexa搭載のスマートディスプレイとしても利用できること。これにより1+1=2以上の価値があるセットになっています。価格は、直販モデルが税込3万2270円。スピーカーなしの従来モデル「P10」は2万9970円なので、差額は2300円ということになります。

 

今回はこのLenovo Smart Tab P10 with Amazon Alexaの実機を借りてレビュー。日ごろAndroidスマホや「Amazon Echo」スピーカーを使っているユーザーとして、使い勝手をチェックしてみました。

 

一見「とてもふつう」なタブレットとスピーカーという組み合わせ

まずはタブレット本体の「Lenovo Smart Tab P10」についての簡単なご紹介から。

 

スペックをざっとおさらいしておくと、

● ディスプレイ:10.1型ワイドIPSパネル (1920×1200ドット)
● 本体サイズ:242 x 167 x 7mm
● 重量:520g
● CPU:Snapdragon 450(オクタコア)
● メモリー:4GB
● カメラ:インカメラ500万画素、アウトカメラ800万画素
● 本体ストレージ:64GB(microSDカード対応)

といった構成。突出した部分はないものの、今どきの標準的なタブレットとしてそつなくまとまっています。

 

 

ボディは両面とも光沢仕上げ。ブラックなので指紋が目立つのと、裏面もつるっつるなので、テーブルの上に置いているだけで滑り落ちそうになるほど。裏面はマットな質感のほうが扱いやすいのに、と個人的には思いました。

 

↑ディスプレイのフレーム部分には指紋センサーを搭載しています

 

↑OSはAndroid 8.1.0の状態でテストします

 

続いて、スマートドック(「Lenovo Smart Dock」)を見ていきます。

 

 

こちらは簡単に言えば、タブレットの充電スタンドを兼ねたBluetoothスピーカー。電源にはACアダプターを使用するので、据え置きで利用します。

 

使い方はシンプルで、タブレットをドックの上にのせることで充電開始&Bluetoothのペアリングが行われるというもの。音楽の再生中にセットすれば、続きはそのままスマートドックから音が出ます。スピーカーの音量は音声操作で調節できるほか、音量調節ボタンもついています。

 

なお、充電スタンドとしては「Lenovo Smart Tab P10」専用ということになりますが、それ以外は普通のBluetoothスピーカーなので、他のスマホなどとペアリングして音を出すことももちろん可能。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON