デジタル
2019/7/1 10:50

人工知能だと20秒! 「AI歯ブラシ」が歯みがきを変える

磨き残しができたり、知らないうちに歯茎を傷つけてしまったり、毎日の歯磨きには人それぞれの癖が出てしまうもの。かと言って、頻繁に歯医者に通って歯垢を取ってもらうのも大変です。そんなときに利用してみたいのが、AIを活用した歯ブラシ。これからの時代、歯磨きもAIに任せていいのかもしれません。

 

今度は30秒で歯みがき! ライバルの失速を横目に人気を集める時短歯ブラシ「EZ Teethbrush」

 

P&GからAI歯ブラシが登場

P&Gが2月、世界最大規模の携帯通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス2019」で発表したのが、AIを搭載した電動歯ブラシ「オーラルBジーニアスX」。これは専用のアプリとあわせて使う歯ブラシで、アプリ上で強く磨きすぎている場所やダメージになりやすい歯茎の部分などを示してくれる機能を搭載しています。歯医者に行かない限り、歯磨きの指導を受けることなんてできませんが、アプリを使えば自宅で歯磨きが上手にできるようになるというわけ。P&Gでは、このAI歯ブラシを2019年9月から279ドルで販売予定だそうです。

 

20秒で磨いてくれる電動歯ブラシも

そしてこの歯ブラシよりもさらに度肝を抜くのが、クラウドファンディングで話題となった「Babahu X1」というAI搭載型歯ブラシ。こちらは人間の手を使って歯を磨くのではなく、口にくわえるマウスピース型の電動歯ブラシです。この歯ブラシを口にくわえると、ブラシが45度の角度で1分間に1万8000~4万回の振動で歯を小刻みに磨き、歯を自動で磨いてくれるとのこと(振動回数はユーザーの年齢に合わせて調整可能)。

 

しかもAIアルゴリズムを搭載しているので、いつ歯ブラシをセットしたか検出してくれるそう。歯磨き時間はわずか20秒で、しかも歯を磨いている間は両手が使えるため、ヒゲをそったりメイクしたり、朝の時間を有効に使えるんです。

 

この電動歯ブラシは、Indiegogoに登場すると達成率は1582%となり、大きな話題を呼びました。現在は募集が終わり2019年1月から商品の配送が始まっていますが、「InDemand」で引き続き予約販売形式で追加資金を募集中。マウスピースが小さめの子ども用も用意されています。

自分で磨くだけでは不十分だった歯磨きも、このようなAI歯ブラシを使えば、たった20秒で歯がもっときれいになりそうですね。テクノロジーの進歩は歯磨きの仕方にも影響を与えていますが、人によってはAIを活用するのもよさそうですね。

TAG
SHARE ON