デジタル
通信機器
2021/2/10 11:15

【必見】Ex Wi-Fiの実態が丸わかり!評判やおすすめの人、注意点など徹底解説します

【必見】Ex Wi-Fiの実態が丸わかり!評判やおすすめの人、注意点など徹底解説します

いつでもどこでも快適なネット環境のもとで作業がしたい人にマストなのが、ポケットWiFi。
最近ではリモートワークも増え、さらに需要が高まっています。
そんなポケットWiFiで今回おすすめするのが、「Ex Wi-Fi」です。
Ex Wi-Fiの評判や、どんな人に向いているかを徹底的に解説していきます

Ex Wi-Fiには以下の5つのメリットがあり、50GBの速度プランを最安値で使いたい人におすすめのWiFiです。

 

 

こんなメリットのある50GBプランが最安値のEx Wi-Fiですが、気をつけないといけない以下の注意点もあります。

 

これらの注意点を把握しておかないと、ほかのWiFiより割高になったり、使いづらかったりする場合もあるでしょう。
この記事では安心してEx Wi-Fiを契約できるよう、メリットと注意点にも詳しく触れていきます。

さらにEx Wi-Fiが向いていないという人のために、Ex Wi-Fi以外のおすすめのポケットWiFiや、ほかのインターネット回線についてもご紹介します。
ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

 

 

 

Ex Wi-Fiは50GBプランを最安値で使いたい人におすすめ!

Ex Wi-Fi

 

Ex Wi-Fiは、50GBと100GBの月間通信料が選べる、話題のクラウドSIMを搭載したポケットWiFiです。
50GBでも100GBでも利用料金はずっと変わらず、50GBのプランは業界最安値の2,948円で使えます
Ex Wi-Fiの特徴は以下のとおりです。

 

【Ex Wi-Fiの概要表】
対応エリア世界134ヶ国
国内幅広いエリアで利用可能
平均速度上り平均:20.2Mbps
下り平均:23.7Mbps
月額料金■50GBプラン:2,948円
■100GBプラン:3,718円
初期費用■契約事務手数料:3,300円
■機種代金:26,136円
キャンペーン内容3年割:機種代金が割り引かれ、実質無料に
3年間の実質金額■50GBプラン:112,376円
■100GBプラン:140,866円
3年間の実質月額■50GBプラン:3,037円
■100GBプラン:3,807円

 

50GBが最安値のEx Wi-Fiですが、50GBでは具体的にこのような使い方ができます。

 

【50GBでできることの目安】
YouTube1日あたり5時間利用可能
音楽ストリーミング1日あたり15時間利用可能
LINE通話1日あたり4時間利用可能
映画配信1日あたり1本映画鑑賞可能
Web会議1日あたり2時間利用可能

 

1ヶ月に50GB利用できたら、趣味にも仕事にも気兼ねなく利用することが可能です。

 

Ex Wi-Fiの評判ってどうなの?気になるメリット5つ

Ex Wi-Fi利用者の口コミを調べると、以下5つのメリットがありました。

 

 

月額料金以外にも、通信品質の安定や海外で利用できるメリットがあるようです。
まずはこのメリットについて、利用者の口コミを見ながら詳しく解説していきましょう。

 

①月額料金はずっと変わらず2,948円とお得!

 

利用月ごとに金額が変わってしまうポケットWiFiもありますが、Ex Wi-Fiは違います。
50GBプランの場合は2,948円、100GBの場合は3,718円から金額が変わることはありません
他社のポケットWi-Fiと比較してみました。

 

【50GBの場合】
1年実質金額2年実質金額3年実質金額
Ex Wi-Fi41,624円77,000円112,376円
ゼウスWiFi
(40GB)
41,624円77,000円112,376円
THEWiFi
(40GB)
42,614円81,950円121,286円
縛りなしWiFi
(60GB)
43,340円80,300円117,260円

※価格はすべて税込

 

【100GBの場合】
1年実質金額2年実質金額3年実質金額
Ex Wi-Fi51,634円96,250円140,866円
ゼウスWiFi51,414円97,350円143,286円
どこよりもWiFi39,754円96,250円140,866円
地球WiFi60,214円112,750円165,286円

※価格はすべて税込

 

実質料金は、月額料金×1年/2年/3年の月数+初期費用で計算しています
Ex Wi-Fiは、50GBプランも100GBプランもほかのポケットWiFi内と比べると、安く利用できることが判明しました。

ほかのWiFiと比べても、コスパがよいのでは、とコメントしている方もいますね。

50GB・100GBのポケットWiFiをできるだけ安く使いたい人には、Ex Wi-Fiがおすすめだといえます。

 

②大手通信キャリア回線で通信品質が安定している

Ex Wi-FiはクラウドSIMを利用したポケットWiFiです。
通常インターネットに接続するには、端末にそれぞれのキャリア回線のSIMカードを挿して利用する必要がありました。
しかし、実際にSIMカードを抜き挿しすることなく、クラウド上でSIMを選択できる機能がクラウドSIMです。

クラウドSIMを使うと、複数の大手通信キャリア回線が使用できるため、国内の広い範囲で安定した通信品質を保てます

Ex Wi-Fiの最大速度は、上り50Mbps・下り150Mbps。
平均速度は、上り20.22Mbps・下り23.72Mbpsです。

上り回線とは、アップロードで使われる回線のことを指します。
SNSの投稿やライブ配信、データ送信などが上り回線に含まれます。

一方、下り回線はダウンロードで使われる回線のことです。
メールの受信やデータのダウンロード、インターネットサイトの閲覧が下り回線にあたります。

大手携帯電話キャリアの公衆WiFiの平均速度が、上り22.6Mbps・下り20.2Mbpsのため、いつでもどこでも大手キャリアの公衆WiFiと同じ環境が手に入るでしょう。

 

③人口カバー率99%以上のエリアでどこでも使える

人口カバー率とは、通信サービスの提供エリアがどれくらい広いかを表す指標のことです。
100%に近いほど、広いエリアにサービス提供されていることになります。

Ex Wi-Fiの人口カバー率は99%を超えているため、圏外になりがちなキャンプ場や地下鉄、森のなかなどさまざまな場所で使用することが可能です。


このように、テレワークでも快適に使えるようです。

 

④海外134ヶ国でそのまま利用できる

Ex Wi-Fiは、持ち運ぶだけでそのまま海外でも使えます。
海外旅行や出張の際にわざわざレンタルのWiFiを申し込む必要がなく、使い慣れたポケットWiFiを利用し続けられます

海外で利用する際は、1日500MBのプランか1日1GBのプランかを選び、使った分だけの金額を別途払う仕組みです。
海外に渡航することが多い人には、大きなメリットなのではないでしょうか。

 

⑤最短即日発送ですぐに使える

Ex Wi-Fiの契約手続きは、インターネットから申し込むだけです。
工事が要らず、最短でその日に端末を発送してくれるので、すぐに使いたい人も安心ですね。

 

Ex Wi-Fiを契約する際の5つの注意点

上記のような5つのメリットがあるEx Wi-Fiですが、契約する際には注意しなければいけない5つのポイントがあります。

 

 

せっかくのメリットも、注意点を知っておかなければ損をしてしまう可能性があります。
ひとつひとつ、具体的に解説していきましょう。

 

契約期間が3年と長い

ほかのクラウドWiFiでは、契約期間が2年か存在しないサービスがほとんどです。
以下のようにEx Wi-Fiの契約期間は3年と、ほかのサービスと比べると長いのがデメリットのひとつといえるでしょう。

 

【契約期間の比較表】
サービス名契約期間
Ex Wi-Fi3年
Mugen WiFi2年
どこよりもWiFiなし(最大2年)
クラウドWiFiなし(最大2年)
THEWiFi2年
Y!mobileなし

 

万が一、Ex Wi-Fiを3年以内で解約する場合は、4,950円の違約解約金が必要です。
さらに、端末費用の残りの金額「715円×残り契約月数」を払わないといけないため、3年以内で解約すると高額の支払いが発生します。

いつでも解約したい人や3年使うかどうかわからない人は、契約期間が存在しないポケットWiFiを契約するのがおすすめでしょう。

3年の契約期間は他社と比べて長い、といった口コミも発見しました。

デメリットに、3年契約といった項目をコメントしている方もいます。

 

クレジットカード以外は使えない

Ex Wi-Fiの契約や月々の支払いには、クレジットカードしか使えません
さらに、海外で発行したクレジットカードやデビットカードも利用不可です。

クレジットカードをもっていない方や、クレジットカードで支払いたくない人は、クレジットカード以外で支払えるポケットWiFiを選ぶとよいでしょう。

 

キャッシュバックなどのキャンペーンがない

WiMAXやMugen WiFiなどのサービスには、キャッシュバックや返金キャンペーンといった、現金が返ってくるキャンペーンが充実しています。
乗り換える際の違約金を負担するのに利用したり、毎月のWiFi利用料金の費用を抑えるために使えたりと、キャッシュバックキャンペーンがあれば便利でしょう。
しかし、Ex Wi-Fiにはそういったキャンペーンが一切ありません

乗り換え違約金の負担が大きい人や、すぐに現金がほしい人は、キャッシュバックキャンペーンを実施しているサービスを選びましょう。

 

商品発送までに時間がかかる可能性がある

公式ホームページには「最短即日発送」と記載されておりますが、特定商取引法にもとづく表記には「商品等の引き渡し時期:最短3~4日でお届けします。」と記載されております。

法律上で特定商取引法に記載されている内容が、お客との約束事項となるため、万が一即日で発送されなくても文句はいえません。
その日に発送してほしい急ぎの人は、Ex Wi-Fiは避けたほうがよいといえるでしょう。

 

制限後の速度が遅い

1ヶ月に50GB、もしくは100GB使えるEx Wi-Fiですが、それ以上利用してしまうと通信速度が制限されてしまいます。
速度が制限されると、上り下りともに速度最大384kbpsとかなり低速になることもあり、制限後の速度は、ほかのポケットWi-Fiに比べても遅いです。

 

【制限後の速度比較表】
サービス名制限後の最大通信速度
ゼウスWiFi3.5Mbps
WiMAX1Mbps
Y!mobile1Mbps
THEWiFi128kbps
地球WiFi384kbps

 

384kbpsになるとLINEアプリの利用や、インターネットの閲覧はスムーズに行えますが、高画質の動画の視聴となると途中で止まってしまいます。
YouTubeの視聴は、画質の低い360pまでが限界のようです。

速度制限後も高画質の動画視聴やWeb会議を行いたい方は、ゼウスWiFiやWiMAXのような制限後の速度が速いサービスを選びましょう。

 

メリット・注意点からわかったEx Wi-Fiがおすすめの人

ここまでの調査結果や口コミを総括すると、Ex Wi-Fiは以下のような人におすすめのポケットWiFiだといえます。

 

【Ex Wi-Fiがおすすめの人】

 

  • 3年以上使う予定がある人
  • 毎月50GBの通信容量でじゅうぶんな人
  • なるべく低価格なポケットWiFiを使いたい人

 

 

とくに50GBプランは業界最安値の金額のため、とにかく安価なポケットWiFiを探している人にEx Wi-Fiはおすすめです。
しかし3年以上利用しないと、かえって支払総額が高くなってしまう可能性があるので、じゅうぶん注意しましょう。

 

Ex Wi-Fiの申し込みから利用開始までの手順

 

Ex Wi-Fiの申し込みはインターネットで完結します。

博士

Ex Wi-Fiの申し込みから利用開始までの5つの手順をまとめてみたぞ

 

    1. 公式ホームページから必要事項を入力して申し込み

プランやオプションを選び、個人情報を入力します。

    1. オペレーターから電話で確認連絡が入る

電話での確認が取れたら、正式に注文完了となります。

    1. 端末が発送される

ホームページには最短で即日と記載がありますが、特定商取引法にもとづく表記には最短3~4日とあります。
急ぎの人は、オペレーターから電話が来た時点で確認しておくとよいでしょう。

    1. Wi-Fiの設定を行う

IDやパスワードを利用する端末に入力して、ポケットWiFiと接続します。

  1. 利用開始/li>WiFiの設定が完了したら、すぐに使えます。

 

Ex Wi-Fiは、24時間いつでも申し込みが可能です。
申し込みには身分証の画像が必要なので、まえもって用意しておくとよいでしょう。

 

 

データ容量と速度で選ぶ!Ex Wi-Fi以外のおすすめポケットWiFi

ここまでお読みいただき、Ex Wi-Fiが向いていないと感じた方に、おすすめのポケットWiFiをご紹介します
データ容量と速度でそれぞれおすすめポイントがあるので、ご自身の優先度の高い条件で選びましょう。

 

まずは容量無制限でサクサクつながる「WiMAX」を検討しよう

「50GBまたは100GBの制限があるのは困る!」「実質無制限がよい!」とお考えの人には、「WiMAX」がおすすめです。
WiMAXのポケットWiFiには、このような特徴があります。

 

【WiMAXの概要表】
対応エリア47都道府県
平均速度上り平均:6.11Mbps
下り平均:38.37Mbps
月額料金データ量上限なし:4,268円
初期費用■契約事務手数料:3,300円
■機種代金:16,500円
キャンペーン内容LTEオプション料無料
3年間の実質金額177,716円
3年間の実質月額4,770円
おすすめポイント・データ容量を気にせず使える
・月額料金がずっと変わらない
・下り最大1Gbpsの速度

 

Ex Wi-Fiと同様、WiMAXは月額料金がずっと固定されています。
最大100GBの制限があるEx Wi-Fiに対し、データ容量を無制限で使用できるため、毎月大容量のデータを使う人にとくにおすすめのポケットWiFiです。

WiMAXはいくつか種類がありますが、なかでも「GMOとくとくBB WiMAX」、「Broad WiMAX」、「BIGLOBE WiMAX」はキャンペーンが豊富です。

GMOとくとくBB WiMAXは、最大32,500円のキャッシュバックキャンペーンを実施しており、機種代金も無料になります。

Broad WiMAXは、初期費用である20,743円分割引のキャンペーンがあり、さらにほかのポケットWiFiから乗り換えの場合は、上限19,000円の契約解除料金の負担をするサービスもあります。
また、キャンペーン中は機種代金が無料です。

BIGLOBE WiMAXは、データ端末を申し込むと翌月に17,000円のキャッシュバックがあります。

さまざまな種類があるWiMAXですが、キャッシュバックや割引のキャンペーンを受けるなら上記3つのサービスから選ぶとよいでしょう。

 

 

月20GB・40GBなら「ゼウスWiFi」がおすすめ

 

「月50GBも使わない!」という人には、「ゼウスWiFi」がおすすめです。
ゼウスWiFiは以下の特徴があるポケットWiFiです。

 

【ゼウスWiFiの概要表】
対応エリア国内幅広いエリアで利用可能
平均速度上り平均:12.08Mbps
下り平均:16.86Mbps
月額料金■20GBプラン:2,178円
■40GBプラン:2,948円
■100GBプラン:3,278円(1〜2ヶ月)3,828円(3ヶ月〜)
初期費用■契約事務手数料:3,300円
■機種代金:0円
キャンペーン内容あんしん解約サポート:解約事務手数料が無料
3年間の実質金額■20GBプラン:83,886円
■40GBプラン:112,376円
■100GBプラン:143,286円
3年間の実質月額■20GBプラン:2,267円
■40GBプラン:3,037円
■100GBプラン:3,873円
おすすめポイント・海外でもそのまま利用ができる
・機種代金がかからない
・2年以降は解約料金がかからない

 

ゼウスWiFiはEx Wi-Fiと同じく、クラウドSIMのため、つながりやすいキャリアに自動的に接続してくれます。
さらに106ヶ月で利用できるため、海外用のポケットWiFiをレンタルする必要がありません。

2年継続して利用するプランを選ぶと、20GB・40GBの月額料金がEx Wi-Fiよりも安いため、50GBもデータ容量を使用しない人はゼウスWiFiがおすすめでしょう。

契約2年以降は、いつ解約しても解約事務手数料がかかりません
さらに機種代金が無料なので、2年使ったら実質0円で解約できます。

 

 

月100GBなら「Mugen WiFi」がおすすめ

Mugen WiFi

 

「月100GB利用する!」という人には、以下の特徴をもつ「Mugen WiFi」がおすすめです。

 

【Mugen WiFiの概要表】
対応エリア国内幅広いエリアで利用可能
平均速度上り平均:8.82Mbps
下り平均:13.74Mbps
月額料金■格安プラン:3,718円
■アドバンスプラン:4,268円
初期費用■契約事務手数料:3,300円
■機種代金:0円
キャンペーン内容全額返金キャンペーン:申し込み30日以内に解約すると利用料と初期費用が返金される
10,000円キャッシュバック
3年間の実質金額■格安プラン:130,866円
■アドバンスプラン:161,216円
3年間の実質月額■格安プラン:3,537円
■アドバンスプラン:4,357円
おすすめポイント・海外でもそのまま利用ができる
・機種代金がかからない
・2年以降は解約料金がかからない

 

ベーシックなプランの格安プランと、翻訳&スマートフォン充電器の機能がついたアドバンスプランがあり、どちらのプランも最大100GB使えます。

100GB使えるポケットWiFiのなかで、Mugen WiFiは業界最安級の価格といえます。
Ex Wi-Fi同様、月額料金はずっと変わりません。

Mugen WiFiもクラウドSIMのため、国内だけでなく海外でものそのまま使えます。
いつでもどこでも大容量のデータを利用したい人には、おすすめのポケットWiFiです。

さらに全額返金キャンペーンが実施されているので、30日間おためしで利用もできます
お使いのエリアの回線状況を確認するためにも、安心のキャンペーンでしょう。

 

 

実質月210GBなら「hi-ho Let’s WiFi」がおすすめ

hi-ho Let’s Wi-Fiお試しキャンペーン

 

「月100GBじゃ足りない」という人には、実質毎月210GB使える「hi-ho Let’s WiFi」がおすすめです。
hi-ho Let’s WiFiの特徴は、以下のとおりです。

【hi-ho Let’s WiFiの概要表】
対応エリア国内幅広いエリアで利用可能
平均速度上り平均:11.05Mbps
下り平均:14.93Mbps
月額料金■120GBプラン:
1~6ヶ月目:3,278円、7ヶ月目以降:3,828円
■210GBプラン:
1~2ヶ月目:3,278円、3ヶ月目以降:4,730円
初期費用■契約事務手数料:0円
■機種代金:0円
キャンペーン内容Let’sお試しキャンペーン
①事務手数料が無料
②30日間お試し
③月額割引
2年間の実質月額■120GBプラン:3,696円
■210GBプラン:4,614円
おすすめポイント・大容量のデータを利用できる
・機種代金がかからない
・海外でもそのまま利用できる

 

hi-ho Let’s WiFiは、最大210GBの大容量データが利用できます

1日7GB、1カ月に換算すると210G/月利用できるので、動画視聴やWeb会議などで頻繁にデータを利用する人も、安心して使えるでしょう。

Ex Wi-Fiと同じくクラウドSIMであり、国内海外問わずラクラク利用可能です。

博士

30日間お試しキャンペーンを行っているから使用感を試せるところも安心だね!

 

【番外編】モバイル回線以外のインターネット回線も検討してみよう

インターネットを使うには、モバイル回線以外にも以下のような選択肢があります。

 

  • 光回線
  • ホームルーター
  • テザリング

 

最後に、それぞれの特徴をとおすすめのサービスを紹介していきます。
ポケットWiFi以外を検討している人はぜひ参考にしましょう。

速度を重視するなら「光回線」がおすすめ

光回線とは、光ファイバーのケーブルを使ってインターネットの通信を行う方法です。

光回線は、ポケットWiFiと比べると通信速度が速く、安定しています
ポケットWiFiでは一般的な速度制限もないため、ストレスなくインターネットを使えます。

ただし注意したいのが、光回線の利用には開通の工事をしなくてはいけません
申し込んでからインターネットの利用までは1ヶ月ほどかかるため、インターネットの利用を急いでいない人に向いている手段といえるでしょう。

 

【光回線が向いている人】

  • 安定したインターネット回線がほしい人
  • 速度制限を気にせず利用したい人
  • インターネットの利用開始に時間の余裕がある人

 

さらに多くの光回線はスマホとのセット割が利用できるので、ポケットWiFiと比べると、携帯電話の金額がお得になります。
なお、セット割が利用できるのは大手携帯電話キャリアに限られます。
格安SIMを利用している人は、光回線の速さや金額で選ぶとよいでしょう。

 

【おすすめの光回線】

 

    • ソフトバンクユーザー:NURO光

(NURO光がエリア外の場合)ソフトバンク光

    • ドコモユーザー:ドコモ光
    • auユーザー:auひかり

(auひかりがエリア外の場合)So-net光プラス

    • 格安SIMユーザー:NURO光

(NURO光がエリア外の場合)auひかり
(NURO光が・auひかりがエリア外の場合)So-net光プラス

 

 

そもそも光回線の仕組みが分からない人は、そもそも光回線ってなに?をご覧ください。

 

自宅メインなら「ホームルーター」もおすすめ

ホームルーターとは、自宅のコンセントにつないでインターネットの通信を行う方法です。
光回線と違い、開通の工事をする必要がないため、申し込みから数日でインターネットが利用できます。

ポケットWiFiと同じく無線通信のホームルーターは、光回線に比べると通信速度は遅くなります。
通信速度の制限があるホームルーターもあるので、大容量のデータ通信が必要な人は注意が必要でしょう。

 

【ホームルーターが向いている人】

  • インターネットをすぐに利用したい人
  • 開通工事が面倒な人
  • 大容量のデータ通信を使わない人

 

ポケットWiFiと比べると、ホームルーターは電波が強く同時に接続できる端末の数も多くなります。
外出先であまり使用せず、家の固定回線として家族みんなで使いたい人はホームルーターがおすすめです。

また、ポケットWiFiでご紹介した「WiMAX」には、ホームルーターもあります。
キャンペーンや特徴はポケットWiFiと同様なので、キャッシュバックキャンペーンがある「GMOとくとくBB WiMAX」がとくにおすすめです。

 

 

使用頻度が低いなら「テザリング」も検討してみよう

テザリングとは、パソコンやタブレット、スマートフォンを使ってインターネットにつなげる方法です。

普段使っている端末を利用するので、特別に機材を用意する必要はないですが、速度が遅く通常のインターネット通信として利用するにはおすすめできません。
ポケットWiFiが速度制限になった場合や、バッテリー切れなどで使えない緊急時にのみ使える方法として覚えておくとよいでしょう。

 

まとめ

ポケットWiFiは外出先で、快適なネット環境を手に入れられます。
Ex Wi-Fiは、国内の広いエリアと134ヶ国で使える、クラウドSIMを搭載したポケットWiFiだということがわかりました。
そんなEx Wi-Fiは最大50GBのデータ容量が月2,948円と、ほかのポケットWiFiよりも安く使えるのが魅力のひとつでしょう。
月額料金もずっと変わらないので安心ですね。

しかし、Ex Wi-Fiにはキャッシュバックなどのキャンペーンがなく、契約期間が3年と長いという注意点もあります。
乗り換え違約金をキャッシュバックでまかないたい人や、長く使うつもりがない人にはおすすめできません。
1ヶ月50GBを超えた場合は速度制限がかかり、速度最大384kbpsになることにも注意が必要です。

50GBまでのデータをできるだけ安く使いたい人にはおすすめのEx Wi-Fiです。
しかし、50GB以上のデータを使いたい人や、3年も使わないという人にはほかのポケットWiFiをおすすめします。
さらに、ポケットWiFi以外に使えるインターネット回線もあるので、ぜひ検討してみましょう。