ファッション
2016/1/26 20:30

初代モデルに宿るセイコーの理念 国産初の自動巻腕時計「オートマチック」誕生60周年記念モデル

日本の歴史ある時計ブランド「セイコー」より、「オートマチック」シリーズの誕生60周年を記念した「プレザージュ セイコー自動巻腕時計60周年記念限定モデル」が発売されました。

gnw160108_04_01

 

セイコーの歴史を随所に感じられる記念モデル

「オートマチック」シリーズは、1956年の1月にセイコーが日本初の自動巻モデルとして発売した時計で、創業者の「常に時代の一歩先を行く」という理念を表現したその姿は、最新技術を求める人々の間で注目の的となっていきました。

gnw160108_04_02
↑「オートマチック」初代モデル

今回の限定モデルでは初代モデルへのオマージュを込めた「蛇Sマーク」のりゅうずを採用。このモデルがセイコーの歴史を表した特別な一本だという事を証明しています。

gnw160108_04_03

裏蓋部分にはシリアルナンバーが印されており、人気のスケルトン素材を使用したことで、普段見えない部分にも高級感が漂う造りとなっています。

gnw160108_04_-4

 

初代モデルの特長と最新技術が融合

gnw160108_04_05

他にもこのモデルでは新開発の「セミグロス仕上げ」のインデックスが使われており、「オートマチック」へのオマージュだけではなく、最新技術も兼ね備えた“ハイブリッドなモデル”であることも感じさせます。ピンクゴールドのバーと装飾されたアラビア文字の組み合わせも新鮮で、飽きの来ないような仕上がりも魅力の一つと言えるでしょう。

 

この「プレザージュ セイコー自動巻腕時計60周年記念限定モデル」には専用のケースと黒色のホースレザーの替えバンドが付属するので、コレクションと普段使いのどちらにも適しています。

gnw160108_04_06

販売本数は1956本限定となっているので、セイコーのファンの方にはぜひチェックしていただきたい一本です。

製品名「プレザージュ セイコー自動巻腕時計60周年記念限定モデル」(SARX031)

価格 8万円(税別)

発売中

TAG
SHARE ON