ファッション
2021/4/2 19:15

40周年を迎えたアウトドアブランド「メレル」。その原点から現在までを直撃!

アメリカ発のアウトドアブランド「MERRELL(メレル)」は、大自然の中から都市生活までサポートするフットウェアを軸に展開し、世界中で愛され続けて、今年40周年の節目を迎えました。そこで今回は、PRを担当している田中さんを訪ね、ブランドの設立から現在までのストーリーを伺いつつ、メレルが目指す次なるステップについてお話いただくことに。ロングセラーの名作モデルや気鋭のニューモデルは履き心地がいいと好評ですが、その理由を探ってみようと思います。

↑丸紅フットウェア ブランドマーケティング事業部 マーケティング課 PR  田中祐介さん。 16年間シューズ業界に身を置き、現在は「メレル」のPRを担当。昨年ローンチされたアパレルのライン「メレル ジャパン カプセル」にも携わる

 

オーダーメイドブーツがすべてのきっかけ

ーーメレルブランドが今年で40周年を迎えたということは、ブランド設立は1981年ですね。

 

田中 はい。アメリカ・ユタ州バーナルという、アウトドアが身近にある地域で育った創業者ランディ・メレルは、カウボーイブーツをハンドメイドで製作していました。70年代からオーダーメイドのハイキングブーツを作るようになり、口コミで大人気に。それは、当時としても大変高価な1足500ドルで、完成まで約半年待ち。それでもオーダーが絶えなかったのは、ランディ・メレルが作るブーツが足にフィットする抜群の履き心地だったからです。当時のハイキングブーツは、メンズのラスト(木型)をレディースと兼用していたり、靴底が硬かったりして、足に合わず疲れやすいなど現代と比べて「履き心地」における課題が多かったので、メレルの作るオーダーメイドのブーツは画期的で話題になったんですよ。1981年には、アウトドア好きから絶大な支持を得ていたアメリカの雑誌「バッグパッカーマガジン」で、“北米で最も機能的で快適な靴”と特集されるほどでした。

 

ーーそれでブランドとしてメレルが始動したわけですか?

 

田中 いえ、ランディ・メレルの元に、とある2人が加わりメレルが始動します。その2人とは、スキーブランドに勤めていたクラーク・マティスとジョン・シュバイツァー。彼らは独立してアウトドアブーツを製作しようとしていたのです。そんな時、ランディ・メレルが作るブーツの噂を耳にし、2人からアプローチをして、「メレル ブーツ カンパニー」を一緒に設立しました。それが1981年で、ブランドの始まりでした。2人の商才が加わり、それまでランディ・メレルが手作業で作っていたブーツの量産化に成功していきます。

 

ーーなるほど。その後は、どのようにブランドが成長していったんですか?

 

田中 1983年に、現在も人気のモデル「ウィルダネス」が誕生し、85年にハイキングブーツの「イーグル」、88年にロッククライミングシューズの「フラッシュダンス」を発表して、さまざまなカテゴリーのフットウェアを世に送り出しました。そして1997年に、10以上のブランドを擁する老舗のグローバルシューズカンパニーのウルヴァリン・ワールドワイド社(WWW社)の傘下に加入したのです。それが大きな転換点となりました。

↑メレルの歴史を感じ取れる90年代のブランドカタログ

 

ーー大きな転換点とは、どのような動きがあったのですか?

 

田中 一番大きな出来事としては、98年に、今も人気の「ジャングル モック」が誕生したことです。しかし、その誕生は偶然の産物といえるものでした。

↑今年の2月に登場した「ジャングル モック エコ」。「ジャングル モック」にサステナブルな素材を採用しています

 

ーーあの「ジャングル モック」が偶然の産物だったなんて意外ですね。

 

田中 当時WWW社で、新製品の開発に向けたミーティングが行われている最中に停電が起きたんですよ。でも、復旧に時間が掛かっても、薄暗がりのなかで話し合いを続けたそうです。そんななか、メレルのマルチアウトドアシューズ 「45ディグリー ジャングル ランナー」(※) の話題に差し掛かったところで、デスクの上にあったWWW社の他ブランドのレザースリッポンを偶然手に取ったのをきっかけに、「このアッパーとジャングルランナーのアウトソールを組み合わせたら……」というアイデアが生まれ、「ジャングル モック」が誕生したんです。

※:45ディグリーとは、山の傾斜45度にも対応するという意味

↑過去のカタログページ。45ディグリーマルチスポーツシリーズが載っています

 

ーーそこからメレルをモックシューズの先駆者に成り上げた「アフタースポーツシューズ」という概念が確立し、後にタウンユースでも使われるようになっていったのですね。

 

田中 ライフスタイルシューズとして受け入れられたのは、当時のトレンドと生活者によって確立された、という側面もあると思います。90年代半ば、スポーツメーカーによるアウトドアラインなども人気で、中でもタウンファッションにアウトドアアイテムを取り入れるのがトレンドでした。そのような潮流に背中を押されて、「ジャングル モック」にも注目が集まるようになったのです。ブランドとしては「アフタースポーツシューズ」として「ジャングル モック」を売り出しましたが、その唯一無二の履き心地や信頼性の高いアウトドアスペックが、街でもアウトドアフィールドでも活用できると認められ、メレルはアウトドアとタウンの両軸を担うブランドポジションを確立していったのです。

 

ーー「ジャングル モック」はロングセラーが納得できる履き心地です。

 

田中 ジャングル モックはどんなシチュエーションで履いても不安がありません。様々な観点から「コンフォート」が成立している一足だからこそ、ロングセラーになったと思います。

↑上質なフルグレインレザーとデコラティブステッチでクラフト感溢れるデザインに仕上げた「ジャングル モック クラフト」。3月初旬発売

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON