ファッション
2016/10/22 21:00

“デサント=スポーツ”はもう古い? デサントオルテラインはその図式を覆した革命的ブランドだ!

野球やスキー用品などの本格派スポーツメーカーとして知られるデサントが、これまでに培ったスポーツウエア作りの技術やノウハウを生かした新たなスポーツウェアコレクション「デサントオルテライン」。

 

以前にもワタクシ本間がポーターとのコラボバッグを紹介しましたが、いずれもビックリするほどの高い機能性を搭載していたことをハッキリと記憶しています。そんな「デサントオルテライン」の新作が揃う「デサント ブラン 丸の内」がオープンしたとのことで、早速行って参りました!

 

まずは簡単にですが、「デサントブラン」と「デサントオルテライン」について説明しておきましょう。今回お邪魔したデサントブランは、デサントブランドの新業態。これまで代官山、福岡、大阪の3店舗を展開しており、今回オープンした新丸ビルの丸の内店は4つめの店舗にあたります。

 

20161022-a06 (9)

同店では、「デサントオルテライン」の商品を中心とした、ランニングウェアやベーシックなライフスタイルウェアを展開。スポーツブランドによる、心地よい日常を提案しています。デサントブランの中心的なアイテムが「デサントオルテライン」ということですね。

 

そんな中、デサントブランの運営を担当する上山晋史さんと、「デサントオルテライン」の商品企画を担当する杉浦 剛さんにお会いできたので、デサントブランドのことを色々と聞いてきました!

 

 

トレンドを追いかけずに独自の機能性を追求!

ーーデサントブランをスタートしてから1年ほどですが、これまでの感触や今後の新事業の方向性についてはいかがですか?

上山さん 売り上げに関してはほぼ予定通りにきています。今後も弊社のプロダクトを多くの方に知っていただきたいので、今回は都市型商業施設への出店にチャレンジしました。この先、新丸ビルをはじめとした都市型商業施設は増えていく一方だと思います。ですので、ビジネスモデルを試す意味でも丸の内店の今後がひとつの指標となってくるでしょう。

 

ーーデサントのイメージを覆すような洗練されたデザインが魅力の「デサントオルテライン」ですが、そのデザインの元とは? ひょっとして仕掛人がいるとか?

上山さん きっかけは2008年に販売を開始した、バンクーバーオリンピック(2010年)のデレゲーションウェアとしての開発品「水沢ダウン」です。 長年スキーの競技者に向けた機能性の高いウエア作りを行って来たデサントが持つ日本の自社工場に目を付けたデザイナーが、「防水性」「耐水性」といったこれまでとは全く異なるアプローチでダウンジャケットを開発。そしてこの「水沢ダウン」という製品がきっかけでオルテラインというコレクションが誕生したのです。

 

ーー「デサントオルテライン」は優れた機能性とデザインを徹底して追求したプロダクトばかり。ゆえにプライスも高めですが、どういったユーザー層から支持されていると感じていますか?

上山さん 感覚的には30代~40代のこだわりを持った男性層から支持されているような印象です。また、近年増加傾向にある海外からの旅行者にもご購入いただいています。このような旅行者たちは所得層が高い傾向にあるので、まとめ買いしていくこともあります。

 

↑リテール部 部長・上山晋史さん
↑リテール部 部長・上山晋史さん

 

ーー「デサントオルテライン」のアイテムはどのようなコンセプトで誕生しているのでしょうか?

杉浦さん ローンチ以降アイテムの数はどんどん増えていますが、デザインの方向性は崩さずに一貫してシンプルな表現を提案しています。デサントオルテラインが掲げる大きなテーマは「タイムレス」「シーンレス」「エイジレス」の3つです。特定のユーザーに向けたものでもなく、年齢を選ばないものを提案しているため、トレンドを追いかけたりもしていません。

 

ーー「デサントオルテライン」のプロダクトで驚かされるのは、ワンタッチで着脱ができるマグネット式のバックルなど、他では見られないでディテールの数々。そのアイデアはどこから生まれているのですか?

杉浦さん 「デサントオルテライン」のデザインは、設計の試行錯誤の中で生地や縫製、使用するパーツなどを含めて実用的な機能だけを選び抜き、装飾としてのデザインを排除しています。最少の設計で最大の機能を生むことをコンセプトにしているため、すべてのデザインに意味があります。ですので、一見シンプルに見えますがディテールにはとてもこだわっています。

↑いとも簡単に着脱が可能なマグネット式のバックル
↑いとも簡単に着脱が可能なマグネット式のバックル

 

ーー「デサントオルテライン」で見逃せないのはポーターとのコラボレーションだと思っています。今後も他のブランドとのコラボレーションは予定されているのでしょうか?

杉浦さん 良いマッチングがあれば、ぜひともチャレンジしたいですね。大事なことは相手のブランドと「デサントオルテライン」の意思の一致です。お互いの意思が一致しないと、良い商品はできないと思いますので、そこが確立できるブランドやメーカーがあれば実現できるでしょう。

 

 

店内には「デサントオルテライン」の新作がズラリ!

20161022-a06 (3)

DESCENTE ALLTERRAIN×PORTER

MESSENGER BAG

6万8040円

 

20161022-a06 (4)

DESCENTE ALLTERRAIN

MIZUSAWA DOWN JACKET “Shuttle”

9万5040円

 

20161022-a06 (5)

DESCENTE ALLTERRAIN

H.C.S. L/S SHIRT

3万240円

 

20161022-a06 (6)

inov-8

ROCLITE 295 UNI

1万4500円

 

20161022-a06 (7)

DESCENTE BLANC 丸の内

住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル4F

営業時間:平日・土曜日 11:00~21:00、日曜・祝日 11:00~20:00

定休日:なし(元旦は除く)

 

革新的な技術や機能を提案している「デサントオルテライン」。まさにチャレンジし続けるブランドな訳ですね。そのプロダクトが多数ラインナップする直営ショップ「デサントブラン」。まずは店頭で、「デサント オルテライン」のタフさや洗練されたデザインを実感してみてはいかがでしょうか。

TAG
SHARE ON