ヘルスケア
2017/3/14 14:10

本当に花粉の漏れ込みが防げるマスクはどれ? マスク研究家・飯田裕貴子さんお墨付きの「隙なしマスク」7点

花粉症の人にとって最も身近で、かつ不可欠な対策グッズといえば、やはりマスク。できれば、本当に花粉が隙間から入ってこないマスクを使いたいもの。

 

そこで、マスク研究家・飯田裕貴子さんが現在認めている「隙なしマスク」を7点紹介。漏れが確認されなかった市販のもの4点と、飯田さんオススメのもの3点ピックアップしました。

 

【その1】白元アース「快適ガードプロ プリーツタイプ」実売価格328円(5枚入り)

20170219_blnak4_7
↑上からの漏れが防げるノーズクッション付き

 

20170219_blnak4_8

 

0.1umの微粒子・花粉・ウイルス飛沫を99%カットするフィルターを採用。縦横クロスプリーツで顎のフィット感も高いです。「ノーズクッションが漏れ防止に効果的です」(飯田さん)

 

20170219_blnak4_9
↑メガネが曇らないのは空気が漏れないから。高さのあるノーズクッションで呼吸もラクです

 

【その2】玉川衛材「フィッティ 吸着分解マスク スーパーフィット」594円(5枚入り)

20170219_blnak4_10
↑高密着シールドと高性能フィルターを兼備

 

20170219_blnak4_11

 

空気中の有害物質を従来の光触媒より高い吸着力で捕らえ、太陽光によって二酸化炭素と水に分解する特殊素材をフィルターに活用。「顔側の密着性が高いマスクです」(飯田さん)

 

20170219_blnak4_12
↑顔側に「フィッティシールド」という伸縮素材の返しを採用。隙間を作りにくい工夫です

 

【その3】興和「三次元マスク ホワイト」実売価格427円(7枚入り)

20170219_blnak4_13
↑口元の空間を保持する独自形状を採用

 

20170219_blnak4_14

 

ダブル捕集フィルター+銀系抗菌フィルターの高機能5層構造を採用。形状保持ノーズフィッターで密着感も良好です。「サイドのプリーツの綴じ方まで工夫されています」(飯田さん)

 

20170219_blnak4_15
↑サイドフィットフォルムが口元の空間をキープ。息苦しさやほおの隙間を低減します

 

【その4】玉川衛材「フィッティ シルキータッチモア」540円(7枚入り)

20170219_blnak4_16
↑肌触りのよい不織布と立体プリーツ加工を採用

 

20170219_blnak4_18

 

外側と口元側に肌触りのよい不織布を使い、三層式フィルターで花粉をしっかりガード。「ノーズフィッターと両サイドの加工により、顔のラインにフィットします」(飯田さん)

 

20170219_blnak4_19
↑カーブ状に綴じられたマスクの両サイドが顔のラインにフィット。漏れ込みを防止します

 

【その5】興研「ハイラックNeo」454円(1枚入り)

20170219_blnak4_20
↑感染のプロが求める機能を一般向けに!

 

20170219_blnak4_21

 

口元がフィルター部分に当たらないカップ型が特徴。「医療・産業分野の最前線で使用されるプロ向けマスクの姉妹品で、隙間をなくす技術が詰め込まれています」(飯田さん)

 

20170219_blnak4_22
↑独特のカーブ形状が様々な人にフィット。呼吸もしやすいです。紐の長さ調節も容易に可能

 

【その6】シゲマツ「Newクリーンメイト Fine Fit Plus(ファイン・フィット・プラス)」680円(1個入り)

20170219_blnak4_23
↑接顔布とインナーフレームでマスクのズレを防止

 

20170219_blnak4_25

 

接顔布、インナーフレーム、フィルターの三体構造が特徴。付属のフックでサイズの微調整も可能です。「会話中でも接顔布が隙間をカバーし、花粉の漏れ込みが防げます」(飯田さん)

 

20170219_blnak4_24
↑インナーフレームはアゴまで届くサイズです。プリーツフィルターだけを交換できて経済的

 

【その7】3M「Vフレックス 防じんマスク DS2 レギュラーサイズ」実売価格2246円(20枚入り)

20170219_blnak4_26
↑粉じんから作業者を守るための本格派

 

耳にかけず、頭頂部で固定するタイプの防じんマスク。折りたたみ式で保管しやすく、独自形状で息苦しさを解消しました。「国家検定区分2に合格した、本格的なマスクです」(飯田さん)

 

20170219_blnak4_27
↑高い密着性で漏れ込みをガード。粒子補修効率95%の性能を生かせる構造となっています

 

上記7点が、飯田さんの研究で隙間が確認されなかったマスクです! いまのマスクになんとなく不満がある人はぜひプロお墨付きマスクを試してみてください。

 

【解説してくれた人】

労働科学研究所 研究員 飯田裕貴子さん

産業用から市販品まで幅広くマスクの性能を研究。一方で、正しいマスク着用の重要性を伝える啓蒙活動なども行っています。

TAG
SHARE ON