ヘルスケア
体重計・体組成計・活動量計
2021/8/23 14:58

睡眠時の無呼吸状態を可視化、山善の1万円台スマートウォッチ「CHRONOWEAR 2 QSW-02H(SG)」が発売

山善は8月23日、AV機器・デジタル家電のオリジナルブランド「Qriom」から、スマートウォッチ「CHRONOWEAR 2 QSW-02H(SG)」を発表。8月下旬から、インターネット通販「くらしのeショップ」で発売するほか、全国のホームセンターや家電量販店で順次発売します。くらしのeショップでの価格は、1万6280円(税込)です。

 

CHRONOWEAR 2 QSW-02H(SG)は、今年6月に発売したばかりの「CHRONOWEAR Lite QSW-01L(B)」に新機能を搭載したモデル。新たに血中酸素測定機能を追加し、0時から7時までの時間帯の睡眠時に、無呼吸状態が続くことによる低酸素状態を検出します。血中酸素濃度が90%を下回る値を検出した場合は、本体画面にアラートを表示するほか、スマホアプリ「WearLog+」にも記録。睡眠の質を可視化できるとしています。

 

↑スマホアプリの画面

 

また、睡眠時の心拍数の推移を記録できるほか、手首上面の体表温度の変化を定期的に測定。体調の変化に気づきやすくなり、健康を細かくケアできるといいます。

 

本体のベルトは、ナチュラルカラーの風合いを持たせた合成皮革のポリウレタンベルトと、汗が気になりにくいシリコンベルトが付属。簡単に付け替え可能としています。また、本体デザインはスーツにもなじむよう、本体ケースや文字盤外枠のベゼルにメタルを採用しています。

 

画面サイズは1.32インチで、解像度は360×360ドット。ケースのサイズは縦53×横47×奥行き16.3mmで、重量はベルト含めて約50gです。このほかスペックは、連続動作時間が約10日、充電が約3時間、防塵防水がIP68等級に準拠となっています。

 

なお、WearLog+のアップデートも発表。「Appleヘルスケア」に加え、「Google Fit」や「Fitbit」とも連携が可能になります。このアップデートは8月下旬予定とのこと。

TAG
SHARE ON