家電
炊飯器
2018/11/22 18:00

「大阪=粉もん」を覆せるか? 高級炊飯ジャー29台がフル稼働の「象印食堂」訪問記

象印マホービンは10月17日、大阪の難波に誕生した商業施設「なんばスカイオ」(南海電鉄難波駅直結)に和食レストラン「象印食堂」をオープンしました。

これまで、期間限定のアンテナショップは過去2年にわたり実施してきましたが、常設の食堂を出店するのはこれが初めてです。

 

象印の最高級ジャーで炊いたごはんを提供する常設の食堂

象印食堂はスカイオの6階にオープンしました。同フロアは「カラダのデザインサイト ヘルシー・ラボ」のコンセプトのもとに、美容・健康関連の商品を扱うショップが入居しています。そこで「象印食堂」は、料理家の吉田麻子さん監修のもと、「和」をテーマにしたバランスの良い家庭料理を提供するものです。

提供するごはんはもちろん、同社の最高級IH炊飯ジャー「炎舞炊き」(NW-KAシリーズ ※5.5合炊きNW-KA10は実売価格9万9380円、一升炊きNW-KA18は実売価格10万9900円)で炊いたもの。一升炊きモデル29台を同時に炊ける環境を作り、ランチの混雑時でも、常においしいごはんを提供できるようにしています。

↑ランチ時には「炎舞炊き」一升炊きモデルが29台フル稼働します

 

↑店舗入口には象印の製品を展示

 

↑座席数は59席
  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON