家電
2018/12/19 10:00

やっぱ強ぇ…TOP3を海外2ブランドが占拠! 「家電大賞2018」中間結果はこうなった

トレンド情報誌「GetNavi」と白物家電専門ニュースサイト「家電Watch」による年に1度の家電アワード「家電大賞」が今年も開催! 全13部門、98アイテムのなかから「2018年のベスト家電=大賞」とそれぞれの部門賞を選出します。選出方法はみなさまの投票のみ! 専門家や編集部の票は一切なく、読者が考えるベストなものを決めましょう、という趣旨になっています。

家電大賞ノミネート全98アイテムを紹介した記事はコチラ

 

 

11月22日の投票開始から1か月弱が経過した中間結果は…?

同アワードは、すでに11月22日より投票がスタート。結果発表は2019年3月に行います。今回は、投票から約1か月が経過した現在の部門賞の中間結果を、以下で発表していきます! (投票の締め切りは2019年1月7日)。現時点で有利な位置につけたのは、果たしてどのモデルだったのでしょうか?

 

◎「家電大賞2018」中間発表(2018年12月17日現在)

現時点で家電大賞(総合グランプリ)には、上位3位のなかにダイソン製品が2つもランクインしています。第1位は、ダイソン「Dyson Pure Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター」。送風、温風、空気清浄の3Wayで使える利便性・収納性の高さ、フィルター性能の高さが評価されている模様。

 

第2位には、従来の売れ筋モデルの機能を備えつつ、価格が下がったロボット掃除機、アイロボット「ルンバ e5」。

 

第3位には、モーター性能の進化と風路の直線化で吸引力がアップしたコードレスクリーナー、ダイソン「Dyson Cyclone V10」。このように、いずれも人気シリーズのブラッシュアップ版がランクインしています。しかも、すべて海外ブランド……日本メーカー、頑張れ!!

 

【家電大賞(総合グランプリ)】

第1位 

ダイソン「Dyson Pure Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター」

空気清浄・温風・涼風の3Way。空気中の微粒子や有害ガスなどを検知してLCDディスプレイで見える化。

 

第2位 

アイロボット「ルンバ e5」

ルンバ史上最高の価格性能バランスを誇る機種。充電1回で最大90分稼働でき、スマホ操作にも対応。

 

第3位 

ダイソン「Dyson Cyclone V10」

モーター性能の進化と風路の直線化で吸引力が向上。クリアビンの改良により、衛生的なゴミ捨てが可能になった。

 

各部門の中間発表は以下の通り。

【冷蔵庫部門】

第1位 パナソニック「パーシャル搭載冷蔵庫 WPXタイプ NR-F604WPX」
第2位 日立「真空チルド HWシリーズ R-HW60J」
第3位 シャープ「プラズマクラスター冷蔵庫 メガフリーザー SJ-GX55E」

 

【洗濯機部門】

第1位 パナソニック「ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX9900」
第2位 シャープ「プラズマクラスター洗濯乾燥機 ES-W111」
第3位 日立「ヒートリサイクル風アイロン ビッグドラム BD-NX120C」

 

【エアコン部門】

第1位 ダイキン「うるさら7 Rシリーズ」
第2位 三菱電機「霧ヶ峰 FZシリーズ」
第3位 シャープ「プラズマクラスターエアコン Xシリーズ」

冷蔵庫・洗濯機・エアコン部門のノミネートモデル紹介記事はコチラ

 

【空気清浄機部門】

第1位 シャープ「プラズマクラスター加湿空気清浄機 KI-JP100」
第2位 パナソニック「空間除菌脱臭機 ジアイーノ F-MV1000」
第3位 ダイキン「加湿ストリーマ空気清浄機 MCK70V」

 

【扇風機&暖房機部門】

第1位 ダイソン「Dyson Pure Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター」
第2位 デロンギ「空気清浄機能付きファン HFX85W14C」
第3位 アラジン「遠赤グラファイトヒーター CAH-2G10A」

 

【照明部門】

第1位 シャープ「天井空清 FP-AT3(シーリングライト一体型空気清浄機)」
第2位 パナソニック「AIR PANEL LED THE SOUND」
第3位 バルミューダ「BALMUDA The Light」

空気清浄機部門・扇風機&暖房機部門・照明部門のノミネートモデル紹介記事はコチラ

 

掃除機部門

第1位 ダイソン「Dyson Cyclone V10」
第2位 パナソニック「パワーコードレス MC-SBU820J」
第3位 シャーク「EVOFLEX S30」

 

ロボット掃除機部門

第1位 アイロボット「ルンバ e5」
第2位 パナソニック「ルーロ MC-RS810」
第3位 シャーク「EVOROBOT R72」

 

【炊飯器部門】

第1位 ZOJIRUSHI「圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-KA10」
第2位 長谷園×siroca「かまどさん電気」
第3位 タイガー魔法瓶「土鍋圧力IH炊飯ジャー<炊きたて> JPH-A101」

掃除機部門・ロボット掃除機部門・炊飯器部門のノミネートモデル紹介記事はコチラ

 

オーブンレンジ・トースター部門

第1位 シャープ「ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XW500」
第2位 パナソニック「スチームオーブン 3つ星ビストロ NE-BS1500」
第3位 東芝「石窯ドーム ER-SD7000」

 

【キッチン家電部門】

第1位 パナソニック「IHデイリーホットプレート KZ-CX1」
第2位 パナソニック「卓上食器洗い乾燥機 NP-TZ100」
第3位 デロンギ「マルチグリル BBQ & コンタクトグリルプレート CGH1011DJ」

オーブンレンジ・トースター部門・キッチン家電部門のノミネートモデル紹介記事はコチラ

 

【衣類ケア部門】

第1位 パナソニック「脱臭ハンガー MS-DH210」
第2位 東芝「コードレス衣類スチーマー TAS-X4」
第3位 LGエレクトロニクス「LGスタイラー ミラーモデル S3MF」

 

【ボディケア部門】

第1位 パナソニック「ラムダッシュ ES-LV9DX」
第2位 シャープ「プラズマクラスタースカルプエステEX IB-JZ5K」
第3位 ダイソン「Dyson Airwrap スタイラー」

衣類ケア部門・ボディケア部門のノミネートモデル紹介記事はコチラ

 

暫定結果ながら、グランプリ以外の各部門ではパナソニックが5部門、シャープが3部門でトップに立ってアワードをリード。ダイキンのエアコンや、ZOJIRUSHIの炊飯器などのように先進的な制御技術により、快適さ・おいしさを追求した製品のほか、ダイソンの空気清浄ファンヒーターやパナソニックのIHデイリーホットプレートのようにデザイン性が磨かれた製品にも多くの票が集まっています。

 

投票はまだまだ行えます(投票締め切りは2019年1月7日23:59まで)。投票いただいた方には、抽選でロボット掃除機やスティッククリーナー、炊飯器やコーヒーメーカーなどが当たりますので、ぜひご応募ください!

↓豪華賞品が当たる家電大賞2018への応募はこちら!

最終結果は、3月に発表します。いったいどのモデルが大賞に輝くのか? みなさんも予想&投票しつつ、その結果を楽しみにお待ちください!

TAG
SHARE ON