家電
美容家電
2018/12/27 18:00

「髪を巻く=傷める」常識を破壊! 6万円の「Dyson Airwrap スタイラー」自宅レビューで知る存在意義

2016年、圧倒的に大風量のヘアードライヤー「Dyson Supersonic Ionic(ダイソン スーパーソニック イオニック)」(以下、スーパーソニック)を発売し、世間を驚かせたダイソンが、またまた衝撃のヘアケア家電を発売しました。髪を傷めず、ヘアスタイリングができる「Dyson Airwrap スタイラー(ダイソン エアラップ スタイラー)」(以下、エアラップ)です。今回は、それを自宅で実際に使ってみた使用感をレポートいたします。

↑ダイソンから登場した「Dyson Airwrap スタイラー」

 

「コアンダ効果」でカーラーに髪が勝手に巻き付く!

筆者は、発表会でエアラップの機能を目の当たりにし、「おぉ~……」と思わず感嘆の声を漏らしてしまいました。何が衝撃だったかというと、本体に装着したカーラーを髪に近づけると、髪が勝手に吸い付き、そのまま巻きついていったこと。本体はまったく回していません。そして数十秒間風を当てて外してみると、見事なカールが! そのデモンストレーションの様子は、以下の動画でご覧ください。

本体に搭載されているのは、スーパーソニックに採用されているのと同じ、小型でパワフルな「ダイソン デジタルモーター V9」。大風量の風を生み出すとともに、毎秒40回以上、温度を測定して制御する「インテリジェント ・ヒートコントロール機能」が搭載されている点は、スーパーソニックと同様です。

 

そのほか、ダイソンが着目したのが「コアンダ効果」。コアンダ効果は空気力学における現象です。空気は適切な速度と圧力で送り出されると、隣接面に沿って自然に流れ、周りの空気を引き寄せます。この現象を利用し、商品化したのが本機というわけです。

↑実は緻密に計算されているというカーラーの内部。コアンダ効果に適した構造になっています

 

エアラップの意義は、単に勝手に髪が巻きつくことではありません。重要なのは、ヘアアイロンのように過度の熱を使わず、髪を傷めない温度の温風でカールヘアが作れること。ただし髪は、濡れているほうがクセ付けしやすいので、使用時は、洗った髪を8割程度乾かすか、乾いた髪であればスプレーして濡らしておくのがベター。そこから髪をクセ付けしながら乾燥させ、仕上げに冷風で固めれば、スタイリングを長時間キープできます。

Dyson Airwrap スタイラーの最新価格は以下をクリック!

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON