家電
2019/1/31 18:00

【2019年版】シャープの空気清浄機、どれを買うべき? プロが教えるオススメ3機とその「違い」

花粉や⻩砂が増える季節を前に、空気清浄機の導⼊を考えている⼈が多いのでは?  ただ、たくさんのモデルがあるけれど、どれを選べばいいのかわからない……。そんな⼈のために、今回はプラズマクラスターで知られる、シャープの⼈気製品をご紹介。家電のプロ・⼾井⽥園⼦さんにお願いし、3つの価格帯ごとにオススメの3モデルを選んでもらいました。各モデルは、機能の有無を表組みで徹底的に⽐較しています。最上位モデルでなくとも、価格を抑えた必要⼗分なモデルを購⼊する⼿もアリ。ぜひ参考にしてみてください!

 

教えてくれるのはこの人!

家電コーディネーター

戸井田園子さん

20170629reese_1-3

雑誌やテレビなど、数多くのメディアにひっぱりだこの家電専門家。ユーザー目線に立ったわかりやすい解説で、読者の厚い信頼を受けています。

 

【シャープの空気清浄機の特徴とは?】

プラズマクラスターで空気をキレイに!

「シャープといえばやっぱり(空気浄化技術)のプラズマクラスター! 全機種に搭載されており、プラズマクラスターは、イオン濃度の高い順に『NEXT』『25000』『7000』があり、グレードによって搭載されるものが違います。プラズマクラスターの効果は、浮遊カビ菌の除菌、浮遊ウィルス・アレル物質の抑制、付着ニオイ原因菌の除菌……など多彩。静電気の除去、肌にツヤを与える保湿効果なども期待できます。

 

背面から空気を吸引するのもシャープ独自の設計。そのため壁面から少し離して置く必要があります。また、シャープはインターネットとAI(人工知能)を融合させた『AIoT』も推進していて、上位機種ではアプリと連動して遠隔操作ができたり、AIが学習して運転を最適化したり、空気の汚れを見える化したり……と、クラウドサービス(『COCORO AIR』)も充実しています。

 

加湿の給水タンクは、全機種『Ag+イオンカートリッジ』で、タンクやトレーのぬめり、ニオイの原因となる水中の菌を抑制するので安心。広口キャップ採用で、タンク内に手を入れて洗いやすい設計です。

 

加湿空気清浄機は、4グレード・6モデル。加湿なしの空気清浄機は、1グレード・2モデルに加え、蚊取り機能付き空気清浄機、LEDシーリングライト一体型空気清浄機があります。そのほかに除湿機能搭載の複合機が1モデルとラインナップは豊富。目的や部屋の大きさに合わせて選べるのもポイントです」(戸井田さん)

 

【シャープのオススメその1 ハイエンドモデル】

イオン濃度を高めた「プラズマクラスターNEXT」搭載

加湿空気清浄機 KI-JP100

実売価格10万6980円

5万個/c㎥までイオン濃度を高めた「プラズマクラスターNEXT」を搭載したプレミアムモデル。「3方向気流制御ルーバー」で、広範囲にプラズマクラスターイオンを届けます。「ワイドスピード循環気流」で、遠くのホコリもしっかり集じんできるのも特徴。静電HEPAフィルターは、0.3µmの微小な粒子を99.97%以上集じん。ニオイの元となるさまざまな悪臭成分を分解・脱臭し、有害ガスも低減する「ガスもと~る脱臭フィルター」も搭載しています。「自動掃除パワーユニット」が本体背面のプレフィルターを定期的に掃除してくれるので、1年間掃除なしでも集じん性能が約99%持続します。

KI-JP100 戸井田さんのレコメンド

プラズマクラスターの効果が強く、ペットユーザーにもうれしい!

「プラズマクラスターNEXTはプラズマクラスター7000に比べ、静電気を抑えるスピードは約9倍、タバコの付着臭分解は約3倍とプラズマクラスターの効果が高い。ストレスがたまりにくい効果も期待できるとのことで、小さいお子さんがリビングで勉強するときなどに使うと効果が期待できそう。

 

不在時に空気の汚れに応じてパワフルに集じんし、キレイになるとプラズマクラスターを一気に放出する『効果実感モード』が搭載されていて、帰宅したとき、空気の良さを強く実感することができます。

 

また、プラズマクラスターを狙った場所に集中放出する『プラズマクラスターパワフルショット』は、布製品の除菌・消臭にも活用でき、さらに、『ワンちゃんおまかせ』運転や『ネコちゃんおまかせ』運転が選べるので、ペットがいる家庭にはうれしいですね。シャープ製のエアコンと連携するので、家電同士が繋がる便利さを体験したい人にもオススメです」(戸井田さん)

↑プラズマクラスターのなかでは「NEXT」が最上位。「NEXT」は付着ニオイ原因菌を除菌する、ストレスがたまりにくい環境をつくるなど、他のグレードにはない効果が実証されています(画像出典:シャープ公式サイト)

 

【シャープのオススメその2 中位モデル】

クラウドにもつながるスタンダードモデル

加湿空気清浄機 KI-JS70

実売価格5万8170円

クラウドにつながり運転状況や空気情報を分析する「COCORO AIR」搭載のスタンダードモデル。イオン濃度2万5000個/c㎥の「プラズマクラスター25000」で空気を浄化。前方向に集中的に高濃度プラズマクラスターイオンを放出する「プラズマクラスターパワフルショット」を使えば、「プラズマクラスターNEXT」と同等クラスの消臭効果を発揮し、ペットの付着排せつ物臭をスポット消臭できます。

KI-JS70 戸井田さんのレコメンド

スリムボディで置きやすく、背面の掃除もカンタン!

「加湿空気清浄機の第3グレードで、『プラズマクラスター25000』を搭載。プラズマクラスターによる効果効能のスピードは最上位よりも遅くなりますが、スリムボディ設計で設置性は向上しています。気流は2方向から吹き出し、コアンダ効果を応用した『スピード循環気流』で遠くのホコリもしっかり吸じん。空気清浄機の効果を実感できる『効果実感モード』はあるものの、人感センサーは非搭載なので、外出前に手動でこのモードを選ぶという使い方がオススメです。

 

クラウドサービス『COCORO AIR』に対応しており、音声でのお知らせ機能以外は、プレミアムモデルの『KI-JP100』とほぼ同様の内容です。

 

プレフィルターは背面に露出している設計なので、掃除機で吸えば簡単にホコリが取れ、手入れがしやすいのが高評価。別売の使い捨てプレフィルターなら定期的に捨てるだけでOKです」(戸井田さん)

↑「スピード循環気流」のイメージ。遠くのホコリも引き寄せて大きな背面全体の吸込口でパワフルに吸引します(画像出典:シャープ公式サイト ※写真はKI-JS50)

 

【シャープのオススメその3 エントリーモデル】

必要十分な機能を備えた薄型モデル

空気清浄機 FU-J50

実売価格2万7410円

イオン濃度7000個/c㎥の「プラズマクラスター7000」を搭載したエントリーモデル。加湿機能は省かれているぶん、奥行約21cmの薄型となっています。10分間の最大運転でプラズマクラスターを集中的に放出し、一気に吸じんする「パワフル吸じん運転」を搭載。1日24時間使用しても、「強」運転で約32円、静音運転なら約1.7円と低コストです。

FU-J50戸井田さんのレコメンド

ベーシックな機能を搭載し、圧迫感のないデザインが人気

「薄型でボリューム感のないデザインが人気のモデル。プラズマクラスターは『7000』と、最も濃度は低くなっています。背面吸引の上部吹出で、コアンダ効果を利用して空気循環をするという気流設計は上位モデルと同様。

 

『プラズマクラスターパワフルショット』や、ホコリセンサー、温度・湿度みはり機能、『COCORO AIR』といった+αの機能はなくなり、ベーシックな基本性能のみのモデルです。『KI-JS70』と同じく、背面にプレフィルターがあるタイプで、パネルの着脱をしなくても掃除機で吸い取れるのが便利。大きなホコリやペットの毛もカンタンに取り除けます」(戸井田さん)

↑プレフィルターについた大きなホコリは、後ろパネルをつけたまま、掃除機で吸い取ることができます(画像出典:シャープ公式サイト)

 

<総括>

リビングならKI-JP100やKI-JS70、FU-J50は一人暮らしにオススメ

「『KI-JP100』はサイズも大きく、性能もフルスペックなので、家族が集まるリビング向きです。ペットがいるご家庭や、お子さんがリビングで過ごす時間が長い世代に特にオススメ。

 

『KI-JS70』はリビングで十分活躍してくれる性能ですが、設置サイズが小さく基本性能が高いので、長時間使う寝室にもオススメです。

 

『FU-J50』は、必要最小限の機能に絞ったモデルで価格が手ごろ。かつ、スッキリ置けて人気のモデルです。社会人や大学生などの一人暮らしや、在室時間があまり長くない子ども部屋に最適」(戸井田さん)

 

協力:楽天市場

TAG
SHARE ON