家電
美容家電
2019/7/26 18:37

「水分増加量1.9倍」はマジだ…! 新ドライヤー「ナノケア」を体感した家電ライター「まるでトリートメント」と驚きを隠せず

ドライヤーで髪を乾かすと髪が傷むというのは昔の話。今は、ドライヤーが髪を美しくケアしてくれる時代になりました。そんなドライヤーのなかでも圧倒的な人気を誇るのが、パナソニックの「ナノケア」シリーズ。2005年の初代発売以来右肩上がりで売れ続け、国内累計台数はなんと1000万台を突破(2018年4月時点)というから、実力はホンモノです。

↑ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B。サイズ/質量:W21.4×D9.2×H22.8㎝/約575g。カラーは、ルージュピンク(左)とピンクゴールド(右)の2色で展開します。

 

“ナノケア史上最高”をうたうフラッグシップモデルが登場!

そんな「ナノケア」から9月1日、“ナノケア史上最高”をうたうフラッグシップモデルが登場することに! それが、従来の「ナノイー」の18倍もの水分発生量を実現した「EH-NA0B」です。さっそく、その新製品発表会に参加し、そのすごさを体感してきました!

↑2005年の初代発売以来、アップデートを繰り返してきた「ナノケア」が2019年、ついに“ナノケア史上最高”レベルに!

 

従来の18倍もの水分発生量を誇る高浸透「ナノイー」を放出

「ナノケア」の人気の理由は、パナソニック独自の微粒子イオン「ナノイー」にあります。「ナノイー」とは、水に高い電圧をかけることで生成されるナノサイズの微粒子イオンで、通常のイオンの約1000倍の水分量を保持。この「ナノイー」がドライヤーの風とともに放出され、髪に浸透することで水分バランスが整い、しっとりまとまる髪が実現できるというものです。

↑毛束にリングをはめ、「ナノイー」なしのドライヤー(左)と「ナノイー」ありのドライヤーをかけ続けたところ、「ナノイー」あり側のリングがするっと抜け落ちた実験映像。映像では、髪がうるおい、ツヤが出たのがわかりました

 

従来モデルでも、この「ナノイー」によるうるおい効果を実感する人が多かったため売れ続けているわけですが、その一方で2013年に同社が行ったアンケートによると、女性の髪や頭皮の悩みは、依然として「髪がパサつく」が圧倒的な1位に。そこで、さらなるうるおいを目指し、6年もの開発期間を経て誕生したのが、新モデル「EH-NA0B」です。こちらは、従来の「ナノイー」の18倍もの水分発生量を誇る高浸透「ナノイー」を発生させるとのこと。

 

ピンポイントの放電によって水分発生量を大幅アップ

高浸透「ナノイー」を実現したのは、進化した「ナノイー」デバイスです。従来は、同心円ドーム形状の対極板に放射線状に分散して放電する「コロナ放電」により「ナノイー」を発生させてきましたが、新モデルでは、針の先端部に向けて集中的に放電する「マルチリーダ放電」を採用。これにより、「ナノイー」の水分発生量は18倍と、大幅アップを実現したのです。

↑「コロナ放電」に比べて、18倍もの水分発生量を誇る「マルチリーダ放電」を採用

 

髪の水分増加量は従来モデルの1.9倍に

これにより、髪の水分増加量は従来モデルの1.9倍に。今までもかなりしっとり感を感じていた身としては、「約2倍に増えるなんてスゴイ!」と思いましたが、同時に、「ナノイーの水分発生量が18倍になったのに、なぜ髪の水分増加量は2倍しか上がらないんだ?」という疑問も。しかし実際はそう単純な話ではないそうで、発生したナノイーのうちの一部が髪に当たり、一部が髪に浸透するため、「ナノイーが多ければ多いほど、浸透する割合が高まる」のだそうです。

↑髪の表面を覆うキューティクルの間にある細胞膜複合体(CMC)にあるデルタ層にナノイーが届くことで、髪内部に潤いをもたらすことが可能に

 

この新モデルは、「ナノケア」シリーズの最上位に追加される形。したがって、以降の「ナノケア」シリーズは従来のコンパクトタイプ、海外でも使えるタイプ、上位モデルの3機種に本機を加え、合計4機種で展開していくとのこと。市場想定価格は3万円前後(税抜)と、かなりお高めですが、近年のドライヤーは1万円以上の高価格帯が売れている傾向にあり、前年比110%の販売を見込んでいます。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON