家電
調理家電
2019/8/19 18:30

これは映える! 調理家電メーカー「レコルト」焼きまくり試食会

コンパクトなサイズ感やカラフルな色使い、シンプルなデザインで人気の調理家電ブランド「récolte(レコルト)」。2019年は10周年ということで、新商品の開発も盛り上がっています。先日、その新製品の発表会を兼ねた試食会が開催されました。会場に並んだのは、なんと8種類もの新作。そのなかから、実演があったモノを中心に紹介していきましょう。

↑会場のコーディネートも実にオシャレ

 

1台7役のコンパクトなフードプロセッサー

最初は、この6月に発売された「Capsule Cutter Bonne」(カプセルカッター ボンヌ」から。こちらは潰す、混ぜる、練る、刻む、砕く、おろす、泡立てる、が可能な1台7役のフードプロセッサー。使い方は、食材をひとくち大に切り、カップに入れてプッシュするだけ。カバーに逆流防止のシリコンパッキンが付いており、液体を入れて使うことも可能です。

↑「カプセルカッター ボンヌ」はシャンパンホワイト(左)とカーマインレッド(右)の2色を用意。メーカー希望小売価格は6500円(税抜)

 

↑幅広い使い方が可能です

 

展示スペースでは、パーティで重宝しそうなリエットやパテがディスプレイされていました。このほか、料理研究家のエダジュンさんが、凍らせたバナナとレモン果汁、ナッツを使い、本機でジェラート(下写真)を作ってくれました。調理時間はものの数分ですが、見るからにおいしそう!

↑エダジュンさん特製のジェラート。本機には同氏監修のレシピブックが付き、多彩な料理を楽しむことができます

 

ぶ厚い「ビジュアル系」も作れるホットサンドメーカー

ここからは、今秋発売される新作を紹介していきましょう。まずは「プレスサンドメーカー プラッド」を。行楽をはじめ、日常使いやパーティにも重宝するのがホットサンド。昨今は“断面萌え”などと言われて話題のぶ厚いタイプが人気で、本機はそんな「ビジュアル系」のホットサンドも作れるところが大きなポイントです。

↑「プレスサンドメーカー プラッド」。レッド、ネイビー、ホワイトがあり、メーカー希望小売価格は4500円(税抜)

 

こちらは累計56万台以上も売れている人気商品「プレスサンドメーカー」の進化版で、発売予定は9月。プレートを深くしたことで、サンドしたパンの厚みが25mm、20%も向上しました。業界最速の2分半で耳までカリッと焼き上がるなど、機能面も充実しています。

↑エダジュンさんは、厚焼き玉子でホットサンド作りを実演。これだけ厚くても、しっかりとサンドできます。しかも厚みは5段階に調整可能!

 

↑これだけぶ厚いホットサンドが完成!

 

また、コードを本体の足に巻いて収納でき、縦に立てても自立するので、省スペースで収納できるのも魅力。こちらもエダジュンさんが監修した書籍仕様の豪華なレシピブックが付属します。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON