家電
調理家電
2021/8/26 14:18

忙しくても充実した食卓にできる、同時に2品調理できる象印マホービンの「自動調理なべ」(EL-KA23)

象印マホービンは、「STAN.」シリーズから「自動調理なべ」(EL-KA23)を発表。10月21日から発売します。市場想定価格は3万3000円(税込)前後です。

 

STAN.シリーズは、象印マホービンが提案する「暮らしの道具」として、機能性と日常生活に溶け込むデザイン性を兼ね備えたシリーズ。そのSTAN.シリーズから発売するEL-KA23は、共働き世代や子育て世代に向けて利便性を高め、「忙しい中でも家族のために充実した料理を作りたい」「限られた時間の中で賢く料理して、家族のための時間を作りたい」というニーズに応えた商品にしたそうです。

 

 

カレー/シチューやスープ、煮物、米調理においては、火加減を気にする必要がないうえに、途中で材料を入れる必要もないとのこと。材料を入れて作りたいレシピのコースを選ぶだけで自動調理できるとしています。また、最大12時間前から予約・保温できるため、朝出かける前に材料をセットし、できあがり時間を予約すれば、帰宅後すぐに食べられます。

 

自動調理なべの内鍋はホーローなべになっており、腐食しにくいうえに、色移りしにくいタイプを採用。また、蓄熱性が高いため、料理のおいしさを引き出してくれるそうです。さらに、できあがった料理をそのまま食卓に置けるよう、テーブル映えしたデザインに仕上げたとしています。これに加えて、後片付けも簡単で、洗い物はホーローなべ、内ぶた、つゆ受けの3点だけになっています。

 

さらに、専用の「パックホルダー」が付いており、手持ちのジッパー付き食品保存袋に食材を入れ、ホーローなべにセットしたパックホルダーに水とともに入れて、調理時間を指定してスタートボタンを押せば、同時に2品まで調理可能。ジッパー付き食品保存袋に好みの食材を入れて冷蔵・冷凍保存しておけば、忙しいときでもサッと取り出して、パックホルダーに入れて調理するだけで、充実した食卓にできるといいます。

 

 

このほか、食べごろ温度で保温できる機能や、無水調理、再加熱機能などを採用。

 

最大調理容量は約2.3Lで、ビーフカレーであれば最大6人前調理可能。本体サイズは約幅28.5×奥行き31×高さ22.5cm、重量は約7kgです。

TAG
SHARE ON