ライフスタイル
2020/1/10 21:00

2021年の開業が待ち遠しい! ゲームファン必見、「任天堂」旧本社ビルを改装したホテル

Plan・Do・See は、京都府京都市下京区鍵屋町の「任天堂」旧本社ビルを、2021年夏に、ホテルとして開業する予定であることを発表しました。

 

↑(仮称)かぶやまProject

 

ホテルとして開業予定の任天堂旧本社ビルは、現在、任天堂創業家の資産管理会社「山内」が所有しています。京阪七条駅から徒歩4分、五条通と七条通の中間に位置した、西には東本願寺、東には鴨川を眺めることができる京都市内の中心地で、歴史の面影が色濃く残る街並みの中に、昭和初期の建築当時の佇まいそのままに現存しています。当時の役割を終えた今でも、ファンの間では“聖地”として崇められています。

 

ホテルは「(仮称)かぶやまProject」として、安藤忠雄建築研究所が設計監修、ノム建築設計室が設計、大林組が施工を担当し、既存建物の改修と一部新築を行なう予定です。

 

↑移転後も残されている看板

 

客室数は約20室、宿泊者用の施設としてレストラン・バー・ジム・スパなどを備え、国内外の利用者が快適に滞在できる空間になる予定です。

 

ちなみに、この記事を書いている当媒体編集も、昔は任天堂が大好きで、修学旅行の京都自由行動では、友達がいないのをいいことに、一人でこっそりここに来て、(当然中には入れないので)遠くから写真を撮ったり、いろいろ周辺をぐるぐるしたりしたものです(笑)あの“任天堂”に泊まれるなんて! もう、今から非常にワクワクしています!

TAG
SHARE ON