話題
2020/6/4 10:50

台湾の味が手軽に楽しめる! 豚肉の旨味がぎゅっと詰まったセブンの「台湾風豚角煮丼(ルーロー飯)」

小さく切った豚肉を香辛料と一緒に煮込んだ、台湾で人気のどんぶり“ルーロー飯”。日本ではまだ馴染みのないメニューですが、セブン-イレブンに「台湾風豚角煮丼(ルーロー飯)」(496円/税込)が登場しました。

 

【関連記事】
オムレツとナポリタンが合体!? ファミマの「オムライスじゃないよ! ナポリタン」

 

 

ネット上からは、「パンチの効いた味がたまらない!」「未知の料理だったけどこれはハマる!」といった声が。一体どんな料理なのか、実際に食べていきたいと思います。

 

●「台湾風豚角煮丼(ルーロー飯)」(セブン-イレブン)

セパレートタイプの器で、上の段には豚肉と卵、高菜もやし炒めが。電子レンジで温めると、香辛料のこうばしい香りが漂ってきました。豚肉の煮汁はとろみがあり、スープのようにたっぷり。具材の下の仕切りを引き抜くと、白いご飯に煮汁が染み込んでいきます。

 

 

ジューシーな豚肉に食欲をそそられ、さっそくご飯と一緒に食べてみることに。じっくり煮込まれた肉は柔らかく、旨味が凝縮された甘口の味です。特に脂身が多めの部分は、とろけるような舌触り。一緒に煮込まれた“たけのこ”にもしっかり味が染み込んでいます。一方高菜もやし炒めからはシャキシャキとした歯ごたえを感じ、豚肉との相性もバッチリ。高菜の風味が活かされた味つけで、脂のこってり感を程よく中和してくれますよ。

 

具材の味がわかったところで、真ん中に乗せた玉子を割っていきましょう。白身はしっかりと固まっていますが、半熟の黄身がとろりとご飯の上に流れ出しました。ご飯と豚肉にしっかり黄身を絡めると、さっきまでとは違ったまろやかな味に。煮汁を吸い込んだご飯も箸の進む味で、あっという間に完食です。

 

同商品を購入した人からは、「食感の幅が広くてやみつきになる! おかわりまで行けそう」「角切り肉の旨味がご飯によく合うね」「卵を割ってしっかりかき混ぜる食べ方がお気に入りです」「甘辛く煮込んだ角煮を細かく食べやすくした感じ。炒め高菜との相性も最高!」と絶賛の声が続出。新しい味を開拓してみたい人は、「台湾風豚角煮丼(ルーロー飯)」をぜひ味わってみては?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
鶏肉好き必見!? 鶏の照り焼き&そぼろを同時に味わえるローソンの「鶏照焼丼」

TAG
SHARE ON