話題
2020/8/24 10:50

セブン-イレブン史上最高の辛さ!? 激辛なのに超美味しい「銀座デリー監修ホットスパイシーチキンカレー」

暑い時にこそ食べたくなるスパイシーなカレー。コンビニでは程よく辛いメニューが多い印象ですが、最近セブン-イレブンから発売された「銀座デリー監修ホットスパイシーチキンカレー」(550円/税込)はどうやら様子が違うようです。同商品は本格カレーを提供する「銀座デリー」が監修したメニューで、辛さがなんと“激辛”仕様に。一体どれくらいの辛さを味わえるのでしょうか…。

 

【関連記事】
肉×肉は反則すぎ… 松屋の「牛と味玉の豚角煮丼」は夏バテを吹き飛ばすガッツリメニュー!

 

●「銀座デリー監修ホットスパイシーチキンカレー」(セブン-イレブン)

まず見た目をチェックしてみたところ、黄色いご飯の“色飯”とルーが入った一見普通のカレー。しかしセブンの公式サイトに「辛さが苦手な方はご注意ください」という記載があることから相当な辛さが予想できます。早速勇気を出して、実際に激辛カレーを食べてみましょう。

 

 

最初に辛さのレベルを確かめるため、ルーだけを味見してみます。ルーを口に含んでみると、酸味の効いたコクのあるテイストが。「そこまで辛くないのかな」と思いきや、後から刺激的な辛みが徐々に広がっていきました。飲み込んだ後も口内に辛さが残り、舌がピリピリする感覚に。予想以上の辛さでしたが、不思議と「もうひと口食べたい」という気持ちになります。

 

今度は色飯と合わせてルーを実食。色飯はバターが効いているのか微かに甘みがあって、激辛のルーと相性抜群です。辛さが少しだけ和らいだおかげで、ルーのコクをしっかりと味わえました。

 

続いてゴロゴロサイズのとり肉を頬張ると、肉の旨味が凝縮したジューシーな味わいが。思ったよりも塩けが強く、味のアクセントにGOOD。口内の辛さを落ちつかせたい時に食べるのがおススメです。

 

実際に食べてみた感想は「激辛だけど何故か夢中に食べてしまう」という印象。ちなみに購入者からは「コンビニ商品とは思えない本格カレー。辛い味が好みの人は絶対ハマる」「かなり辛いので汗だくになるけど、食後の爽快感がたまらない」など好評の声が相次いでいます。

 

激辛ならではの旨味を体験したい人は、ぜひセブンの本格カレーを堪能してみてくださいね。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
人気ラーメン店“とみ田”の神髄炸裂! 極太麺をガッツリ食べられるセブンの「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 味玉冷しつけ麺」

TAG
SHARE ON