話題
2020/8/28 10:50

ゴロゴロ入った豚肉が最高! ボリューム満点すき家の「とろうま豚中華丼」

牛丼や海鮮丼など、あらゆるどんぶりメニューを販売してきたすき家。今年6月からは日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」で出前サービスを開始し、テイクアウト事業に一層力を入れているようです。そんなすき家が、「とろうま豚中華丼」(650円/税込)を販売開始。ネット上では「豚肉のブロックがゴロゴロ入っていて、見てるだけでよだれ出そう」「すき家のクオリティーなら中華丼も間違いナシでしょ」といった声が上がりました。さて気になるお味は……。

 

【関連記事】
スタミナ満点どんぶりで夏バテ回避! 辛さがクセになるファミマの「豚キムチ丼」

 

 

●「とろうま豚中華丼」(すき家)

透明のフタから覗く、見るからにゴロゴロとした豚肉と野菜たち。同商品には辛子が付いており、食事の後半で味変できる楽しみもあります。

 

 

さっそくフタを開けてみると、おいしそうなごま油の香りがフワリ……。正直これだけでも十分に食欲をそそられます。まずはゴロゴロと入った豚肉のブロックを、熱々の中華餡に絡めて一口。濃いめの味つけかと思いきや、意外にもあっさりとしていました。中華餡の味わいが染みこんだ具材とご飯で、箸の進む手が止まらなくなりそうです。

 

おまけに野菜にもしっかり味が染みこんでいてお肉と相性バツグン。トロトロの餡が絡みながらも、白菜などのシャキシャキ感がたまりません! また辛子を加えると味がキリっと引き締まり、具材の風味もアップ。辛子には食欲増進の効果があるので、暑さが厳しく食欲がなくなりがちな今の時期にうってつけの食べ方ですね。程よい口どけの中華餡と全ての具材が見事にマッチしていることもあり、あっという間に完食してしまいました。

 

実際に食べた人からは、「お肉も野菜もたくさん入っているから全然飽きがこない」「中華餡の味わいがギュッと染みこんでいて、ご飯をかき込みたくなる」と反響が続出。さらにその一方では「辛子の代わりに、七味をかけてもおいしかった」「山椒を入れてピリ辛にするのもアリ! いつの間にか完食でした」など新たなアレンジの提案も。

 

期待を裏切らないすき家の中華丼を、ぜひチェックしてみてはいかが?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
シリーズ最強商品!? セブンの「まんぷく! ハンバーグ&ねぎ塩チキン弁当」が禁断の美味しさ

TAG
SHARE ON