話題
2021/4/6 10:50

牛焼肉祭が開催中! こだわりの“特製たれ”がたまらない「牛焼肉丼」(吉野家)

全国各地に店舗を構える牛丼チェーン・吉野家。牛丼を提供し続けて今年で122年を迎える大人気店です。そんな吉野家から3月、新たに「牛焼肉丼」(602円/税込)が発売されました。果たして、どんな味を体験できるのでしょうか。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
ザーサイ×焼きそばの絶妙コラボ! セブンの「ごま油香る蒸し鶏ザーサイ葱焼そば」はあっさり味で食べやすい

 

 

●「牛焼肉丼」(吉野家)

吉野家の「焼肉丼」といえば、シリーズの先駆けとなった2015年以来販売されている人気商品「牛カルビ丼」(602円/税込)。これを機に「吉野家が厳選する牛肉であれば、カルビ以外の部位を焼肉にしても美味しいに違いない」という考えに至り、「牛焼肉丼」が登場。さらに数量限定で「牛たんとろろ丼」(877円/税込)も発売されるなど、吉野家の「焼肉丼」シリーズはますます注目を集めています。

 

ちなみに吉野家では、「焼牛肉丼」シリーズの3商品が勢揃いしたことを記念して“牛焼肉祭”を開催中。その大盛り上がり中のシリーズの中から、今回は「牛焼肉丼」の味をチェックしていきます。

 

牛丼との違いを確かめるべく、まずはお肉だけで食べると、口に入れた瞬間の甘みに驚かされました。お肉に染みこんだ“特製たれ”には隠し味のりんごとごま油が入っており、コク深い味わいを実感。濃い目の味つけなので、ご飯はもちろん、ビールも進みそうです。

 

お肉には牛丼でも使っている吉野家厳選の部位・ショートプレートを使用。牛一頭あたり約10kgしかとれない貴重な部位で、まろやかな肉質が特徴です。そんな厳選肉をこだわりの特製たれで焼き上げているため、ふんわりジューシーなお肉が引き立つ“絶品牛焼肉丼”を味わうことができますよ。

 

実際に同商品を食べた人からは、「甘めの味つけが最高すぎる…」「最後はたれが染みこんだ“たれご飯”を楽しめる」「牛丼にはないこうばしさが感じられる」など絶賛の声が続出。中には「これは焼肉丼シリーズの他メニューも期待できそう」といった反響も上がっていました。

 

吉野家といえば牛丼一択! というあなたも、牛丼に負けず劣らずの絶品「牛焼肉丼」をぜひ食べてみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
唐辛子&サルサで“辛旨”を実現! FRESHNESS BURGERの「ホットクリスピーチキンバーガー」を実食レビュー

// GAKKEN-326 にてコメントアウト(ecコンシェルCrosumedelia) if (!in_category( array('shopping') )): ?>