乗り物
鉄道
2019/3/9 17:30

【2019年版】全国津々浦々を巡った鉄道ライターが薦める「桜と鉄道」撮影スポット集(前編)

鉄道おもしろ撮影旅 〜〜桜撮影スポット 関東〜〜

3月に入って温かい日が続くようになってきた。間もなく桜のツボミがほころび始めそうだ。今年は例年にも増して、桜の開花が早いとの情報もある(東京都千代田区の開花予想は3月21日、満開は3月30日)。

 

花の命は短くて、という言葉があるように、桜が見ごろとなる期間は1週間から10日と短め。この春、どこかで桜を撮影したいなと、考えている鉄道好きの方も多いのではないだろうか。おすすめ、定番、および穴場スポットをここで紹介。それぞれの魅力、行き方、撮影の際の注意ポイントなどを見ていこう。

↑桜並木が連なる小田急小田原線の相武台前駅〜座間駅間。定番ポイントとは異なる箇所を歩いてみると意外なスポットが。例年とはちょっと異なる構図で撮影してみてはいかがだろう。青空が美しい日には下からあおぎ見る写真も楽しい。2018年3月31日撮影

 

↑本原稿で紹介のおすすめ&穴場スポット。桜の満開期間は限られているだけに、時間を有効に使いたい。山間部の桜は都市部に比べて開花は遅め。まずは都市部で挑戦、その後に周りに足を延ばすという時間の使い方が賢明ではないだろうか(⑩以降は後編で紹介)

 

本原稿ではそれぞれの撮影ポイントの「桜の美しさ」「行きやすさ」「撮りやすさ」の3つのポイントを星(☆)5つで評価した。☆が多いほど評価を高いことを意味する(※あくまで筆者が感じたままに出した評価です)。また「行きやすさ」は電車、列車で行くことを前提にした。

 

なおクルマ利用での撮影の場合は、時間貸し駐車場を利用したい。

 

これまで人気があったスポットも木の老化や、病気や害虫により、伐採されているケースも現れている。そんな情報も加味した。また紹介したスポットでも急な工事や、フェンスなどの造設で写真の例どおりに撮影できないこともあるのでご注意いただきたい。

 

まずは人気が高いおすすめ「人気+定番」撮影スポットから。

 

◎おすすめ「人気+定番」スポット

①小田急小田原本線・相武台前駅近く(神奈川県座間市)

↑相武台駅に近いスポットは主に線路の西側に桜が、また座間駅側へ行くと、東側に桜が連なる。駅に近いポイントは午前中が順光となり、主に上り列車の撮影に向いている。写真は小田急70000形GSE。2018年3月31日撮影

 

◇桜の美しさ ☆☆☆☆☆

小田急線の相武台前駅〜座間駅間に連なる桜並木。線路に沿うように桜が連なっている。列車の編成、その背景に桜並木を入れる構図作りが可能だ。後ろの建物も桜によってほど良く隠れるのがここの良さ。

◇行きやすさ ☆☆☆☆

上の写真のポイントは相武台前駅の北口から座間駅方面へ歩いて7分ほど。さらに8分ほどで、東側に桜並木が連なるエリアへ行くことができる。

◇撮りやすさ ☆☆☆☆

撮影は公道および、線路沿いにある公園の敷地からの撮影となる。さらに向かい側、上り線に沿った公道で撮影する人も多い。昨春は新型ロマンスカー70000形GSEがデビューしたばかりで撮影者で賑わったが、今年は減少することが予想される。

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
全文表示
TAG
SHARE ON