雑貨・日用品
2017/6/6 6:00

100均の○○○を使うだけ! 簡単にできる熱中症&食中毒対策

ジメジメとして蒸し暑い季節。食中毒対策としてお弁当と一緒に包んだり、クーラーボックスに入れたり、氷まくらにしたり……と、大活躍するのが保冷剤です。100均では、保冷剤は用途によって売られている場所がいくつかに分かれています。

【関連記事】

デザイン豊富でエコ仕様! 100均の「手ぬぐい」はラッピングにも使えてハイコスパ

【もう売ってる】100均花火の中身は? 100円だけど侮れないダイソーの花火セット

ペットボトルに直接氷を入れて冷やす! これは100均ならではのナイスアイデア!!

 

100均の保冷剤はラインナップが豊富

ケーキを買うと入れてくれるような小さめの保冷剤は、お弁当関連の小物コーナーによく置かれています。フルーツやアイスをデザインしたかわいい保冷剤もあって、お子さんのお弁当にはピッタリです。

↑セリア(左)とダイソー(右)で買ったデザイン系の保冷剤。お弁当の時間が楽しくなります!
↑セリア(左)とダイソー(右)で買ったデザイン系の保冷剤。お弁当の時間が楽しくなります!

 

そして、大きめの保冷剤は保冷バッグと一緒にアウトドアグッズのコーナーに置かれていることが多いです。また、氷まくらになる500gほどのサイズの保冷剤は、衛生用品のコーナーに並べられていることも。サイズだけでなく、凍ると固くなるもの、凍ってもソフトなタイプなど種類もいろいろあります。

 

夏場にビールをさっと冷やす方法

100均の保冷剤のなかでもオススメなのは、帯状に数個の保冷剤がつながっていてペットボトルにグルッと巻ける商品! これは缶ビールにもちょうどいいサイズなので、ビールを冷やし忘れたときに急きょ冷やすこともできますし、アウトドアにキンキンのビールを持っていきたいときにも重宝します。

↑凍らせておいた保冷剤をビールに巻き付けてさらに冷やす。タオルで覆って持って行けば、冷えたまま外で飲めます!
↑凍らせておいた保冷剤をビールに巻き付けてさらに冷やす。タオルで覆って持って行けば、冷えたまま外で飲めます!

 

熱中症対策に使える「手ぬぐい」

また、真夏に向けた100均の保冷剤の上手な活用法としては、小さめの保冷剤を3つ用意して手ぬぐいに並べてくるみ、ネッククーラーや冷感ヘッドバンドとして使う方法。手ぬぐいを縫ってポケットを作ってもいいですが、面倒な場合はそのままグルグルとくるんでも、巻いている間は落ちません。この場合は凍ってもソフトな保冷剤のほうがオススメです。炎天下での庭仕事やスポーツ観戦の熱中症対策にもなりますよ!

↑なかに保冷剤を3つ入れて、100均の手ぬぐいと100均の保冷剤で、安上がりネッククーラーの完成!
↑なかに保冷剤を3つ入れて、100均の手ぬぐいと100均の保冷剤で、安上がりネッククーラーの完成!

 

【関連記事】

【100均】えっ、削って使うシャーペン!? 太芯シャーペンはこうやって使おう!

万年筆は108円の時代に突入!? 100均の万年筆って本当に使えるの?

【役立ち100均グッズ】これはマストで使いたい! ナイスアイデアの「進化型ホッチキス」3選

TAG
SHARE ON