雑貨・日用品
インテリア
2018/10/28 21:00

整理収納アドバイザーが教える「見せる収納」成功のポイントは?

最近流行りの見せる収納。おしゃれなママ友の家も実践していてうらやましいわ。ところが「私にもできるかも」と思って挑戦してみたら、かえって生活感が出ちゃって……。どうしたらおしゃれに見せられるのかわからない。

 

そうだ! 子ども部屋の収納術を教えてもらった整理収納アドバイザーの西口理恵子さんなら、知っているかも。早速相談してみましょう!

参ったなぁ……と、いつも困っている「参田家(まいたけ)」の面々。きょうはお母さんが、片付けのことで困っているようです。

参田家の人々とは……
maitake_family
ちょっと気弱なお父さん、元気でしっかり者のお母さん、もうすぐ小学生の娘、甘えん坊の赤ちゃん、家族を見守るオスの柴犬の4人と1匹家族。年中困ったことが発生しては、ご近所の専門家に解決策を伝授してもらい、日々を乗り切っている。
https://maita-ke.com/about/

 

見せる収納術で、インテリアをグレードアップしたい!

comment-mother
お母さん「ママ友の家で見た“見せる収納”に憧れて挑戦してみたんですけど、かえって生活感が出てしまったて。なにがいけなかったんでしょう?」

 


西口さん「“おしゃれに見えそうなアイテム”をなんとなく並べていませんか? 使用頻度に応じて、見せるものと見せないものを選ぶことが大切なんです。まず、使用頻度の高いものを、すぐに取り出せるような場所に収納することをおすすめします。月1で使うようなものは、クローゼットの扉を開けるなど、ひとつのアクションで取り出せる場所に。数カ月に1回使うものは、ふたつ以上のアクションで取り出せる場所に収納しておけば、過ごしやすいお部屋になりますよ」

 

comment-mother
お母さん「なるほど! 収納は、使用頻度で考えることが重要なんですね。でも、使用頻度の高いものを選ぶだけで、おしゃれになるんでしょうか?」

 


西口さん「収納棚をインテリアとしても活用したいのであれば、好きなアパレルブランドのディスプレイを参考にするといいですよ。ショップで売られている商品は、デザインがわかるようにゆったりと置かれていますよね。自宅でも置き方に気をつけることで、自分の持っているアイテムが素敵に見えるようになります」

 

comment-mother
お母さん「よく行くお店に、おしゃれなお部屋にするための秘訣が隠されていたんですね。これから買い物に行くのも楽しくなりそう! ちなみにキッチンも調味料やお鍋にフライパンとものが多くて困っているんです。吊戸棚は、背伸びしないと届かなくて使いづらいんですよね」

 


西口さん「吊戸棚には、100円均一などで売っている『吊り戸棚ストッカー』という透明のボックスに使用頻度の低いものを入れて収納するのがおすすめです。さらに、使うシーンごとに分けてラベリングし、物を入れておくと便利なんです。我が家では、『ピクニック』と書いたボックスに、ランチボックスや紙皿、コップなどを入れています。探す労力もかからないですし、片付けも楽ですよ」

 

comment-mother
お母さん「『お正月』や『クリスマス』など、行事や季節のイベントごとで分けてもいいですね! ところで、西口さんが今注目しているインテリアアイテムはありません? 参考にしたいんです」

 


西口さん「『DUENDE』のハンガーラック『DUE』が気になっています。下段は子どもでも届く高さなので、子どもが自分でお片づけしやすいのがいいですね! さらに、吊り下げボックスを付ければ、子どもの帽子や通学カバンなども収納できそう」

 

comment-mother
お母さん「シンプルながらもおしゃれハンガーラックですね。上下に分かれているのはたしかに便利! 子育てにも一役買ってくれそうですね」

 


西口さん「参田さんが見せる収納に挑戦するのであれば、同じく『DUENDE』の『WALL RACK』もおすすめですね。使用頻度の高いメイク道具やお財布などを、膝から目線までの高さに収納すると、使い勝手がよくなりますよ。目線よりも上には、普段使う帽子やバッグなどの大きなものをディスプレイしてもいいかもしれませんね」

 

comment-mother
お母さん「膝から目線までの間に収納するのが大切なんですね。たしかに目線よりも高いと、何が置いてあるかわかりづらいし、膝よりも下にあるものはしゃがまないと取りにくいですね。早速挑戦してみます!」

 

まとめ

使用頻度に応じて上手に収納しよう!

西口さんから教えてもらった、マークスインターナショナルの「DUE」と「WALL RACK」を早速購入。「DUE」は、子ども部屋に置いたら、率先してお洋服を片付けてくれるようになったわ! 「WALL RACK」はリビングに置いて、教わった通りに使用頻度の高いものを厳選してディスプレイしたら、普段使っている小物たちが素敵なインテリアに様変わり! これからは、使用頻度の高いものを上手に並べるようにしようっと。

 

マークスインターナショナル「DUE」
3万240円

 

教えてくれたのは……

整理収納アドバイザー/西口理恵子さん

整理収納アドバイザー1級やインテリアコーディネーターなどの資格を活かし、全国で整理収納・インテリア・美を総合した「美人収納術」の指導を行う。今までのセミナーや講演受講者は累計15,000名以上。近著に『ずっと美しく暮らす シンプル収納の家づくり』(ワニブックス)など。
https://ameblo.jp/interior-r/

 

TAG
SHARE ON