雑貨・日用品
2020/1/20 20:50

切るのではなく熱で溶かす!ダイソー「単2型電池式 発泡スチロールカッター」

身の回りの生活用品から食品まで、何から何まで取り揃えている100円ショップ。しかし商品が豊富にありすぎるあまり、見落としているモノも多いかも。本稿では、値段以上の働きをしてくれる便利なグッズをレビューして大紹介していきます!

 

【関連記事】
画鋲の穴が気になる人に朗報! 約0.6mmの針を採用したダイソー「スリムな針のプッシュピン 35本」

 

●「単2型電池式 発泡スチロールカッター」(ダイソー)

工作をする際、発泡スチロールを思い描いた通りカットできずに苦労した経験はありませんか? 例えばカッターナイフで発泡スチロールを切ると、ポロポロと細かい破片がこぼれ落ちて手こずってしまいます。

 

そこで今回は、ダイソーで販売されている「単2型電池式 発泡スチロールカッター」をチョイスしました。ネット上で「力もかけず簡単にカットできてビックリ!」「なるほどその手があったか、というアイテム」と好評の同商品。どのような点が優れているのか、実際にレビューしていきましょう!

 

アイテムの外観は“Uの字”の形で、つけ根には単2形乾電池をはめ込むスペースが。また両先端にはニクロム線が結わえられ、交換用のニクロム線も同封されていました。

 

 

使い方は至ってシンプルで、まずは別売りの単2形乾電池をセット。本体のスイッチに親指を重ねたら、人差し指を本体に沿わせて残り3本の指で握るようにして持ちます。スイッチを押すとニクロム線が通電して、瞬く間に発熱。高温に弱い発泡スチロールの特性を活かして、刃物で切るのではなく熱で溶かしながら切っていく仕組みのようです。

 

 

↑指でスイッチを押すと通電する

それでは実際に発泡スチロールをカットしてみましょう。スイッチから親指を離した状態でニクロム線を当てても、発泡スチロールが切れる様子は全くありません。ところがスイッチを押してからわずか1~2秒ほどで、スッとニクロム線が発泡スチロールに食い込んでいきました。

 

↑厚さ20㎜までの発泡スチロールをカットできる

 

反対にスイッチから指を離すと、1~2秒で発泡スチロールを切ることができない状態に。カットしたい時にスイッチを押し、切り終えたら指を離すだけで電源が切れる安心設計となっています。ちなみにパッケージの説明によると、厚さ20mmまでの発泡スチロールをカットできるそう。

 

直線切りだけでなく、曲線カットもできる同商品。実際に購入した人からは、「カッターを使って苦労しながら切っていた時間はなんだったんだ…」「熱で焼き切るから断面がキレイに仕上がるのも良いですね」「電源のON・OFFが秒速だからヤケドのリスクを軽減できるのはありがたい」といった声が寄せられていました。

 

煩わしかった発泡スチロールの加工。発熱式カッターでサクッと終わらせてみませんか?

 

【ギャラリー】

 

【関連記事】
停電時でも安心! 内蔵電池&手動発電タイプのダイソー「手動発電2LEDライト」

TAG
SHARE ON